初めてバスを借りる(見積り依頼、その前に!)

入力に迷ったらお電話で
050-5577-8086
【受付時間】平日9時~19時(土曜17時まで)

貸切バス ホーム > 初めてバスを借りる > 見積り依頼、その前に!

初めてバスを借りる

「初めてバスを借りる」のイメージ写真交通手段をバスに決めたけど、どこに連絡したらいいかわからない。いろいろ比較検討してから決めたいけど、料金はどうやって調べたらいいの?どんな借り方がお得か知りたい、など。バスについての基本的な知識から、賢く借りるコツをまとめてみました。

バスを自分たちで手配すれば料金を安く抑えることはできますが、旅行会社に依頼する場合に比べ、幹事さんが自分でやらなければならないこと(負担)は増えます。その点をよく理解した上、依頼するようにしましょう。

  • バスはどこで借りる?
  • バス料金はどうやって調べる?
  • どんなバスが借りれる?
  • 見積り依頼、その前に!
  • バスの手配を断られるケース
  • バスを借りるに当たり守って頂きたいこと

見積り依頼、その前に!

見積りをお願いする場合、最低でも決定しておかなければならないのは以下の4つです。
  • 利用日時
  • 利用人数
  • 使い方(送迎のみか宿泊をともなう日程かなど)
  • 出発地と目的地
利用日時は、平日でも金曜と月曜では違ったり、同じ土日利用でもその週によって違う(大安吉日だと混み合うなど)場合がほとんどなので要注意です。利用人数は直前にならないと正確な数字が出せない場合はあるかと思いますが、最低~最大人数で当てはまるバスタイプでお願いするとよいでしょう。

見積り依頼で迷うケース

(1)宿泊を伴う旅行(全日程)の場合
運転手分の宿泊料金は別途実費で負担することになりますが、1泊であればバスを返すよりも、宿泊費を負担する方が安くなることが多いようです。不安であれば、見積りの際、備考欄等で両方のケースを比較したい旨を伝えるようにするとよいでしょう。
(2)人数が1台で乗り切れない場合
たとえば、45名(補助席利用で53名)を超える場合は、大型バス1台では乗り切れないため、分乗になります。料金を優先させるか、乗り心地を優先させるかによっても手配が変わってきますので、「優先させたい事項」として明記するようにするとよいでしょう。

<人数の目安>
  • マイクロバス : ~20名
  • 小型バス : 21~25名(バス会社により異なる)
  • 中型バス : ~27名
  • 大型バス : 45~49名(バス会社により異なる)
※補助席を利用しない場合の定員数です。
(3)立ち寄り地までの移動時間や現地への到着時間がわからない場合
たとえば、東京出発、目的地が福島で、途中でいくつかの観光地に立ち寄る予定だが、移動時間がよくわからないという場合。 渋滞しやすい時期だと、さらに予定が読めません。
下記のサイトを参考にしてみるとよいでしょう。

  • ナビタイム
  • どらプラ
    高速料金検索する場合、「車両区分」を必ず借りる予定のバスサイズに変更(ex.大型バス)してください
(4)他の交通手段と比較したい場合
電車を使った方がいいのか、人数によってはレンタカー()に分乗した方がいいのか迷う場合があります。その場合は下記のサイトを参考にしてみるとよいでしょう。
※原則、バスのレンタル(運転手なし)はマイクロバスまでですので、ご注意ください。
詳しくは、「レンタルバス」のページを参考にしてください。


貸切バス料金を無料で徹底比較!

希望に合った貸切バスを利用するためにも、しっかりバス会社の比較をすることが大切。貸切バスの見積りをまとめて取り寄せよう!

見積り・手配はこちら

※運転手付きでバスを手配する際、旅行計画(走行時間など)に無理があると、お見積できない場合があります。

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。 Copyright (C) IBI Inc. All Rights Reserved.