タグ:クラブツーリズム

  • クラブツーリズム・桑原氏が登壇

    トラブルや事故、「当事者意識」を持つことの大切さを実感

    貸切バス会社が取り組む安全対策。今回は神奈川県でセーフティバスマーク三ツ星を取得している「シティアクセス」さんの安全研修会を取材してきました。バス運転中のスマホ操作など、最近注目されている事例などを取り上げた濃い内容になっていました。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 観光バスと青空

    天下第一の桜を見に行こう!高遠コヒガンザクラ

    今年もそろそろ桜のお花見の季節!今回は長野県伊那市にある高遠城址の桜をご紹介しましょう。電車で行くにも、路線バスを使うにもちょっとアクセスが不便。でも、見に行く価値ありですよ!!人数が少ない場合はツアーバスを利用するのもよし。ある程度人数がまとまるなら断然貸切バスがおすすめです。長野の少し遅い春を満喫しませんか?
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印西の夕暮れ

    吉方位で厄払い!?パワースポットへ初詣の巻②

    茨城の鹿島神宮の次は香取神宮へ、そして、成田山新勝寺へ。クラブツーリズムのバスツアーは順調に行程を消化します。最後は印西にある黒潮市場でお寿司に舌鼓。美しい夕日が空を染め、一路東京へ。首都高速では運転手さんの粋な計らいで車内を消灯。きらめく都会の夜景に大きな拍手が沸き起こりました。ところが、開運旅行のはずが、やはり凶方位への旅は編集部Iに過酷な結末を用意していたのでした・・・。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 香取神宮

    吉方位で厄払い!?パワースポットへ初詣の巻①

    年の初め(年末から?)ずっと躓き続けていると、さすがにテンションが下がります。そんな時は神頼み!千葉と茨城にある関東でも有数のパワースポット、鹿島神宮と香取神宮を詣でるバス旅行に参加してみました。よく時代劇でみかける「香取大明神」と「鹿島大明神」の意味も知りたいしね。バスを使わないと1日で回るには不便なスポット。まずは「始まりの地」ともいわれる鹿島神宮へでかけてきました。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • nakayama_inaho

    こんぴら詣と小豆島オリーブ旅行④

    小豆島バスツアーの最終日。昼食の後は小豆島オリーブ園へ。日本で民間ではじめてといわれているオリーブ栽培に成功。観光農園としてオリーブ畑も公開しています。ここでのミッションは幸せのハート型オリーブリーフ探し。みつけたらしおりに加工してくれます。その後、棚田百選に選ばれている「中山千枚田」へ。あぜ道に咲く彼岸花の赤が目に沁みます。最後は土庄港のアート作品「太陽の贈り物」を鑑賞。金色に輝くオリーブの冠は背景に写真を撮ると、金運UPするともっぱらの評判です。帰りのフライトは徳島あわおどり空港出発。夕食に徳島ラーメンを食べて大満足。はじめての四国はなかなか充実した楽しい旅でしたよ!
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • sunset_setonaikai

    こんぴら詣と小豆島オリーブ旅行③

    小豆島2日目も快晴に恵まれ、朝からいい天気!まずは島いちばんの景勝地「寒霞渓」から美しい瀬戸内海の眺めを楽しみました。お次は映画のロケ場所に使われた岬の分教場へ。大正・昭和へタイムスリップしたようなゆったりとした場所。でも団体ツアーは先を急ぎ、坂出港のアート作品鑑賞、佃煮屋さんでお土産購入タイムへ突入。あっという間に午前中が終了するのでありました。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • wasen

    こんぴら詣と小豆島オリーブ旅行②

    世界に誇る名勝「栗林公園」を見学。栗の木はほとんど見当たらず、立派な松林が続きます。南湖には元海猿の船頭さんによるガイド付き庭園遊覧船もあり。美しいお庭を殿さまとお姫様になった気分でブラブラ(バタバタ)した後は、いよいよバスでフェリーに乗船。高松港から小豆島の土庄港まで約1時間の旅を楽しみました。(甲板で過ごす予定なら傘をお忘れなく) 小豆島の土庄港からホテルオリビアン小豆島へは世界一狭い海峡を渡っていきます。ホテルは瀬戸内海でも一、二を争う夕陽のきれいな丘の上にあります。温泉も楽しめるのでのんびりしました!
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • kagawa

    こんぴら詣と小豆島オリーブ旅行①

    江戸時代。お伊勢参りと並び、庶民の夢だったのが金毘羅参り。人だけではなく犬にも代参させたといいます。このこんぴらさん参りを皮切りに、今回は小豆島へも足を延ばします。思いのほか、楽しい旅になりました。 今回はベテランボランティアガイドさんの巧みなお話をうかがいながら、金毘羅宮の本宮までの785段の階段に挑戦。途中、低血糖を起こす人、帰りに突然いなくなる人も登場で波乱の幕開け??無事、金毘羅さん参りを終えることはできるのでしょうか?
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mistery_bustour

    初めての日帰り「ミステリーバスツアー」体験記

    各社趣向を凝らしたバスツアーが企画されていますが、今回は、日帰りで行き先はナイショという「ミステリーツアー」に参加してみました。同行者はソフトクリーム評論家のオットと肉大好きの小娘。さて、どんな旅だったのでしょうか?
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿

  1. 日産自動車のマイクロバス「シビリアン」
    レンタカー会社のラインナップでもよく見かける日産自動車の「シビリアン」。ガソリンで走るタイプのマイク…
  2. 京王電鉄バスの高速バス
    手軽で格安な移動手段として高速バスは大人気!今回は事務局によくある問い合わせ「高速バスを貸切りにした…
  3. 大型バス
    「60人乗りのバスはありますか?」 「大人数だからバスを複数台借りたいんだけど…」 貸切…
  4. クラブツーリズム・桑原氏が登壇
    貸切バス会社が取り組む安全対策。今回は神奈川県でセーフティバスマーク三ツ星を取得している「シティアク…
  5. 京王電鉄バス・プライムK
    トイレ付き観光バスはなかなかない。でもどうしても借りたい!という幹事さん。都内でも数少ないトイレ付き…
ページ上部へ戻る