【徹底比較】スキー旅行は、貸切バスとバスツアーどっちがオススメ?

スキー場
スキー旅行に行きたいあなた、スキーバスツアーに参加するのと貸切バスだけを借りるの、どっちにするべきか、悩みませんか?
旅行会社が企画する「スキーバスツアー」。
「宿泊とリフト券がついてこの値段!?」ってくらい格安なスキーバスもありますよね。

スキーバスに申し込むのか、バスだけ手配するのか、どちらが「安く」て「安全」で「楽しい」のか比較してみました!

少人数で格安に行くなら「スキーバスツアー」

スキーバスは団体で貸し切らない限り、基本的に他のグループの乗客と乗合です。
20名以上などの団体だと、バスの座席自体が予約できない可能性があります!

小グループのスキースノボ旅行なら、乗合のスキーバスで格安に行けますね~。
とにかく「安く」行くならツアーがオススメ!
ホテルやリフト券などがセットになっているのも楽ですよね♪

ただし、「安すぎるスキーバス」にはご注意ください!
あまりに安いツアーは、旅行会社がバス会社に法外なバス料金で仕事をさせてる可能性があります。
安ければ、お客さんが集まるからですね…。
不安であれば、旅行会社にスキーバスツアーを運行するバス会社を確認してみるといいと思います。

大人数でわいわいスキーに行くなら「貸切バス」

スキー・スノボ旅行に行くのが、20人や30人以上の大人数なら「貸切バス」がオススメです。
その理由は「みんな一緒」で「自由」だから。
貸切バスでスキー・スノボに行くメリットを紹介します。

1.みんな一緒にで移動できる

スキーツアーのように乗合ではないので、他の乗客に気を遣う必要はなし!
仲のいいグループだけで楽しみたい、という人はツアーバスに参加するよりも貸切バスを使ったほうが楽しめますよ~。

さらに、オススメしたいのは「サロンバス」です!
大型バス、中型バス、小型バスには「サロンバス」と呼ばれるバスタイプがあり、後部座席が「コの字」に回転して、テーブルを囲んで飲み食いができるんです。

salonbus2
サロンタイプは、サークルのスキー合宿や、卒業旅行などの学生さんに人気ですね~!
お酒やお菓子を持ち込んで、スキー場に行くまでパーティをする!というお客さんも多いんですよ。
サロンバスの詳細はコチラ♪
サロンバスについて詳しく知る

その他にも、基本的なバス設備として、カラオケやビンゴがついています。
楽しみながらスキー場に行けるので、長いバス旅もあっという間です…♪

2.時間や行き先が思い通り

「朝早すぎるのは眠いからムリ」
「スキー場や温泉にこだわりたい」
「帰りはスキー場と自宅の間で、日帰り温泉に立ち寄りたい」

などなど、貸切バスならスキー・スノボ旅行の予定が自由自在です。
例えば、メンバーの自宅を順番に回ってピックアップ、なんてことも可能。
賢くスキー旅行を楽しめます。

3.運転はプロドライバーにおまかせ

こちらはスキーバスも同様ですが、運転はもちろんプロのドライバーが行います。
レンタカーを借りてスキー旅行という場合は、運転手が大変な思いをしますよね~。。
バスドライバー
貸切バスなら、お酒を飲んでも、全員爆睡しても大丈夫。
雪道運行の訓練を受けたプロのドライバーが、安全にスキー場まで連れていってくれます。

貸切バスの達人をご利用のお客様も、スキーシーズン前の10月ごろから、スキー利用のお見積もり依頼をたくさんいただくようになるんですよ~!
シーズンのピークになると、バスの予約が取れなくなるので、無料見積もり依頼はお早めに…!

スキー旅行で貸切バスを使った場合、どれぐらいの料金になるのかはこちらをご覧ください!
貸切バス料金の目安

スキーバスの安全は大丈夫?

「スキーバス」という言葉を聞くと、思い出すのは2016年1月に起きた軽井沢の転落事故ではないでしょうか?

スキーツアーバスでも、貸切バスでも「絶対に事故は起きない」ということはありません。
ただ、事前にきちんと安全対策をしておくことはできますよね!
雪道走行
安全に配慮をしてスキー運行をしているバス会社の場合、雪道走行の時は「スタッドレスタイヤ」と「チェーン」を必ず装着します。
日ごろからスキー旅行の運行をしている貸切バス会社だと、「スキー場に行くまでにどこでチェーンをつけるか」「どこのスキー場は坂道が急だ」ということを熟知しているそう。
行き先のスキー場によってチェーンの着脱場所も変わるので、お客様の行き先によって、オーダーメイドで運行予定を立てているんですね~。

スキーツアーで初めて雪山を走る、というようなバス会社よりは、こんな貸切バス会社のほうがちょっと安心ですね。

貸切バスの達人では、普段雪道走行をしないバス会社さんに、無理にスキー旅行の運行をしてもらうことはありません。
スキー・スノボ旅行を貸切バスで行きたいけどこのバス会社に頼めばいいかわからない、という方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. ローマのラッピングバス例(フルラッピング)
    路線バスなどに広告が描かれているのを「ラッピングバス」といいます。街中を走っていると目立ちますよね。…
  2. 各社自慢のバスがずらり幕張に大集結
    バス専門誌「バスラマインターナショナル」でおなじみのぽると出版主催のバスイベント「第3回バステクin…
  3. 乗車券をチェックする職員
    経営危機といいながらなぜか倒産しないローマのバス会社。その経営難に一役かっているのが無賃乗車です。た…
ページ上部へ戻る