スリル満点!ラヴェッロへバス旅行を楽しんでみませんか?

南イタリアのアマルフィ海岸を市バスでGo!

イタリアでも人気のリゾート地、アマルフィ地域は青い海に面して小高い丘にレモン畑が広がるロマンチックな海岸。

アマルフィの美しい海岸

ラヴェッロからはアマルフィの街が一望できる

アマルフィ近郊には市バス移動で楽しめるお勧め観光地がたくさん。
今回は市バスSITAでスリル満点なラヴェッロへのバス旅の見どころをご紹介しましょう!

≪Ravello ラヴェッロ≫ 
ラヴェッロはアマルフィのバスターミナルから30分くらいのところにある小さな町。市バスSITAを利用すればアマルフィとラヴェッロを同日に過ごすことだってできます。
アマルフィは海沿いの街。一方、ラヴェッロは標高350mの小高い丘の上に建てられた美しい街。

青い海を崖下に見下ろせる美しいViewにうっとりするラヴェッロは中世時代の別荘地として人気でした。

ここの見どころはルッフォロ邸、チンブローネ邸の庭園観光。庭園から海を見下ろせばそこはアマルフィ海岸の青い海。まるで絵画の中に入ってしまったような気分です。

ラヴェッロに向かう市バスSITA

写真の道をバスはくねくねと登っていきます。景色が素晴らしい!

道幅は普通乗用車2台がぎりぎりすれ違えるか、もしくは交互譲り合いのカーブ位置なので運転技術が高くないと怖いです。

ワインディングロードをスイスイ!

そんな道を余裕な表情でクラクションを鳴らしながらスイスイと運転するのがSITA SUDバス運転手達。

初めて乗車した時は、手に汗かきながら運転手に「もっとゆっくり走って~!!」と心の中で祈願したほどです。

だけれど運転手さんの運転技術は最高です。バスの車幅、道路の道幅、曲がり角の先、すべて完璧に把握しているのでしょうね。

観光地として夏は県外の車がたくさん来るため、バスの運転手にしてみたら、イラつく事も多いのでしょうけれど、お互いに事故の無いように気を付けた運転さばきです。

動画ではバス同士のすれ違いテクの様子を収めています。ご覧くださいね。

イタリアの旅は、COTRAL社やSITA社のバスで地元の人の楽しむイタリア旅行ができますよ!

ローマより  桜子

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. ローマのラッピングバス例(フルラッピング)
    路線バスなどに広告が描かれているのを「ラッピングバス」といいます。街中を走っていると目立ちますよね。…
  2. 各社自慢のバスがずらり幕張に大集結
    バス専門誌「バスラマインターナショナル」でおなじみのぽると出版主催のバスイベント「第3回バステクin…
  3. 乗車券をチェックする職員
    経営危機といいながらなぜか倒産しないローマのバス会社。その経営難に一役かっているのが無賃乗車です。た…
ページ上部へ戻る