貸切バスの達人

050-5577-8086
9時~19時
(土曜~17時、日祝休)

賢くバスを借りるコツ

旅の目的にあったバスを手配するために

自分たちの旅の目的にあったバスを手配するにはどうしたらよいのか。どういう借り方が安いのか。ここではバスの運行に関する基本的な知識をご紹介しながら、バスを効率よく手配するコツを伝授します。

  1. 乗車時間以外での料金加算
  2. 一泊旅行を安くするコツ
  3. 深夜・早朝走行の割増料金に注意
  4. 運転手を付けた方が安いケース
  5. 平日と休日での料金の違い

1. 乗車時間以外での料金加算

check1
バスの料金は、バス会社が
バスを空けておかなければならない時間で決まる!

「バスを借りる時間=自分たちが乗車する時間~下車するまでの時間」と考えがちですが、実際は違います。バスを待ち合わせ場所(配車場所)まで走らせるまでの回送時間や、運転手の休憩時間、待機時間、下車してから車庫まで帰る時間も含めて「借りている」時間になります。この間はバスを別の用途に使うことができず、空けておかなければならないからです。

バスを「借りている時間」とみなされる範囲

※上記の内容は、社団法人日本バス協会の基準を参考にしています。

ここがPoint!
  • 配車場所、もしくは、下車場所に近いところに車庫があるバス会社から借りる
  • 乗車・下車場所は1ヶ所(多くても3ヵ所まで)にまとめる

ページトップへ

2. 一泊旅行を安くするコツ

check2
1泊旅行の場合、
バスをいったん返さない方が安くすむことが多い

「1」で解説したとおり、バス料金はバスが車庫を出発してから、車庫に戻るまでの時間で決まります。宿泊を伴う旅行で送迎だけバスを利用したい場合、いったんバスを返した方が安いように思いがちですが、出発地から下車地までのガソリン代、有料道路代、バスの回送料金が往復で加算されます。運転手の宿泊代(1泊2日2食付)は通常6,000~8,000円程度ですから、バスを返すよりも、待機させておいた方が安くあがることが多いようです。

運転手の宿泊・支払いはお客様手配・負担となっています。予約をとる際「バス運転手の宿泊できる部屋をお願いします」と宿側にお伝えください。お客様が宿泊するホテルが高い場合は、近隣の別の施設を手配してもOKです。また、バスを待機させる駐車場が有料の場合、こちらもお客様負担となります。ご注意ください。

いずれにせよ、お客様の経費がかからない方でバス会社は提案してくれます。移動距離や待機時間が微妙な場合は、バス会社と直接相談されてはいかがでしょうか?

ここがPoint!
  • 合宿や研修等で長期滞在する場合を除き、バスは返さない方が安いことが多い
  • 運転手の宿泊は宿側で安い部屋を用意してくれている。また、宿泊施設はお客様の施設から近い場所であれば、さらに安いところを手配してもOK

ページトップへ

3. 深夜・早朝走行の割増料金に注意

check3
深夜・早朝走行はなるべく避けた方がよい

たとえばスキー&スノボー旅行や研修旅行などで、朝早くから現地で活動したような場合。深夜もしくは、早朝集合でバスを運行させたいというリクエストがあります。この場合、深夜・早朝運行料金(午後10時~午前5時までに適用)が加算されること、移動距離・時間が長い場合が多いので、運転手の交代要員が必要だったり、仮眠が必要だったりすることがほとんどです。
運転手の交代要員が必要なケースは、運転時間が9時間以上、もしくは運転距離が500㎞(夜間は400㎞)以上の場合※。また、仮眠が必要なケースは、バスの出庫から帰庫までの時間が13時間(条件付きで16時間)を越える場合です。運転手が仮眠するための宿泊・支払いはお客様手配・負担となります。
場合によっては、電車での移動よりも料金がかかることもありますので、注意してください。

※条件付きで600㎞(夜間は500㎞)まで運転可能。

ここがPoint!
  • 深夜・早朝、長距離移動は割増料金に注意

ページトップへ

4. 運転手を付けた方が安いケース

check4
運転手付きでバスを借りた方が安いことが多い

たとえば中型免許を持っているメンバーがいるので、バスだけ借りて、自分たちで運転した方が安いのでは?と思われる方も多いようです。しかしながら、バス会社が所有しているバスは営業用の緑ナンバーで「有料でお客様や荷物を運ぶことができるバス」です。緑ナンバーのついたバスは運転手なしで貸すことは出来ません。

借りることのできるバスは白ナンバーのついた「自家用」のものでレンタカー会社から借りることができます。しかし、レンタカー会社で所有しているバスはマイクロバスまでなので、人数が多い場合、複数台借りることになり、運転手付きでバスを手配した方が安くすむことがほとんどです。

ちなみに「運転手だけ手配」できるのは派遣会社なので、バス会社には依頼できませんし、レンタカー会社に運転手付きでバスを手配することもできません。

ここがPoint!
  • 人数が20名以上の(もしくは荷物が多い)場合は、運転手付きでバスを借りた方が安いことが多い

ページトップへ

5. 平日と休日での料金の違い

check5
安く借りるなら断然平日!月曜~木曜が狙い目

バスの料金はシーズンや曜日によって変動します。また、バスを借りたいという依頼が集中する日は高くなるのは当然です。同じ土日であっても、学校が休みの時期や大安吉日は混みますし、平日でもイベントが重なれば、バスが借りにくく、料金も高くなるということです。平日いちばん高くなるのは週末の金曜日で、次に木曜・火曜の順。曜日だけを見れば、月曜か水曜がいちばん安く手配できるようです。

詳しくは、「貸切バス料金の目安」のページを参考にしてください。

ページトップへ