全国どこでも対応!

[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

はじめてなのに、懐かしい山口へ。

★おいでませ!山口イヤー観光交流 プレキャンペーン実施中★

「はじめてなのに、なつかしい。おとずれるたびに、あたらしい。おいでませ山口へ」をキャッチフレーズに、県内では、さまざまなイベントを開催しています。

記憶の中にあるどこか懐かしい風景が今も多く残る山口。訪れた人の心に、人の温かさや、やさしい風にふれた時、幼い頃の日々が蘇ります。この機会に、山口の豊かな自然、歴史、文化、食、おもてなしに触れる旅へでかけてみませんか。

【プレキャンペーン期間】2011年7月~12月
【本キャンペーン】2011年3月~8月

<イベントガイドブック>

イベント例)
●歴史浪漫街道 萩往還
萩往還語り部と歩くモニターツアー。江戸への参勤交代の「御成道(おなりみち)」として開かれた、日本海側の萩(萩市)と瀬戸内海側の三田尻港(防府市)の約53kmを、ほぼ直線で結ぶ萩往還(はぎおうかん)を、語り部とともに歩きます。

●明治維新150年祭
長州藩は、明治維新の表舞台で活躍した多くの志士を輩出しました。2018年は明治維新から150年という記念の年。キャンペーン期間中は、県内各地で維新に関するさまざまな展示やイベントを開催します。

●山口どこでも紙芝居スタンプラリー
山口県内各地域で趣向を凝らした紙芝居を上演。各上演場所に設置してあるスタンプを集めて応募すると、抽選ですてきな賞品が当たるスタンプラリーを同時開催。

●ローカル線の旅
県内には錦川清流線やSL「やまぐち」号、山陰観光列車みすゞ潮彩など、魅力的な観光列車がいろいろ。また、西岩国駅や萩駅など、登録有形文化財に指定されているレトロな駅舎も残っています。そのローカル線沿線の魅力をポケットサイズの1冊に凝縮した「ぐるるん!山口フェスタ・ブック」も配布中。観光施設などの割引情報なども満載した県内周遊には必携のブックになっています。

●とまろう! 山口フェア
「おいでませ山口たび倶楽部宿泊プラン」利用の方を対象にプレゼントキャンペーンを実施中です。詳しくは「おいでませ山口たび倶楽部」HP(http://www.oidemase.or.jp/tabiclub/)へ。

●維新伝心ガイド
キャンペーン期間中は、県内各地域で、ボランティア観光ガイドの当日申し込みに対応できるサービスや、まちあるきなどの特別企画を実施しています。

問合せ先)083-924-0462 社団法人山口県観光連盟 http://www.oidemase.or.jp/cp2011-2012/campaign.html

▼▼▼編集部がチェックした【おススメイベント】▼▼▼

○秋吉台の秋吉洞がリニューアル!

秋吉台ははるか昔、遠い海でサンゴ礁として誕生。それから約3億5千万年、ドリーネや鍾乳洞が発達した石灰岩の台地、カルスト台地となりました。石灰岩の中にはサンゴ、ウミユリなどの地球と秋吉台の長い歴史を示す化石が見つかります。

その秋吉台の地下100m、南麓に開口する東洋屈指の大鍾乳洞「秋芳洞」がこの度リニューアル。洞窟内の照明をすべてLED化。東京タワーなどのライトアップを手がけた照明デザイナーの石井幹子さんプロデュースによる照明デザイン・ライトアップは必見です。

黒谷入口から洞くつに向かう全長187メートルの人工トンネルに、地球誕生から現代までの秋吉台をイメージした56枚の絵を展示。現代から3億年を遡っていくイメージのドラマティックなビジュアルアートと、光と音を使った臨場感溢れる演出が体感できます。


[写真提供:社団法人山口県観光連盟]

★秋吉洞入園料:大人1,200円/中学生950円/小学生600円
※冒険コース(洞内、正面入口近くの「青天井」付近左手側から岩肌を登るコース)観覧料+300円、闇のロマン探検(一般入洞時間が終了した19時から、照明を消した暗闇の秋芳洞を懐中電灯1本で歩く夜の探検コース)観覧料+100円
※20名以上から団体割引有

問合せ先)0837-62-0304(代) 秋芳洞観光センター http://www.karusuto.com/

★秋芳を訪れたらついでに梨狩り★
カルスト台地「秋吉台」の赤土で育った20世紀梨は、糖度が高く大変おいしいと評判。20名以上の団体で割引があります。秋吉台へ観光に出かけたら、ぜひ、梨狩りも楽しんでみては?

★料金:大人1000円/小学生800円/幼稚園600円
※20名以上団体割引有
※おみやげ2個付き。梨食べ放題。
【開催時期】2011年8月下旬 ~9月上旬
【開催地】秋芳梨生産販売協同組合
問合せ先)0837-65-2221 秋芳梨生産販売協同組合 http://www.oidemase.or.jp/db/a/detail.php?id_num=35213aa0000016548

○塩づくり体験できます
三田尻(現在の防府市)は、江戸時代、赤穂と並ぶ塩の大生産地として発展。ここには、塩田の施設が復元され、塩づくりの工程を見学できるとともに、塩づくり体験ができます。個人から40名までのグループまでOK。


[写真提供:社団法人山口県観光連盟]

<体験内容>
•浜引き体験:地場の砂を道具を使って整える。
•撒潮(さんちょう)体験:地場に海水をまく。
•採かん作業体験:濃度の高い塩水(かん水)を集める。
•塩焚き体験:かん水を煮詰めて塩の結晶を取り出す。

★体験料:無料
※入園料別途、要予約(来園予定の7日前まで)
※運動しやすい服装、タオル、飲み物等持参のこと

【開催期間】4月から10月まで、月曜休園(祝日の翌日を除く) ※所要時間 1回あたり最長2時間
問合せ先)0835-25-3510 三田尻塩田記念産業公園 http://www.city.hofu.yamaguchi.jp/site/kankou-site/shiodukuri.html

○山陰観光列車みすゞ潮彩車内紙芝居を開催中

下関・長門市仙崎間を走る「みすゞ潮彩」。三角や階段型の窓などアールデコ調に統一された観光列車です。

指定席のほとんどが海側に向けて設置され、車窓が通常より大きくとられているため、日本海の眺めを満喫できるのが人気です。特に眺めの良い3箇所のビュースポットでは列車を停止させ、車内アナウンスによる車窓案内もあります。

現在、快速列車(土休日運行)の1号・2号の指定席車内において、それぞれ『童謡詩人金子みすゞ』、『風雲児 高杉晋作』の紙芝居を上演中です。観覧記念品として、オリジナル絵葉書のプレゼントあり。

列車の運行する下関市と長門市の山陰線沿線には、泉質のよい温泉が点在し、ふぐ、うに、くじら、イカ、サザエといった、優れた食材も豊富。また、近年は映画やドラマのロケ地として注目を集める角島をはじめ、北長門海岸国定公園にも指定される山陰海岸線の造形美など、風光明媚な観光スポットがたくさん。

たまにはスローな旅行を楽しんでみては?

【開催期間】2011年4月1日~2012年3月31日の土曜・日曜・祝日(ただし、列車運休日は除く)
【開催場所】みすゞ潮彩1号・2号指定席車両内
【運行区間】 新下関駅~下関駅~(山陰本線)~長門市駅~仙崎駅
※新下関駅では、新大阪方面の山陽新幹線ひかり号に接続
※列車の時刻、経路、運賃等はJRおでかけネット(JR西日本)のページで検索が可能

問合せ先)083-231-1350 長州路観光連絡会 http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/magazine/chousyuuji/kankouressya/#3rd

[写真・情報提供:社団法人山口県観光連盟 http://www.oidemase.or.jp/]

2号の指定席車両内にて、土、日、祝日に「風雲児 高杉晋作」の紙芝居が上演されます。
「動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し」と評されるほど幕末を駆け抜けた風雲児高杉晋作の活躍をご覧いただけます。
演目「風雲児 高杉晋作」/上演団体 長州路観光連絡会・しものせき観光キャンペーン実行委員会
紙芝居をご覧いただいた方には、もれなく記念のオリジナル絵葉書(1枚)をプレゼント。

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

最近の投稿

  1. バステクin首都圏2019開催決定
    第5回バステクin首都圏が2019年11月18日(月)に、会場を京成ドライビングスクールに移して開催…
  2. 2019年「第14回NASVAマネジメントセミナー」では、交通事故で被害にあわれた方の特別講演を含め…
  3. 関西エリア出発のバス旅行で人気が高いのは、やっぱり淡路島!瀬戸内海に浮かぶ島の中で最も大き…
ページ上部へ戻る