全国どこでも対応!

[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

タグ:海外

  • india13

    インドで僕も考えてみた①

    インドのバスといえば「タタ・モーターズ」。ムンバイに本社があり、インド最大の自動車会社です。バス・トラック部門においては世界5位。2007年にいすゞ自動車が製造技術提供を行ったことでも知られています。そんなインドを旅した今回のレポ。どんな出会いが待ち受けているのでしょうか?
  • Tonlé_Sap12

    カンボジアをバスが行く⑧

    カンボジアをバスが行く、いよいよ最終回でございます。後ろ髪をひかれつつ最後の観光を楽しみました。みなさんも一度訪れたらその魅力に取りつかれること請け合い。ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか?
  • apsara3

    カンボジアをバスが行く⑦

    カンボジアの旅もいよいよ大詰め。今回は銃弾や破壊の後が残る「プリヤ・カーン」の見学と、カンボジア政府の計らいで特別にライトアップされたバイヨン寺院での荘厳なダンスについてご紹介しましょう!
  • elephant_taxi

    カンボジアをバスが行く⑥

    カンボジア観光も2日目に突入。プノン・バケン山、プレループ、ニャック・ポアンとバスは進みます。しかし、体力がなければカンボジア観光は楽しめないとつくづく実感する旅でありました。
  • bus_parking

    カンボジアをバスが行く⑤

    カンボジア観光2日目。アンコール遺跡のデバターやレリーフの精巧さ、美しさ、表情の豊かさには目を見張るものがあります。雨季だというのに晴天に恵まれ、日ごろの行いの良さに感謝、感謝でございます。
  • elephant

    カンボジアをバスが行く③

    カンボジアのアンコール遺跡群をバスで巡る旅。バイヨン寺院、ライ王のテラス、タ・ブローム寺院と周りました。途中、オープンカートみたいなミニバスや象のタクシー(?)など、カンボジアらしい乗り物とすれ違いながら、ヒュンダイバスは進みます。
  • nanndaimon

    カンボジアをバスが行く②

    カンボジア1日目の観光はアンコール・ワットのご来光とアンコール・トム遺跡見学。南大門は王が象にのって通れるサイズにつくられており、大型バスは通り抜け不可。遺跡内はトゥクトゥクや小さなバスなどで回れるようです。
  • angkor_wat

    カンボジアをバスが行く①

    最近、観光先として注目を集めているカンボジア。ベトナムやタイなどと周遊して楽しむツアーも増えています。バスの車窓からみたいまのカンボジアの姿を編集部Kがレポート。一度行くと忘れられないその魅力をお伝えします。
  • 飛騨高山の街並み

    「ぎふを旅して日本を元気に!」キャンペーン実施中

    東日本応援イベント開催中 ★「ぎふを旅して日本を元気に!」キャンペーン』第2弾を実施★ キャンペーン期間中、参加施設(旅館・ホテルなど)を利用していただき、応募するとうれしいプレゼント有り! 【編集部おススメイベント】 ・タイムカプセルを通って江戸時代へ~裃・着物で観光を楽しもう~ ・和歌をテーマにした野外博物館で「ぼたんまつり」 ・第13回飛騨高山端午の節句でスタンプラリー開催

最近の投稿

  1. バステクin首都圏2019開催決定
    第5回バステクin首都圏が2019年11月18日(月)に、会場を京成ドライビングスクールに移して開催…
  2. 2019年「第14回NASVAマネジメントセミナー」では、交通事故で被害にあわれた方の特別講演を含め…
  3. 関西エリア出発のバス旅行で人気が高いのは、やっぱり淡路島!瀬戸内海に浮かぶ島の中で最も大き…

関連リンク

ページ上部へ戻る