全国どこでも対応!


コロナウイルス感染症対策について
[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

インドで僕も考えてみた⑤

いまもなおマハラジャが暮らすシティパレスへ

アンベール城を後に、
バスはジャイプールの旧市街の中心にある「シティパレス」へ向かいます。

india224
india227

町へ入ると、ディーワーリーの祝日のお祝いで、
道端のいたるところに露店が出ていて賑やかです。

india225

人もバスもその他の乗り物も混とんとする風景。

india226

ディーワーリーとは、インド三大祭のひとつで、
ヒンドゥー教新年のお祝いのこと。
別名「光のフェスティバル」とも呼ばれ、
10月末から11月初めのインド暦の第七番目の月の初めの日にあたります。

女神ラクシュミーをたたえるお祭りで、
寺院にも街中に灯明が置かれ、とても華やか。

festival_india
(ディーワーリの装飾)

ディーワーリーとは、サンスクリット語で「光の列、夜のイルミネーション」を意味するそうです。

バスを降り、少し歩くとシティパレスの入口、ラージェーンドラ門です。

india228

シティパレスは1726年にこの地方のマハラジャ(地方領主)、
サワーイー・ジャイ・スィン2世によって建造された城で、
なんと現在でもその子孫のマハラジャが住んでいるとのこと。

ラージェーンドラ門を通り、
このピンクの門を潜るとその中がシティパレスの宮殿です。

india229
india230

の奥の白い建物が子孫であるマハラジャの住まいで、
ここは見学できませんでした。

india231

国旗の奥の旗棒に旗が揚がっている時は
マハラジャがいらっしゃるそうですので、今日はご在室のようです。

india232

広場の中でひときわ目を引くのがディワニカース(貴賓謁見の間)で、
この中には大きな銀の甕が2つ展示されています。

india233

内部はイスラム教とヒンズー教が融合した建築様式となっています。

india236
india234india235

これが銀の甕。
世界一大きな銀の甕としてギネスに登録されているそうです。

india237

この甕は、昔々マハラジャが船でイギリスに渡った際に、
飲料水としてガンジス川の水を6つの甕に入れて行った時に使ったものとのことですが、
4つは溶かして銀貨にしてしまい、現在は2つしか残っていないそうです。

中を巡ります。

india238
india240

柱や壁には鮮やかな絵が描かれています。

india241india242

マハラジャのお住まいを反対側から。

india243

ラージェーンドラ門を出て、次なる観光先、
ジャンタル・マンタルに向かいます。

india244

星好きの人必見!ジャンタル・マンタル

シティパレスからジャンタル・マンタルまでは徒歩で5分ほど。

india246

ジャンタル・マンタルは、
ジャイプールの街を築いたマハラジャの
サワーイー・ジャイ・スィン2世が造った天体観測所のことで、
2010年に世界遺産に登録されました。

india247

天体観測所ということで、星好きな私にとっては聖地とも言える場所ですね。

india248india249

入ってまず目に入るのは「ラグ・サムラート・ヤントラ」という小型の日時計で、
20秒単位で時間を計測できる精度をもっています。

india250

この円状のものは「ナリ・ヴァラヤ・ヤントラ」という太陽の位置を観測して、
春分や秋分を正確に知るための機器です。

「ジャイ・プラカーシュ・ヤントラ」

india251

太陽が現在どの星座上にあるかを知る観測機器で、
上部の円盤に開いた小さな穴を通った光が下の星座版に影を落とすことで、
太陽の位置を知ることができるそうです。

india252

広々とした天文観測所内。

「ラーシ・ヴァラヤ・ヤントラ」(黄道12宮儀)

india253

黄道12星座と同じ12基あり、
ひとつひとつが12星座の方向に向いて設置され、
星占いに使うものだそうです。

india254india0255

ちなみに私はかに座、
家内はしし座なので、その2つのラーシ・ヴァラヤ・ヤントラをパシャ。

india256india257

ジャンタル・マンタルの中で
ひときわ大きな施設が「サムラート・ヤントラ」というこの日時計です。

0258

入口で見たラグ・サムラート・ヤントラが20秒単位でしたが、
こちらは2秒単位で時間を計測できる高精度日時計です。

india259india260

こちらは「ラーム・ヤントラ」という太陽や月、
星の方位、高度を観測する施設です。

india261

天気もよく、白い観測機器がとても鮮やかに見ることができました。

india262

また太古の時代にこれだけの精度の観測機器を作れた
ということにとても感動しました。

0263

ジャンタル・マンタルの見学を終え、
バスに乗り込みます。

ここからはアグラをめざし、再び移動です。

一路バスはアグラへ、230kmの移動

ジャンタル・マンタルの見学を終え、
バスはジャイプールからアグラを目指します。

india267

ジャイプールからアグラまでは約230キロ、
約5時間のバスの旅です。

india268
india269india270

町にはヒンズー教で崇められている牛さんたちも悠々と。

india271

昼にも増して、町はディーワーリーの祝日のための
ごちそうの材料や飾りを買う人で溢れています。

india278
india285

お祭り用の装飾?

india286india288

歩道と車道の区別がイマイチわからない・・・。

india289

バスも人も自転車もバイクもぐいぐい行く感じ?

india282

おっと満員なのか、路線バスの屋根の上にも人が。

india292
india295

きれいに飾り付けたトラクターでドライブ?

india294

そして、230キロは遠く、途中で夕陽が沈むのを見ながらしばしお休みタイム・・・。

india296

腰が痛くて目が覚めて外を見たら、もうアグラ市街に入っていました。

india301

時間は8時過ぎ、それでもまだ町には人がたくさん繰り出しています。

india298india302

ホテルに到着後、「アーユルヴェーダ」を体験。

すみません、こちらも写真がありませんので、
気持ちよかったということだけご報告します。
ただ油まみれはちょっと苦手かなぁ・・・

普段の倍以上洗髪して、明日に備えて寝たのは日付が変わる頃。
でも、明日は今回のツアーのメインである「タージ・マハル」見学。
ジャンタル・マンタルとは違った期待感になかなか寝付けませんでした。

(--続く--)

[Text&Photo by Kota]

 

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

ページ上部へ戻る