全国どこでも対応!


コロナウイルス感染症対策について
[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

北海道へ観光バス旅行!おすすめの休憩スポット「南ふらの」

幻の魚「イトウ」が泳ぐ大水槽道や街の名産品が堪能できる松前町の駅

北海道「道の駅 南ふらの」

国道38号線沿いの「道の駅南ふらの」(南ふらの物産センター)。アウトドアのメッカ・かなやま湖にほど近いとあって、道の駅「南ふらの」の外観はカヌーの軸先をイメージしたユニークな建物となっています。

エントランスでは大きなヒグマがお出迎え。空知川に生息する1m級の「イトウ」やアメマス、ニジマスが正面の大型水槽で悠々と泳ぎ、レストラン「ごはん家ラーチ」では、大人数の場合は事前のご予約も承ります。

売店では、北海道の銘菓をはじめ、南富良野や富良野地域で採れたジャガイモ(男爵)が原料の「バタじゃが」や「スィートコーン」など、農産加工製品も販売しています。ここでの人気の商品は「にわとり牧場のプリン」で、第2位が「富良野牛乳」。ぜひ、お試しください。

建物の横から裏手にかけては、ラベンダー園から芝生が張り巡らされている広い公園に続き、夏の清涼を求めて多くの人が噴水を囲みます。夏になると、特設テントで地場産野菜の直売も行われ、美味しい野菜を安く買うことができます。

「南ふらの」のグルメ情報

●「ごはん家ラーチ」

衣をつける前のエゾシカ肉には特製マリネで下味を付けたこだわりの“エゾカツ”と、特製カレーソースの相性が抜群です。ラーメンやうどんなどの麺類、定食など、幅広いメニューがそろっています。椅子席52席、畳小上がり12席、カウンター席6席の計70席。団体でご利用の場合は、あらかじめご予約(0167-52-2100 内線5)ください。
[営業時間]9:00~19:00(6~8月)/10:00~18:00(9~5月)
※ラストオーダーは閉店30分前
※定休日:火曜定休、7~9月無休、火曜日が祝日の時は翌日

「南ふらの」周辺の見どころ

●かなやま湖畔キャンプ場

ログ風など三箇所の水洗トイレ、炊事場、野外ステージが完備されたキャンプ場で、北海道内でもその規模、芝生の手入れ、設備の充実度は最高と評価されています。

北海道「かなやま湖畔」

テント500張のフリーサイト、800台の駐車場、リヤカーを備えています。毎年7月の最後の日曜日(2012年7月29日)には「かなやま湖湖水まつり」が行われ
祭を締めくくる「花火大会」には道内外から大勢の観光客が訪れます。

●映画「鉄道員(ぽっぽや)」のロケ地

高倉健さん主演、浅田次郎さんの短編小説「鉄道員(ぽっぽや)」の映画化に際し、ロケ地になったのが根室本線「幾寅駅」です。映画の中で「幌舞駅」と呼ばれている「幾寅駅」と周辺のロケセットは今もそのままの形で残されています。

北海道「幾寅駅」

「南ふらの」おすすめのお土産情報

●バタじゃが

ゆでたジャガイモをバター味で仕上げました。原料は、厳選された良質のふらの産男爵いもを使用、北海道優良道産品指定商品になっています。

●くまささ茶

北海道山麓に育まれた熊笹のエキスと清らかな水を ブレンドした健康飲料。ペットボトルタイプもあります。

●リース

ラベンダーなどのドライフラワーを使ったオリジナルリース。南富良野の畑で育てた花や野山の草花・実を自然乾燥させ、自然の持つ美しさと本物の質感が人気です。

information
施設名:道の駅 南ふらの
アクセス:幾寅駅から車で3分
住所:北海道松前郡松前町唐津379
電話:0167-52-2100
開館時間:9:00~17:00(4~5月、10~3月)/9:00~19:00(6~9月)
休館日:年末年始(12/31~1/2)※秋期に臨時休館の場合あり
駐車場:普通車:74台 大型バス:10台
トイレ:大6器(4器)小14器(10器)女:12器(10器)/身障者用:1器(1器)※()内は24時間利用可能
※24時間使用可
その他:ワンちゃん広場(ドッグラン)、森のパン屋あり

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

ページ上部へ戻る