全国どこでも対応!


コロナウイルス感染症対策について
[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

北海道へ観光バス旅行!おすすめの休憩スポット「望羊中山」

秀峰・羊蹄山の絶景が見られる喜茂別町の道の駅

北海道「道の駅 望羊中山」

北海道虻田郡の喜茂別町を走る国道230号線の中山峠にある道の駅です。

峠の頂上に位置し、敷地内のパノラマ展望台秀峰山や羊蹄山、ニセコ連邦や後志岳も一望することができる絶好のビューポイントとなっており、一年間に約400万人の旅行者が訪れています。

展望台に60席あり、持ち込み飲食自由なので、きれいな景色を眺めながら休憩しましょう。

レストランや売店をはじめ、名物「あげいも」などを提供するテイクアウトグルメ専門スペースを設置し、外にもクレープやコーヒー、地元産野菜などを販売するコーナーもあり、充実した休憩スポットとなっています。

中でも売り切れ御免は、2日間半熟仕込みをしたから揚げ「鶏塩」。既にリピーターが続出とか。甘くてほくほくのあげかぼちゃも密かに人気です。

北海道の写真や絵画を展示している「写真の森美術館」も併設しており、賑わう道の駅館内とは対照的に、静かで優雅な時間が過ごせるのも魅力のひとつです。

「望羊中山」のグルメ情報

●味処「四季彩」

自家製打ちたての「峠のそば」や喜茂別町の特産品を使ったものなど豊富なメニューを提供しています。なかでもおススメは、本場帯広の豚丼にもひけをとらない美味しさで人気のルスツ豚の豚丼。

ルスツ豚の持ち味を生かすため、表面を強火で焼き上げ中はジューシーに仕上げています。80名収容可能なので、団体で利用する場合はあらかじめ予約を。
[営業時間]10:30~17:30(オーダーストップ17:00)

●峠のあげいも

峠のあげいも

北海道のソウルフードというべき「あげいも」。1968年から中山峠の名物として親しまれ、年間40万本を売り上げるヒット商品になっています。

「あげいも」とは、羊蹄山麓で収穫したじゃがいもを塩ゆでにし、小麦粉・砂糖・牛乳・卵などで作った生地(ホットケーキミックスでもOK)をつけてカリっとほくほくに揚げたものです。

最近ではプレーンに加え、マヨネーズやBBQ、バーニャカウダなどの10種類以上の調味料で自由にアレンジした味付けが可能になっています。

「望羊中山」周辺の見どころ

●中山峠写真の森美術館

中山峠森の美術館は2011年に中山峠写真の森美術館からリニューアルオープンしました。道内在住の作家の協力により常時100点ほどの水彩、油彩、版画、彫刻、工芸作品を展示しています。

館内にはシーニックバイウェイプラザも設置され、観光情報・地域情報も提供。隣接する道の駅「望羊中山」から連絡通路で訪れることができます。北海道の美術を味わえる場所として、ぜひ一度お立ち寄りください。

「望羊中山」おすすめのお土産情報

●羊中山オリジナル「あげいもキューピー」

望羊中山名物の「あげいも」とキューピーがコラボしたマスコット。ご当地キューピーをコレクションしている人なら買いです。

●北海道の定番おみやげ

『森のチーズケーキ』『森のクッキー』は望羊中山で非常に人気があります。買い忘れた! というときにとても便利です。

information
施設名:道の駅 望羊中山
アクセス:国道230号線 札幌市街から約46km 倶知安市街から約44km
住所:北海道虻田郡喜茂別町字川上345番地
電話:0136-33-2671
開館時間:売店・ファーストフード:8:30~17:30/レストラン:10:30~17:00
休館日:年中無休
駐車場:普通車:97台 大型バス:3台 身障者用:2台
トイレ:男:大10器(1器)/小21器(3器)/女:32器(2器) ※( )内24時間可
その他:中山峠写真の森美術館/コンビニ

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

ページ上部へ戻る