全国どこでも対応!

[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

沖縄へ観光バス旅行!おすすめの休憩スポット「いとまん」

海人の町、糸満ならではのユニークな魚がならぶ西崎町の道の駅

道の駅「いとまん」

(C)OCVB

道の駅「いとまん」は、日本最南端の道の駅。敷地約1万坪の敷地に地元食材を利用したフードコートや物産品を集めた「糸満市物産センター遊食来(ゆくら)」、JAおきなわの直売所「ファーマーズマーケット・いとまん」、海人のまち糸満ならではのフレッシュな魚がそろう「お魚センター」、カフェや惣菜等の販売を行っている障害者就労施設「イノー」の4つの施設がそろいます。特に「お魚センター」は、他の道の駅にはない海産物を専門に取り扱うとあって、地元の人でもどうやって料理したらいいかわからないような珍しいものも並ぶことが。食べ歩きもOKです。

沖縄南部の旅をディープに楽しみたいなら、情報コーナーへ。バスや車で素通りするのではなく、地元に精通したガイドさんと一緒に町中を1時間~2時間かけて歩き、地元の人と触れ合うようなプログラムも用意されています。体験プログラムなら、糸満でとれた果物を利用したジャムづくり、沖縄植物を使ったカリー染め体験の他、糸満海人の技を実際に体験できる「ビン玉編み体験」がおススメです。

道の駅「いとまん」があるのは、糸満道路の起点に位置する場所で南部観光の拠点に最適。那覇空港からは約25分程度なので、フライト時間までの空き時間をお土産探しに活用するのに最適なロケーションです。また、道の駅のある糸満市は、那覇から南へ約12㎞。沖縄の中でも旧暦文化をいまでも継承し、月の満ち欠けとともに生きる古き良き風習が残されています。市の南部一帯は、沖縄戦最大の激戦地で、多くの慰霊施設や慰霊碑、慰霊塔が残されるわが国唯一の戦跡国定公園となっています。ひめゆりの塔や沖縄平和記念堂などが有名です。

沖縄旅行というと、中部や北部へ行く人が多いかもしれませんが、南部にもいいリゾートホテルがあります。オーシャンビューでサンセットが楽しめ、ビーチに近い「サザンビーチホテル&リゾート」、空港の夜景も楽しめる「ホテルグランビューガーデン沖縄」、ゴルフも楽しみたいなら「ザ・サザンリンクスリゾートホテル」、そして、南城市にある「百名伽藍」は海と山が広がる岬の先端にあり、赤瓦や琉球石灰岩・チャーギなど沖縄の素材をふんだんに仕様した和琉様式の作りで注目されています。

何度も沖縄を訪れている人なら、今度は南部の沖縄を満喫してみませんか?

「いとまん」のグルメ情報

★糸満市物産センター「遊食来」

●レストラン「みーかがん」

糸満で水揚げされる鮮魚をはじめ、旬の魚介類を使った定食やどんぶりものがおススメ。「みーかがん」とは、漁師用の水中メガネのこと。糸満の漁師が発明したといわれているとか。一番人気はまぐろづくし丼で、赤身、中トロ、大トロを盛り合わせてあるので、マグロのおいしいところを余すことなく食べられます。夜は宴会プランもあり。
[営業時間]11時~22時、不定休

●フードコート

物産センター内にあるフードコード。沖縄ではおなじみの家庭料理を出している「いちまん御前 南の駅 食道」。甘口の白みそ仕立ての沖縄風トン汁、イナムルチ定食がおススメ。イナムルチは「イノシシ=イナ」「もどき=ムドゥチ」のこと。昔イノシシの肉を使っていて、その後、豚肉を使うようになった頃から「イノシシもどき」と呼ばれるようになったことからそう名付けられました。
ファストフードの王道的な多国籍料理が楽しめる「沙羅」。本格関西お好み焼き、カレー、ロコモコ、タコライスなど、郷土料理に飽きたらぜひ!
驚きのボリューム「しかまさんど」で有名になった「木彫館」。「しかます」とは沖縄の方言で「びっくりする」という意味です。
揚げたての本格てんぷらが味わえる「天八」。大人気は本マグロカツバーガーで、カツは注文を受けてから揚げます。この他、島豚カツバーガーなどもあり。

★「お魚センター」

●坂下水産のマグロガーリック串カツ

カリカリの衣とジューシーな身のコラボがたまらない、お魚屋さんのマグロガーリック串カツ。赤エビの串揚げとともに、週末限定販売です。売り切れ御免!

●西南門小(ニシヘージョウグワ)カマボコ屋

ここの目玉はばくだんおにぎり。沖縄でいうところの「ちきあぎ」(さつま揚げ)でごはんを包んだものという感じ。ごはんは沖縄風炊き込みご飯「シューシィ」になることが多く、お魚のすり身に野菜なども混ぜてあるので、おかずいらずで片手で食べられるところから、忙しいかまぼこ工場の職人のまかない食として誕生したという説も。卵をつかい、黄色いカステラのような「カステラカマボコ」やたまご巻などもおいしい。

★ファーマーズいとまん入口近く

●高江洲鮮魚(たかえすせんぎょ)の海鮮屋台

お刺身は注文を受けてから調理。お魚屋さんの店内で食べられる定食やさんです。一番人気はイカスミ汁定食。イカとイカスミ、豚肉、野菜を煮込んだスープは癖になる味。マグロ丼や海鮮丼もあります。
[営業時間]10時~19時、不定休

★障害者就労支援施設イノー

●カフェ・ヴィンカ

美味しいコーヒーと手軽なワンコインランチを楽しむならココ。

●デリーノ

お肉とお惣菜専門店。地元産の野菜や玄米などを使用したヘルシーなお弁当が人気。

「いとまん」周辺の見どころ

●美々(びび)ビーチいとまん

沖縄県「美々ビーチいとまん」

BBQが楽しめる人口ビーチ。トイレやシャワー、休憩室などが完備されており、子ども連れでも安心して遊べます。利用者は地元の人が多いので狙い目。団体でも利用できるテラスがあるので、社員旅行で訪れてもOK。近くには大型のスーパーマーケットもあるので、ビールや泡盛を調達できます。
[開園時間]8時30分~20時(年末年始を除く)
*大型バス専用駐車場あり(オンシーズン4月~10月のみ有料)

●糸満市観光農園

沖縄県「糸満市観光農園」

農業に適した土地柄の糸満市。サンゴの化石からできる琉球石灰岩が風化した土地のため、カリウムや鉄分などが豊富に含まれています。アセロラやパッションフルーツが栽培されており、取れたてのフルーツを使用したジャムやピューレ、ジュースなどに加工する工場やワイン工場も敷地内にあります。
[営業時間]9時~18時(夏季~19時)、無休、入園無料

●平和祈念公園/平和の礎

平和祈念公園

(C)OCBV

敵味方の区別なく沖縄戦で亡くなった方々をしのぶために作られた公園。毎年6月23日には沖縄全戦没者追悼式が行われます。沖縄戦のいちばん大きな特徴は軍人よりも一般住民の戦死者数が多く、想像を絶する困難な体験をしました。また、戦後も米軍による軍事支配が続いたことなどを踏まえ、平和の祈りを込め作られています。公園内には、この体験を後世に伝える資料館もあります。
[開園時間]6時~22時(資料館は9時~17時、年末年始休館)
*バス駐車場53台、無料

●具志川城跡

沖縄県「具志川城跡」

喜屋武岬近くの西海岸沿いに築かれた海辺のグスク跡で、1972年に国指定文化財になっています。海に通じるスーフチミー(潮吹き穴)と呼ばれる自然穴があります。久米島の伝説によると、具志川城主である真金声(まかねくい)按司が、伊敷索(いしきなわ)按司の二男真仁古樽(まにくたる)按司に攻められて落城し、島を脱出して築いたという伝説もあるそうです。

「いとまん」おすすめのお土産情報

●糸満特産品(ゴーヤー、アセロラ、きゅうり、パッションフルーツなど)

約1千件の農家が育てた朝どり作物を豊富にそろえている「うまんちゅ市場」。地元の人も安くていいものを求め足を運びます。農家が直接納品してくるので、庭先で自分たちで食べるため栽培していたような野菜やハーブ、果物もあります。

●物産センターオリジナル商品

糸満特産の「美(チュ)らキャロット」を使った「美らキャロット餃子」やすりおろし人参を使った美らキャロット入り万能だれなど、ここだけのオリジナル商品がいろいろそろっています。「美(チュ)らキャロット」は、他の人参に比べ糖度が高いので、ジュースやお菓子に使ってもいいそうです。「美らキャロットケーキ」やかりんとう、チップスもおススメ。

●お魚加工品

手作り干物が人気!自家製なので、新鮮かつ、ふっくら仕上がっています。カタカシ(リュウキュウヒメジ)、クルキンマチ(ヒメダイ)、グルクン(タカサゴ)など、珍しいものがずらり。宅配サービスもあります。

●沖縄特産品

食べるラー油、ちんすこう、沖縄そば、泡盛など、ここでそろわないものはないほどの充実ぶり。

information
施設名:道の駅 いとまん
アクセス:那覇空港より南へ約10km(車で約20分)
住所:沖縄県糸満市西崎町4-19-1
電話:098-987-1277
開館時間:
9時~19時
お魚センター:10時~19時
糸満市物産センター:10時~20時(一部22時まで)
ヴィンカ/デリーノ:9時30分~18時
休館日:年末年始、旧盆休み
駐車場:普通車:488台 大型バス:10台 身障者用:15台
トイレ:男性4器 女性3器 身障者用1器
その他:情報コーナー 9時~18時 無休

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

最近の投稿

  1. バステクin首都圏2019開催決定
    第5回バステクin首都圏が2019年11月18日(月)に、会場を京成ドライビングスクールに移して開催…
  2. 2019年「第14回NASVAマネジメントセミナー」では、交通事故で被害にあわれた方の特別講演を含め…
  3. 関西エリア出発のバス旅行で人気が高いのは、やっぱり淡路島!瀬戸内海に浮かぶ島の中で最も大き…
ページ上部へ戻る