全国どこでも対応!


コロナウイルス感染症対策について
[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

秋は、吉野ヶ里で考古学博士気分を満喫♪

★特別企画展「よみがえる邪馬台国 吉野ヶ里と出雲王国」開催!★
【開催期間】2011/10/08(土)~2011/11/27(日)

吉野ヶ里歴史公園は、2001年4月にオープン。今年で10周年を迎えます。

約700年続く弥生時代の全ての遺構・遺物が発見された吉野ヶ里遺跡では、現在も発掘調査が続けられています。

園内は遺構に忠実に復元されており、集落が最盛期を迎える弥生時代の終わりごろの様子を見ることができます。倉庫群と市場の「倉と市」エリア、王やリーダー層が住んでいた「南内郭」、まつりごとを行っていた「北内郭」、歴代の王の墓「北墳丘墓」、一般の人の住居地帯とされる「南のムラ」と、次々に完成。最近では、北墳丘墓から北へ続く広大な敷地が「古代の森ゾーン」として整備中です。

特に人気を集めているのが、毎月第2土曜日に開催されている「考古学講座」。弥生時代に関わるワンテーマを設け、専門家からレクチャーを受けられます。また、勾玉づくりや火おこし、土日祝日限定の「親魏倭王」印製作体験などのイベントもダントツの面白さで、毎回大盛況とか。

10月8日からは特別企画展「よみがえる邪馬台国 吉野ヶ里と出雲王国」がスタート。勾玉や漆模様の木製品、水晶など出雲からの出土品約310点が一堂に集結した見どころ満点のイベントです。吉野ヶ里と出雲は、両方の土地で中国・新時代の貨幣「貨泉」が出土した経緯などがあり、その交流が注目されています。互いの出土品を見比べながら、歴史を考えてみてはいかがでしょうか。また、特別企画展スタートとともに、貨泉製作体験イベントも始まります。こちらも楽しみですね。

■吉野ヶ里歴史公園
開園時間/9:00~17:00(6月1日~8月31日は18:00まで)
※12月31日、1月の第3月曜日とその翌日が休園
★料金:大人(15歳以上)400円/小人(小・中学生)80円/シルバー(65歳以上)200円/幼児(6歳未満)無料
問合せ先:0952-55-9333 吉野ヶ里歴史公園管理センター

◎発掘現場の見学について
見学実施日: 平日の晴れた日(中止の場合あり)
見学実施期間: 平成24年3月まで
見学時間: 8:30~17:15(作業員の昼休み、休憩あり)

■吉野ヶ里歴史公園特別企画展
「よみがえる邪馬台国 ~吉野ヶ里と出雲王国~」
【開催期間】2011/10/08(土)~2011/11/27(日)
【開催場所】吉野ヶ里歴史公園内「弥生くらし館」(吉野ヶ里町)
★無料(ただし入園料金は必要)
お問合せ先)0952-55-9333 吉野ヶ里公園管理センター、佐賀県教育委員会

■考古学講座(今後の予定)
2011年
10月8日(土):弥生時代の衣服と装身具
11月12日(土):弥生時代の信仰と祭祀
12月10日(土):弥生時代の戦い
2012年
1月14日(土):朝鮮半島の中の弥生文化
2月11日(土):弥生から古墳へ
3月 3日(土):佐賀の弥生文化の特質
所要時間/13:30~15:00
開催場所/「弥生くらし館」「吉野ヶ里遺跡展示室研修室」
お問合せ:0952-25-7233 佐賀県教育庁社会教育・文化財課

■各体験イベント(今後の予定)
●勾玉作り
所要時間:40分~1時間
対象年齢:小学校高学年以上(小さいお子様は保護者同伴で参加可)
参加費:200円、250円/1人
最終受付時間:閉園時間の1時間30分前まで

●火おこし ※雨天強風時は中止
所要時間:30分程度
対象年齢:小学校高学年以上(小さいお子様は保護者同伴で参加可)
参加費:100円/1セット
最終受付時間:閉園時間の1時間30分前まで

●鏡製作
所要時間:40分~1時間程度
対象年齢:小学3年生以上(小さいお子様は保護者同伴で参加可)
参加費:原寸大1500円、ミニチュア500円
受付時間:閉園時間の1時間30分前まで

●銅鐸製作
実施日:土曜・日曜・祝日
所要時間:40分~1時間
対象年齢:小学3年生以上(小さいお子様は保護者同伴で参加可)
参加費:1500円
受付時間:閉園時間の1時間30分前まで 場所/弥生くらし館もしくは南のムラ
予約・問合せ/0952-55-9333(受付時間9:00~17:00)

▼▼▼編集部がチェックした【おススメイベント】▼▼▼

○原田芳雄は活きている「第28回 富士町古湯映画祭」
【2011年9月23日(金・祭日)~・25日(日)】

「温泉に入って映画を見られたらいいですね。映画館の無い町で映画祭も面白いと思いますよ。富士町で映画祭をぜひやりましょう」と、当時、佐賀市の自主上映団体「シネアスト佐賀」を主宰されていた中溝好生氏の呼びかけで始まった「古湯映画祭」。今年で28回目を迎えます。

畳敷きの会場にゴロリと寝転がって見たり、空き時間に会場の温泉に入ったりと自由なスタイルで楽しめるところが魅力で、全国から映画ファンが毎年集まります。

3日間のうち初日は新作や新人監督の作品が、2~3日目に特集作品が上映。7月に急逝された俳優・原田芳雄さんは、ゲストとして2度、古湯映画祭に参加したこともあり、今回は原田さんを偲んで「ツィゴイネルワイゼン」や遺作となった「大鹿村騒動記」など、全部で7作品を特集します。題して「原田芳雄さんは活きている」。原田さんの姿は観客の皆さん、スタッフ、まちの人々の心にずっと生きている。そんな思いで素晴らしい作品の数々が上映されます。

温泉を楽しみながら、映画三昧の1日を楽しんでみては?

■「第28回古湯映画祭」
【開催日時】2011年9月23日(金・祝)~25日(日)
※「古湯ムービーアワード」24日(土)~25日(日)
【開催場所】佐賀市立富士生涯学習センター「フォレスタふじ」
※「古湯ムービーアワード」佐賀市富士支所3階
★料金:
・映画券前売1,600円(映画2本観賞、シンポジウム1回参加)、当日券900円(映画1本観賞)
・フリーパス券7,000円(期間中、映画、シンポジウム、パーティーすべてに参加可)
・古湯ムービーアワード2011入場券500円(当日販売、2日間通し券)

●上映作品:「大鹿村騒動記」「ツィゴイネルワイゼン」「寝盗られ宗介」「JAZZ爺MEN」「僕達急行~A列車で行こう」ほか
※詳細は「第28回古湯映画祭」HPタイムテーブルをご参照ください。
お問合せ:0952-58-2860 富士町古湯映画祭実行委員会

○伊万里バーベキュー列車
【2011年10月8日~2011年10月10日】

10月8日から3日間限定で、松浦鉄道のイベント列車『レトロン号』を利用し、「伊万里牛バーベキュー列車」が運行されます。
キラキラ輝く今エイワンの景色を眺めながら、絶品の伊万里牛のバーベキューと冷たいビールが楽しめる、特別列車の旅。特産品が当たるお楽しみゲームもあります。是非ご参加ください。

【開催日時】2011年10月8日(土)、9日(日)、10日(月・祝)
*運行時間 11:00~13:27
【運行区間】松浦鉄道伊万里駅~たびら平戸口駅
★料金:5,000円(1人前バーベキューセット+飲み放題+運賃等)
・募集人数 先着33名(3人×11テーブル)×3日間
・申込受付期間:2011年9月15日(木)~30日(金)
*満席になり次第締め切り
お問合せ:0955-22-3551 松浦鉄道伊万里駅 (受付時間:9時~18時)

[社団法人 佐賀県観光連盟「あそぼーさが」HPより]
※写真はすべてイメージです。

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

ページ上部へ戻る