全国どこでも対応!


コロナウイルス感染症対策について
[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

ラッピングバスで行く!藤子・F・不二雄ミュージアムの巻

オバケのQ太郎のラッピングバスが来た!

こんにちは!子連れライターMです。

藤子・F・不二雄ミュージアムにGO

子連れでおでかけ、今回は川崎へ

 

僕の特技「パソコンの起動と強制終了」。
ヨロシク!

今日は、川崎市多摩区にある「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ
川崎市営バスでお出かけしました。
ミュージアムは10時に開館のため、始発は9時24分。
小田急線登戸駅(生田緑地口)から出発です。

 

藤子・F・不二雄ミュージアム線

川崎市営バス「藤子・F・不二雄ミュージアム線」は1号車~4号車まであります

 

今日は、あいにくの小雨。
しかも、朝から機嫌の悪い11キロの赤ちゃんを抱っこしながらの撮影。
手ぶれだらけ、アングル変ですが、ご勘弁を!

このラッピングバスは、
登戸駅から「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」へ直行する特別バス。
10分間隔で所要時間は9分です。

川崎市営バスによる運行で、1号車がドラえもん

1号車・ドラえもんのラッピングバス
1号車・ドラえもんバス

2号車がオバケのQ太郎

2号車・オバケのQ太郎バス
2号車・オバケのQ太郎ラッピングバス

3号車がキテレツ大百科

3号車・キテレツ大百科のラッピングバス
3号車・キテレツ大百科バス

4号車がパーマン

4号車・パーマンのラッピングバス
4号車・パーマンのバス

4種類のラッピングバスがあります。

始発は、オバQでした!

オバケのQ太郎ラッピングバス

オバケのQ太郎ラッピングバス

ナンバーは、ドラえもんの誕生日「2112年9月3日」にちなみ
「2112」になっています。

 

バス降車ボタン

これは押したい、押したい!

 

降車ブザーもオバQ!

 

バスのつり革もオバQ

つり革の向こう側にドラえもんの顔が!

 

つり革もオバQ!

 

バスの座席シート

バスの座席シートにもきめ細かな工夫が!

 

シートもオバQですが、シートの横にプチ荷物置き場が!
小さなお子さん連れにうれしい配慮。
マザーズバックをちょいと置けるので、助かります。

実は、バスは満席。
お客さんのほとんどは、アジア系観光客でした。
座りたいなら、少し前に到着した方がよさそうです。

 

藤子・F・ミュージアムの入口

藤子・F・ミュージアムの入口に到着

 

バスは直行なので、あっという間に到着しちゃいます。

 

平日でも混んでる、外国人にも人気のスポット

ミュージアムの入館受付

入館は予約制

 

「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」への入場は、日時指定の予約制。
ローソンから予約できます。

退館時間は指定されていなくて、ずーっと滞在もOK
(ただし、館内への持ち込み飲食は禁止)。

10時から入館しましたが、混雑すぎる感がなく、
我が家の子ども4人連れできても、迷子にならない気がしました。

 

入館前の行列

みんなワクワクですねー

 

開館前ですが、なんとこの行列!
かわいいジャイ子のコスプレをした女の子もいました。

荷物を預けるコインロッカー発見!

 

荷物を預けられるコインロッカー

手ぶらで楽しめますね!

 

100円を入れると使えるタイプで、
利用後は戻ってきます。

子ども連れで荷物が多いママには嬉しい!!

 

ベビーカー置き場

ベビーカーは館内持ち込みNG

 

ベビーカーはこちらに置いていきます。
赤ちゃん連れの方は、抱っこひも必須です。

受付では、チケットと引き換えで「おはなしデンワ」を渡されます。

大人だけでなく、子ども用のアナウンスもあります。
指定の場所で、番号を押せば、音声ガイダンスが流れてきます。
日本語の他、英語、中国語、韓国語にも対応。
また、耳の不自由な方向けに、
音声ガイドの内容を書き起こしたものも用意されているので安心ですね!

 

中へ入るとそこはもう藤子・F・不二雄ワールド!

第1展示室

常設展示会場です

 

こちらは第1展示室。

藤子・F・不二雄先生の、ナマ原画を間近でみることができます。

筆の動きや、細かい描写まで、先生の漫画に対する思いが伝わってきます。

本来、こちらの展示室は「撮影NG」ですが、
今回は取材ということで特別に撮影を許可していただきました。

 

赤ちゃん休憩スペース

赤ちゃん連れでも休憩が楽々!

 

赤ちゃん連れでも安心して休める休憩ベンチ。
まだハイハイの赤ちゃんもOK。
ここで、ママは疲れをとります。
こうした配慮が、本当、うれしい~!

先生の年表や・・・・

 

藤子・F・不二雄先生の年表

藤子・F・不二雄先生活躍の歴史がずらり

藤子・F・不二雄先生の机

藤子・F・不二雄先生愛用の机を再現

 

デスクの上にはなんと!

 

先生の本棚も再現

本がいっぱい!

 

先生の巨大本棚も。
先生は、いつもたくさんの資料に目を通して、漫画を執筆したのだとか。
子どもが読むものだからこそ、
「リアル」を追求したのだそうです。

 

赤ちゃん連れにきめ細かな配慮!うれしい!!

さてお次は2階へ。

どうぶつたちの部屋

2階展示室入口

 

「どうぶつたちの部屋」と名付けられたスペース。
飾られているオブジェは、先生の切り絵作品をもとに制作されたもの。

奥に見える“どこでもドア”をくぐり、展示室に入ります。

こちらは「Fシアター」。

 

Fシアター

ここだけのオリジナル短編作品を上映

 

この日は、
「コロ助のはじめてのおつかい」という短編アニメが上映されていました。
ドラえもんとコロ助が一緒に出ている奇跡のストーリー!

200インチスクリーンを備えた映像展示室で、
100名入れます。

こちらは子どもたちが喜びそうなコーナー。

 

みんなの広場

「みんなの広場」では、“すこしふしぎ体験”が楽しめるそう

 

手を触れると動いたりする画面も。

 

手を触れると動く動画

翻訳こんにゃくだ!

 

ちょっと遊んでみました。

 

コミックがいっぱい

読み始めたら止まらない!

まんがコーナー

先生の作品が読み放題!

 

先生の作品がずらり。

 

ガチャガチャ

ドラえもん型のガチャポン!

 

ストラップがいっぱい入ったガチャガチャ。

 

キッズスペース

未就学児だけが入れるスペース

 

靴を脱いで入るので、ハイハイ赤ちゃんでも大丈夫です。

 

木製のおもちゃ

木製のおもちゃ

 

なるほど、赤ちゃん夢中!

 

赤ちゃんも安心して遊べます

安全に配慮した遊具がいっぱい

 

ひたすら遊んでいました。

キッズスペースで母は一休み、一休みーーー。

 

授乳室

赤ちゃんコーナーもゆったり!

 

おむつ交換台が2つ、ミルクママのために、浄水給湯器まであります!
離乳食の飲食OK。

清潔でうれしい!

 

授乳用ベンチ

長椅子も広々

 

これだけ広いと、授乳待ちがなさそう。

 

加湿器

加湿器もほら、このとおり!

 

藤子・F・不二雄ミュージアム仕様。

 

カフェメニューも夢いっぱい!全部制覇したくなります

さて、小腹が空いたので、ミュージアムカフェへ。

 

ミュージアムカフェ

3階にあるカフェ

カフェメニュー

先生の作品にちなんだオリジナルメニューがいっぱい

 

残念ながら、離乳食はないそうです。

フレンチトーストの「アンキパン」を注文したいところでしたが。

 

コロ助のカルボナーラ

コクのあるクリームたっぷりのパスタ

 

こちらにしました。「コロ助のカルボナーラ」。
うちでも作ってみようかな。

ミュージアムカフェは、
ランチタイムになると行列ができるくらい混雑するそうです。
私が入ったのは、11時。混み合う前の時間でした。

そして1階にもどって、おみやげコーナー。

 

ミュージアムショップ

かわいいキャラクターが続々!

 

ファンにはたまらない限定グッズだらけです。

 

人気のお菓子缶

ミュージアムバスをかたどったお菓子缶

 

ミュージアム直行バスをモチーフにしたお土産発見!
人気のお土産らしく、あちこちで販売していました。
「ミュージアムバス 缶入りフィナンシェ」(1080円)。

他にも、こんなお土産があります。

 

かわいいおみやげ

カップケーキになったキャラクターたち!

 

クリアファイル、かわいい!!

 

キャンディ

キャラクターキャンディ

 

やっぱり大人気はこちら。

(お土産に買って帰ったら、上の子、3人の小学生たちが
すかさず開封してしまいました・・・)

 

キャラクターの顔の飴

全部顔になってる!!!

 

ドラえもん、ドラミちゃん、パーマン、コロ助、チンプイたちの5種類、15個。

かわいい!かわいい!!

外には記念撮影スポットがいっぱい

もちろん、ミュージアムの外にも遊び心満載の展示物がいっぱい~。

こちらは、きこりの泉のきれいなジャイアン。

 

きこりの泉

ドラえもんのひみつ道具のひとつ

 

レバーを動かすと、美しいジャイアンがぬうっと現れます。

シュールです。

「きこりの泉」とは、
汚いものを入れると、女神さまがきれいになって出してくれます。
そこに誤って泉に落ちてしまったジャイアンが、
顔はもちろん心まできれいになって出てきたというオチです。

懐かしい~!

 

屋外スペース

おなじみの光景

 

土管のある空き地や・・・

 

ピー助のオブジェ

映画でおなじみのピー助

 

劇場版ドラえもんの第1作「のび太の恐竜」に登場。
2006年にもリメイクされていますね。

この日は、お別れ遠足なのでしょうか、
幼稚園集団にもたくさん遭遇しました。

人気の撮影スポットです。

 

パーマン1号と2号

おさぼり中のパーマン1号・2号

 

回りは生田緑地に囲まれているので自然がたっぷり。
芝生に囲まれた屋外スペースをもっと撮りたかったのですが・・・
実は、今日は、あいにくの雨。

残念。

また、お天気のいい日にリベンジしたいです。
(もちろん4人の子連れで!?)

帰りも直行シャトルバスです。

 

帰りはドラえもんのラッピングバス

ドラえもんカラーのラッピングバス

 

ドラえもん仕様でした。
行き同様、帰りも満席です。

 

降車ボタンおしちゃった

降車ボタンももちろんドラえもん

 

ピンポーン。
・・・・・・あっ!

 

降車ボタン

押しちゃってた・・・

 

気づいたら、赤ちゃん、降車ボタンを押してしまってました・・・。
しまった・・・油断してた。

でも、安心してください!

バスは直通運転。
ボタンは、最後まで点灯していましたよ。ホ。

 

<取材・撮影協力>
■川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
〒214-0023
神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号
Tel:0570-055-245(受付時間 9:30~18:00)
http://fujiko-museum.com/

入館料:
大人・大学生1,000円、高校・中学生700円、子ども(4歳以上)500円
※3歳以下は無料

開館時間:10時~18時
入館は日時指定で1日4回(入れ替えはなし)
(1)10:00~ / 入館締切時間 10:30
(2)12:00~ / 入館締切時間 12:30
(3)14:00~ / 入館締切時間 14:30
(4)16:00~ / 入館締切時間 16:30

休館日:毎週火曜日、年末年始(12/30~1/3)、臨時休館あり

交通:
小田急線およびJR南武線
登戸駅より川崎市営バス(シャトルバス)(大人210円、小児110円)
小田急線向ヶ丘遊園駅より徒歩16分、JR南武線宿河原駅より徒歩15分

※ミュージアムには駐車場はありません。
貸切バスで訪れる場合は「生田緑地東口パーキング」を利用してください。
大型バスは1時間500円、30分ごとに250円加算されます。
問い合わせ先)Tel:044−922-6646

※団体予約については、以下に問い合わせを!
藤子・F・不二雄ミュージアム団体予約センター
受付時間 9:30~17:30(土日祝日を除く)
Tel:03-5949-1347/FAX:03-5396-8140
メール:fujiko_dantai@jbn.jtb.jp

<写真提供>
■川崎市営バス(川崎市交通局)
藤子・F・不二雄ミュージアム線の運行については下記を参考にしてください
http://www.city.kawasaki.jp/820/page/0000039191.html
川崎市川崎区砂子1-8-9 
Tel:044-200-3232

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

最近の投稿

  1. 阿蘇外輪山
    熊本出発でおすすめのBBQ場を大特集!自然豊かな熊本にはアウトドアが楽しめるスポットがいっぱいありま…
  2. デイキャンプ送迎バス
    人気のデイキャンプ送迎でバスを利用する場合の、バス料金やオススメのバスタイプなどをご紹介!デイキャン…
  3. 2019バステクin首都圏より
    第6回バステクin首都圏が2020年10月30日(金)に「埼玉スタジアム2020」で開催決定!新型コ…
ページ上部へ戻る