全国どこでも対応!

[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

バスフェスタ2015 in Tokyoレポ~バス車両編~

3人の子連れが行く!
代々木公園にはおもしろバスがいっぱいだった

こんにちは!編集部Mです。
10月3日に開催された「バスフェスタ2015 in Tokyo」をレポートしますよ!

bus_festa2015_00

今回は1年生女児を抜いた(チアリーディングで不在)、
赤ちゃん(7か月)、小学3年生男児、
年中女児の3人を連れてのお出かけ。

場所は、東京・代々木公園のケヤキ並木。
当日は、北海道のうまいものが大集結する
「北海道フェアin代々木」も開催されていて、
そちら目当ての人出も重なり、辺りは人人人・・・

bus_festa2015_01

(よく迷子にならなかったな・・・)

バスフェスタでは、バス車両の展示のほか、
グッズ販売やバスキャラのステージイベント、クイズ、
抽選会などが開催されます。
バスとの綱引きもあったり、楽しいことが盛りだくさん。
バス好きのちびっこに、ぴったりのイベントです。

さっそく、バス車両の見学です。

skyduck

まずは、日の丸自動車興業の「スカイダック」。
水陸両用バスとして、大人気の観光バスです。

bus_festa2015_02
bus_festa2015_05

行列に並んで、ようやく車内に入れました。

bus_festa2015_03

「オレは、7か月になりまちた。」(赤ちゃん)

bus_festa2015_06

運転席を見学。
「水陸両用バス」のため、
運転するには、バスの2種免許と、船舶免許の両方が必要だそうです。
興味津々の長男が、質問攻め。

bus_festa2015_06

座席からの眺め。高いです。

bus_festa2015_07

まどがオープンタイプの観光バスだけに、解放感たっぷり。

bus_festa2015_08

「おーい」。

bus_festa2015_09

バスの車内、座席の下には救命胴衣があります。

bus_festa2015_10

ちなみにスカイダックの車体の下はこんな感じ。
ボートの船底からタイヤが出てる感じ?

bus_festa2015_11
bus_festa2015_11

バスからの乗降りも専用のステップを使います。
気を付けて、気を付けて・・・

さて、お次はいすゞの「ボンネットバス」。
レトロな外観の車両に、長男、大興奮。

bus_festa2015_12

製造年式は1966年。乗車定員は26席。
三重交通(株)の路線バスとして活躍。
映画「フラガール」やNHKバス旅番組などに出演とあります。

bus_festa2015_13

後姿はこんな感じ。
当時はこのスタイルが最もポピュラーだったそうで、
中扉は手動ドアで車掌さんが開け閉めしていたとか・・・。

bus_festa2015_13

こちらも大行列ができていました。

お姫様気分で移動?!
夜行高速バス「プリンセスロード」

bus_festa2015_14

神姫バスの「プリンセスロード」は、
渋谷~姫路・神戸をつなぐ夜行高速バスです。

bus_festa2015_15

車内は、3列独立シートで、ゆったりとした空間です。

bus_festa2015_16
bus_festa2015_20

うれしいオットマン(足置き台)がある上に、各座席に仕切りカーテンもあります。
これだと睡眠もばっちり。女性にはうれしい車内です。

bus_festa2015_16
bus_festa2015_18

母、赤ちゃんをずっと抱っこしていたので、リラックス中ー。

bus_festa2015_19bus_festa2015_21

トイレはバス中央、車体の下の方に・・・。
あっ、ぶれた・・・。

こんなバスだったら長旅でもラクラクですね!

bus_festa2015_22

4台目は、関東バスの「都内最後の三扉車」。
子どもたち、『三扉車』が貴重なバスである意味が、よく分からず、スルー。

bus_festa2015_22

ということで補足。

日産ディーゼルのもので、昭和39年、
日本で初めて採用され、平成7年まで走っていました。

乗車定員は72名。降車口を2か所にすることで、
終点で一度に多くのお客様がスムーズに降りれるのがメリット。

bus_festa2015_23bus_festa2015_24

途中のバス停ではイチバン後ろの扉だけを開け、
バスを降りたお客様とバスが不用意に接触しないように考えたそうです。

5台目は、バスのデザインコンテスト受賞作品のラッピングバス。
「このバス、乗りたい!乗りたい!」と次女。

bus_festa2015_25

確かに、子ども心をくすぐるイラスト。
時間がないので、乗車せず。次のバスへ行きます。

bus_festa2015_26

ちなみにバスフェスタで毎年行われている「バスのデザインコンテスト」は、
小学生以下の子どもたちにバスの車体外観デザインに使用する絵を
募集しています。

国土交通省大臣賞を受賞した作品は、
都内近郊を走る路線バスの車体にラッピング。

今年は所沢発着の西武バスの車体に描かれています。
自分の書いた絵が町を走るって最高ですね!

bus_festa2015_27bus_festa2015_28

フェスタのオープニングでは、
コンテストに入賞した子どもたちの表彰式が行われました。

入賞作を描いたのは小学生の男の子。

ちなみに、我が家も応募しましたが・・・。
見事、落選・・・。
来年、また頑張ります!

お次は、はとバスの「ピアニシモⅢ」。
はとバスって黄色のイメージだけど、こちらは黒。

bus_festa2015_28
bus_Festa2015_29

こちらもやっぱり行列・・・。

ピアニシモⅢはいすゞのガーラを使用。
2014年に国内最高の安全性を追求し、リニューアルしたものだそう。

革張りシートの内装で、
シートはゆったりめの3列配置。

bus_festa2015_30

シートは白なので、明るい印象の車内です。

bus_festa2015_31

バスの一番後ろには化粧室、トイレがあります。

bus_festa2015_32bus_festa2015_32

お茶をサービスできる給湯スペースも
かなり本格的。

bus_festa2015_33

「貴賓室の旅」専用車として
日帰りや宿泊のバスツアーに活躍。
ちょっとお高いですが、ゆとりのあるバス旅を楽しみたいお客様に
人気だそうです。

bus_festa2015_34bus_festa2015_34

はとバスでは運転手さんとガイドさんの衣装も用意。
運転席に座ったり、ガイドさん気分で記念撮影ができるようになっていました。

その次は、東武バスセントラル「スカイツリーシャトル(R)」。
東京スカイツリータウン(R)と上野・浅草地区を結ぶシャトルバスです。

bus_festa2015_36
bus_festa2015_37

一見すると、普通のバスのように見えますが・・・。

bus_festa2015_38

なんとスカイツリーを車内から眺められるように、天井がガラス張りになっています。

bus_festa2015_39

きもちいいーーー!

bus_festa2015_39

バスの床も木目調で癒されます。

「スカイツリーシャトル(R)」は、いすゞエルガミオを使用。
中型バスをベースに天井部分をガラス張りに改造しているそうです。
外観のデザインは「粋」と「雅」をイメージしたもの。

bus_Festa2015_40

そして、ナンバープレートにも注目。
「634」とは、スカイツリーの高さ!こんなところにも
こだわっているんですねー。

ちなみにこのシャトル。

上野駅・上野公園から東京スカイツリータウン(R)までは約30分。
浅草雷門からは約10分で結んでいます。
お得な一日乗車券は大人420円、子ども210円とリーズナブル。
すべてがこのガラス張り天井のバスではないそうなので、
運が良ければ乗れます・・・。

現代から昭和に再び、タイムスリップ!

神奈川中央交通の代燃車「三太号」。

bus_festa2015_40

資源の乏しかった戦中・戦後に活躍した、木炭で走るバスです。

このボンネット型薪バスは、
資料がだんだん失われてしまい幻となってしまうのを危惧し、
自走可能な代燃車として制作。昭和56年に復元したものなのだとか。

こちらが、その木炭。

bus_festa2015_41

バス後方部には薪ガス発生装置がついています。

bus_festa2015_42

薪を入れて燃やすのですが、空気通路を小さくし、
薪を蒸し焼きにすることでいったん木炭化させます。
そのときに水生ガスが発生し、その濃度を高めてエンジンの爆発力を
つくりだすしくみだそうです。

bus_festa2015_43

運転席、なんとも味があります。

bus_festa2015_45

昭和25年製のトヨタ6気筒ガソリンエンジン車に、
同年製のバスのボディの骨格を取り入れています。

bus_festa2015_44

外装はもちろん、内装も当時の工法、技法をなるべく踏襲し、
解体材をできるだけ活用しながら、すべて手作りにより、約8ヶ月かけて復元したそう。

bus_festa2015_47

乗車定員は40名。1回の貯薪可能走行距離は約55㎞~60㎞。

bus_festa2015_48

そして昔のバスは、ステップが高い!
降りるのがちょっと大変だった、4歳児。

bus_festa2015_49

さようなら~~~

最後のバスは、立川バス「すみっコぐらしバス」。
かわいいバスで、子どもたちのお気に入りに!

bus_festa2015_50
bus_festa2015_51

「すみっコぐらし」は、リラックマでおなじみのサンエックスのキャラクター。
作者はよこみぞゆりさん。
日本人は「隅っこが好き」という気もちをテーマに生み出されたキャラクターです。

バスは三菱ふそうエアロスターS(2009年製)を使用。

バスの外観にはもちろん、
車内にもキャラクターがいっぱい!

bus_festa2015_52
bus_festa2015_53

こんなバスなら、子どもたちもぐずらずに
楽しく乗れそう!

bus_festa2015_55

すみっコぐらしのバスに乗りたい人は
立川バスのホームページを参照してくださいね♪
http://www.tachikawabus.co.jp/sumikko_top

と、ここで、あまりの人出に、4歳児が迷子になりそうな事件が発生・・・!

bus_festa2015_54

ぐったりしてしまった4歳児は、
「お腹すいた」「帰りたい」とぐずり始めたのですが・・・
そのとき、あのバスキャラが現れて・・・!

後半は、バスキャライベントなどをお伝えします。

――(続く)――

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

最近の投稿

  1. 女子トイレ数最多の道の駅・ぎのざ
    沖縄自動車道・宜野座ICから車で約5分、那覇からも約1時間程度とアクセス抜群の道の駅「ぎのざ」。沖縄…
  2. 奈良・吉野水分神社
    奈良は古い歴史を誇る人気の観光地。有名な東大寺や春日大社だけではなく、熊野へ続く修験道の道や古墳がた…
  3. 早朝のJR奈良駅
    古代史マニアが行く!奈良2泊3日旅行。個人だから仕方なくレンタサイクルで激走するプランです。本当は古…
ページ上部へ戻る