全国どこでも対応!


コロナウイルス感染症対策について
[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

福井へ観光バス旅行!おすすめの休憩スポット「名田庄」

校倉造の素朴でおしゃれなおおい町の道の駅

道の駅「名田庄」

(C)福井県観光連盟

道の駅「名田庄」は、福井県大飯郡おおい町の国道162号沿いにあります。福井県南西部に位置し、京都府と滋賀県に隣接するおおい町は海と山に囲まれた自然豊かな町です。道の駅グランプリでアメニティ部門総合デザイン賞を受賞した駅舎は、木造平屋建・校倉造。道路利用者の休憩施設として、また、歴史・文化・物産等の情報提供の場として活力ある地域づくりの一役を担っています。

PR物産館では人気の「自然薯(11月中旬~12月中旬の期間限定発売)」「名田庄漬」などが人気です。隣接するホテル「流星館」内のレストラン「銀河」では、季節の海の幸山の幸を楽しむことができます。そば処「よってっ亭」では名物「じねんしょそば」を味わえます。

「名田庄」のグルメ情報

●レストラン「銀河」(ホテル流星館内)

若狭湾の新鮮な魚介類と山で採れる野趣豊かな幸を使い、料理長が腕を奮います。季節に応じて「鮎づくし」「ぼたん鍋」などのコースも楽しめます。
[営業時間]18:00~21:00

●名田庄そば処「よってっ亭」

地元名産の自然薯をつなぎに使った「じねんじょそば」を味わうことができます。シンプルな「ざるそば」や「月見そば)」が人気。自家製あずきがたっぷり乗った「小倉ソフト」「抹茶ソフト」も隠れた人気です。

「名田庄」周辺の見どころ

●暦会館(駅に隣接)

暦会館

(C)福井県観光連盟

名田庄は、室町時代から江戸時代にかけて、平安時代の有名な陰陽博士「安倍晴明」の子孫「土御門家」の人たちが住み、朝廷や将軍家のことを占ったり、祈祷をしたり、暦を作ったりしていた荘園でした。それら歴史資料を展示している博物館です。
[開館時間]9:00~16:00(毎週水曜日、年末年始休館)
[入館料]大人200円、小中学生100円

「名田庄」おすすめのお土産情報

●名田庄漬

地元名田庄でとれた新鮮な野菜を原料としています。野菜の甘みを十分引き出した素朴な味が人気です。

●自然薯

自然薯

(C)福井県観光連盟

11月中旬から12月中旬までの期間限定販売。予約は一年中受け付けています。自然薯をつなぎにつかった「じねんじょそば」も人気。

●研磨炭

研磨材と言えばクリームクレンザーがその主役となっている今、環境にやさしい「研磨炭」を生産しているのは、名田庄のみとなっています。鍋のこげ落とし、包丁のさび落としなどに。

information
施設名:道の駅 名田庄
アクセス:
舞鶴若狭自動車道 大飯高浜ICより車で30分
小浜ICより車で50分
JR小浜線 小浜駅よりあいあいバス名田庄線終点流星館下車
住所:福井県大飯郡おおい町名田庄納田終109-4-1
電話:0770-67-2255
開館時間:9:00~18:30
休館日:毎週水曜日
駐車場:普通車15台 大型バス2台 身障者用2台
トイレ:男性用7器 女性用6器 身障者用2器
※最新情報は公式ホームページを参照してください

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

ページ上部へ戻る