全国どこでも対応!

[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

福岡へ観光バス旅行!おすすめの休憩スポット「おおき」

循環のまちづくりを目指す大木町に誕生、食と農をテーマにした大木町の道の駅

道の駅「おおき」は、国道442号大木大川バイパス沿いにあります。周辺はのどかな田園風景と堀割(クリーク)がひろがる癒しの空間となっています。

三潴郡(みずまぐん)大木町は水郷柳川に隣接した農業の町。古代「水沼の縣(あがた)」と呼ばれる沼地で、三潴郡の名称は水沼が変化して名づけられたと言われています。

湿地帯を肥沃な農業用地にするため、先人が営々と作り上げたものが「堀(クリーク)」で、町全体を網の目のように巡らされています。近年では、生活廃水による集落内の掘(クリーク)の汚濁が問題化しており、住民団体を中心とした、再生への取り組みが盛んに行われています。

大木町では「循環のまちづくり(バイオマスタウン構想)」を目指しており、生ごみなどの再資源化に取り組んでいます。その拠点として平成18年11月にスタートしたのが「おおき循環センター くるるん」。町内からでたごみをメタン発酵し、エネルギーと肥料にリサイクル。その肥料で作られた野菜を駅の直売所で販売したり、レストランで提供したりと、ユニークな試みが行われています。

施設内の照明は太陽光や風力発電などの自然エネルギーを利用するなど、環境への配慮が感じられます。電気自動車(EV)用の急速充電器は、おおき循環センターくるるんのバイオマス発電を利用した電力で供給されています。

駅の直売所「くるるん夢市場」は鮮度抜群の農作物だけではなく、農業体験や収穫イベントなども主催。本格的な石釜を設置したピザ処も2013年に完成しました。健康地域応援レストラン「デリ&ビュッフェくるるん」では、地元で採れた野菜・お米を中心に健康食を提案しています。この他、芝生公が広がる「くるるん公園」、収穫体験ができる「くるるん農園」を併設。車で約2分ぐらいのところには、天然温泉・大木の湯「アクアス」もあり、便利です。毎年行われる黒大豆収穫体験は人気のイベントになっています。

「おおき」のグルメ情報

●健康地域応援レストラン「デリ&ビュッフェくるるん」

ビュッフェ形式で野菜たっぷり、化学調味料や添加物を極力控えたヘルシーな食事が楽しめる自然食レストラン。田舎料理、家庭料理、イタリアン料理など、メニューも常時40種類とバリエーション豊富。スイーツも10種類以上のプチケーキなどがあり、チョコレートファウンテン(チョコレートとホワイトチョコレートの2種類)も楽しめます。ご飯は地元産のおいしいお米を竈炊き。天然酵母で焼いたパンもおススメ。
毎週土曜日15時15分~17時、デザートビュッフェを開催。
[営業時間]ランチタイム 11時~14時/カフェタイム(土曜以外)15時~18時/ディナータイプ 18時~21時(木・金・土のみ予約を受け付け、2,000円からコース料理を提供)

「おおき」周辺の見どころ

●大木の湯「アクアス」

源泉100%かけ流しの天然温泉。県内でも有数の名湯といわれています。あふれたお湯は循環せず、すべて排水しているのでとても衛生的。プールにも天然温泉を使用しています。

1階はひのき風呂や岩風呂などがある和風呂ゾーン、ジャグジーや座湯、打たせ湯などがある洋風呂ゾーン、ケアプールや運動浴ができるプールゾーンに分かれています。

には休養室、レストランがあり宴会もOK。平成15年には10kwの太陽光パネルを設置し、地行共同発電所としても機能しています。

●クリークの里 石丸山公園

平安時代、日本でも屈指のクリーク地帯だった大木町。その農耕文化の遺産をできるだけ自然のまま保存していくために作られた公園です。

魚、野鳥、昆虫、水辺の植物などを自然のままの姿で観察できるほか、大型アスレチック遊具や帆船、足踏み水車なども設置されています。敷地内にあるクリーク資料館では、昔の道具なども展示。春は桜、梅雨時はあじさい、菖蒲、冬は梅や山茶花など、花見も楽しめます。

「おおき」おすすめのお土産情報

●もぎとりきのこ

全国有数のきのこの産地大木町ならではのユニークな販売方法。ビンに生えたきのこを直接もぎ取って購入します。ブナシメジ、えのきだけ、エリンギなど。

アルプス原産の幻のきのこ「雪麗茸(ゆきれいだけ)」は陸のアワビと呼ばれています。日本では初めて、大木町が栽培に成功。雪をかぶったように真っ白で、アワビのようなこりこりした歯ごたえが特徴だそう。1cm程度にスライスしてバターで炒めるとバツグンの美味しさ。

●博多アスパラガス

きのこの廃菌床堆肥を使用して栽培。緑色で穂先が締り、食味がよいことで人気があります。

●博多あまおう

九州の穀倉地帯と呼ばれる筑後平野の中心部にある大木町。中でも「あかい・まるい・おおきい・うまいの高級いちご」あまおうは福岡県内でも有数の産地になっています。このあまおうを使用した「美酢あまおう」もフルーティでおススメ。

●ひしの実

9月~10月頃に収穫期を迎える筑後地方の秋の味覚。栗に似た実で、滋養強壮、肉体疲労、二日酔いにいいとされ、地元では昔から親しまれています。秋になると、はんぎりに乗ってクリークでひしの実取りをする光景が見られます。

●塩きなこクッキー ママタルト

地元産大豆でつくったきな粉や小麦でつくられている隠れた逸品。

information
施設名:道の駅 おおき
アクセス:
西鉄天神大牟田線「八丁牟田駅」より徒歩約15分
九州自動車道「八女IC」より車で約10分
住所:福岡県三潴郡大木町大字横溝1331-1
電話:0944-75-2150
開館時間:9:30〜18:00(10月〜3月)/9:30〜18:30(4月〜9月)
休館日:偶数月の第1水曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場:普通車:96台 大型バス:6台 身障者用:2台
トイレ:男性:10器 女性:14器 身障者用:2器

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

最近の投稿

  1. バステクin首都圏2019開催決定
    第5回バステクin首都圏が2019年11月18日(月)に、会場を京成ドライビングスクールに移して開催…
  2. 2019年「第14回NASVAマネジメントセミナー」では、交通事故で被害にあわれた方の特別講演を含め…
  3. 関西エリア出発のバス旅行で人気が高いのは、やっぱり淡路島!瀬戸内海に浮かぶ島の中で最も大き…
ページ上部へ戻る