全国どこでも対応!

[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

福岡へ観光バス旅行!おすすめの休憩スポット「うきは」

フルーツの里、グリーンツーリズムの町の情報発信基地、浮羽町の道の駅

道の駅「うきは」は、久留米市と大分市を結ぶ国道210号沿いにあります。駅のあるうきは市浮羽町は昔からフルーツの里として有名で、柿、梨、巨峰、桃、イチゴなどの名産地として知られています。

うきは市福岡県の南東部に位置し、大分県日田市に隣接。福岡空港までは車で約1時間程度の距離にあります。南に耳納連山、北に筑後川の清流が流れる豊かな田園地帯。2005年3月に浮羽郡吉井町と浮羽町が合併して誕生しました。

つづら棚田

森と清流と棚田のふるさととして、グリーンツーリズムに積極的に取り組むうきは市。市内には「日本の棚田百選」「日本の名水百選」「水源の森百選」と3つの百選があります。林野庁が推奨する「森林セラピー基地」としても福岡で初めて認定を受けました。街並みも白壁の街並みやくど造り民家など、昔ながらの風情が残され、観光先としても楽しめるスポットがたくさんあります。

駅の建物は熊本県北部から佐賀県にみられる民家の形式「くど造り」がモチーフ。「くど」とは竈(かまど)の別称で、草ぶきの屋根の棟がコの字型になっているのが特徴。上から見た形が竈のようにみえることからそう呼ばれています。

駅が建っている大野原台地は古くから「西見台」と呼ばれてきました。大変眺望がよく、展望デッキからは遠くに連なる山々と一面に広がる田園ののどかな景色が一望できます。野菜ソムリエ(ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスター)のいる物産館「西見台」には、550名にもおよぶ地元生産農家が登録しており、農作物や果物類、お花などがともかく豊富で鮮度抜群!近隣の農家からは随時補充され、大勢のお客様でにぎわっています。

施設内にはこの他、食彩館、観光協会、家宝資料館、ミニ棚田、四季の花畑、レストランがあります。

「うきは」のグルメ情報

●ファーストフードコート

地元産の小麦粉とねぎで焼いた「タコ焼き」、旬の果物と地元松野牧場の牛乳を使った濃厚ソフトクリームは秀逸!うきは限定の柿とカボスを使った「かぼす柿ソフト」も好評です。寒い時期はあったかいスープも登場。ほうれん草やトマトスープもおいしい!松野牧場牛乳を使った手作りプリンもあります。

「うきは」周辺の見どころ

●筑後川温泉

昭和30年開湯、筑後川の中州に温泉街が広がっています。杷木ICからは車で約5分とアクセスもよく、夏には鵜飼い鑑賞が楽しめます。主な泉質は単純泉と放射能泉(ラジウム泉)。近くにはフルーツ観光農園がたくさんあります。

●つづら棚田

曼殊沙華が咲くつづら棚田

「日本棚田百選」に選ばれた新川地区の山の斜面に広がる棚田。面積約7ヘクタール、300枚程度、約400年ぐらい前のものになります。初夏の田植え時期はもちろん、秋(9月頃)には棚田を縁取るように彼岸花が咲く美しい光景が有名。「棚田inうきは 彼岸花めぐり&ばさら祭」を毎年開催。棚田オーナー制度もあります。
[棚田オーナー制度]
・年会費:37,000円
(収穫したつづら棚田米30㎏か、地元特産品詰め合わせが選べる「ふるさと宅急便」を年4回送付)
・毎年3月上旬にうきは市ううきは市ホームページにて募集
・申し込み用紙をダウンロードし、必要事項を記入後、FAXまたはメールにて、うきは市農林・商工観光課まで送付。

●白壁通り(うきは市筑後吉井伝統的建造物群保存地区)

筑後吉井重要伝統的建造物群保存地区

江戸時代、久留米有馬藩と日田天領を結ぶ豊後海道の宿場町として栄えたうきは市吉井町。蝋燭、酒、麺、精油などの製造で財を成した「吉井銀(よしいがね)」と呼ばれる豪商たちを輩出しました。白壁造りの商家が軒を連ねる景観は「西の倉敷」とも呼ばれています。平成8年(1996)に国の重要伝統的建造物群地区に選定。平成18年1月には、居蔵の館、鏡田屋敷につぐ3番目の伝統的建造物の公開施設として「町並み交流館商家」がオープン。見学のほか、喫茶や地元の食材を使った食事もできる施設になっています。

「うきは」おすすめのお土産情報

●ひのひかり米、ゆめつくし米、棚田米

購入した玄米をその場で精米してくれるのでとてもフレッシュ。とくに棚田米は生産量が少ないため希少です。恵まれた自然の中で、粒の大きな良質のお米。しっかりとした食感とほどよい粘りが楽しめます。

●うきはオリジナルワイン

巨峰、柿、あまおうで作ったワイン。フルーツの里ならではのおいしいお酒になりました。

●ミネラル栽培農作物

平成21年9月より販売開始になった特別な野菜。精密な土壌診断を行い、ミネラルを豊富に含んだ土づくりに取り組みました。健康な野菜や果物をぜひ味わってみてください。うきはで扱っている農作物(野菜)の一部は東京の「恵比寿三越」でも販売されています。

information
施設名:道の駅 うきは
アクセス:
豊前ICから車で10分(東九州自動車道豊前ICより国道10号線北九州方面へ10分)
椎田南ICから車で5分(東九州自動車道椎田南ICより国道10号線大分方面へ5分)
住所:福岡県うきは市浮羽町山北729-2
電話:0943-74-3939
開館時間:9時~18時
休館日:第2火曜日、12/31~1/4
駐車場:普通車:98台 大型バス:8台 身障者用:3台
トイレ:男性:12器 女性:8器 身障者用:2器

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

最近の投稿

  1. バステクin首都圏2019開催決定
    第5回バステクin首都圏が2019年11月18日(月)に、会場を京成ドライビングスクールに移して開催…
  2. 2019年「第14回NASVAマネジメントセミナー」では、交通事故で被害にあわれた方の特別講演を含め…
  3. 関西エリア出発のバス旅行で人気が高いのは、やっぱり淡路島!瀬戸内海に浮かぶ島の中で最も大き…
ページ上部へ戻る