全国どこでも対応!


コロナウイルス感染症対策について
[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

鹿児島へ観光バス旅行!おすすめの休憩スポット「くにの松原おおさき」

大きなカブトムシが目印の大崎町の道の駅

道の駅「くにの松原おおさき」

(C)K.P.V.B

大隈半島の中心部にある道の駅「くにの松原おおさき」は、国道220号線沿線にあり、銀色に輝く大きなカブトムシが目印です。「くにの松原おおさき」がある大崎町は食の宝庫。物産館にはアップルマンゴー、アンデスメロン、パッションフルーツ、ハウスみかん、アールスメロン、でこぽん、いちご、みかん、きんかんなどのフルーツの他、ちりめん、黒豚など地産品を取り揃えています。

道の駅の裏手は「大崎ふれあいの郷公園」で芝生広場や遊戯施設、日本庭園などもあり、楽しくゆったりとした時間を過ごせます。イチオシは駅のすぐ近くにある「あすぱる大崎」。露天風呂などの嬉しい温泉施設の他にも、地元の新鮮な食材をふんだんに使用した料理が楽しめ、広々としたお部屋への宿泊も可能です。近隣には合宿に最適な大崎町体育館などスポーツ施設があり、サッカー、フットサル、バレー、バトミントン、テニス、ビーチバレー、ビーチサッカー、合気道、剣道などに各種対応しています。

道の駅のある志布志湾岸にある大崎海岸は、全長7kmに及ぶ白砂青松の海岸で、防風林として植えられた数百万本ものクロマツが広がる風光明媚なエリア。その中心は日南海岸国定公園及び白砂青松日本100選に登録された「くに(救仁)の松原」と呼ばれており、潮干狩り・投げ釣りが楽しめます。この海岸は、環境省及び県の絶滅危惧種に指定されているアカウミガメの上陸産卵地であり、コアジサシの産卵地ともなっています。「くにの松原」内には、キャンプ場やプールなどがあり、家族連れなどでにぎわっています。

四季折々で花を楽しめる香花円も車で20分ほどの場所にあります。数百本の桜並木と、数千本のツツジが咲き誇るこの場所は、隠れたお花見の名所として愛されています。

「くにの松原おおさき」のグルメ情報

●「あすぱる大崎レストラン」

地産地消をモットーにしているこのレストランのイチオシは市場に出回らないこだわり飼育の大崎産極上黒豚。とんかつ、しょうが焼き、しゃぶしゃぶ、鉄板焼きなど、黒豚を使ったメニューが楽しめます。この他、『桜島鶏』や志布志湾で獲れた地魚を特選会席・レストランメニューあり。野菜にもこだわっており、大崎町及び周辺市町村の生産者直送の新鮮野菜を使用。
[営業時間]10:00~16:00/17:00~21:00

「くにの松原おおさき」周辺の見どころ

●競走馬のふるさと・南九州案内所(日本軽種馬協会九州種馬場)

南国の温暖な気候を生かして強靭な競走馬が調教されている様子を見学できます。民間牧場では調教の様子をみるだけではなく、一般馬への乗馬体験なども可能。干潮時に横瀬海岸で海岸調教が行われており、競走馬ファンにはたまらない観光スポットです。

●横瀬古墳

県内で2番目に大きな前方後円墳。古墳時代中期(5世紀後半)のもので、明治時代に盗掘された際には、直刀や鎧、勾玉類が出土したと言われており、その後の調査では周濠の存在も確認されています。被葬者は中央政権から派遣された相当の権力者といわれており、出土品は大崎町中央公民館の資料室で見ることができます。

「くにの松原おおさき」おすすめのお土産情報

●懐かしふるさとの味

よもぎ餅、けせん団子(紫いも、からいも団子(竹の皮)、すしの具、焼肉のたれ、ゆべし、かあちゃんみそなど、昔ながらの手づくりで防腐剤、添加物は未使用。母ちゃんのまごころがこもった、ふるさとの味が楽しめます。

●明日葉

町特産の明日葉を使用した健康食品。お茶や青汁、サプリメントタイプといろいろあります。
宇治の抹茶を使用した「抹茶くず湯」や「しょうがくず湯」などもおススメ。

information
施設名:道の駅 くにの松原おおさき
アクセス:国道220号を鹿屋市から志布志方面へ車で30分
住所:鹿児島県曽於郡大崎町神領2419
電話:099-471-6666
開館時間:
店舗・売店 9:00~18:00
レストラン 10:00~16:00、17:00~21:00
喫茶・軽食 10:00~21:00
温泉 6:30~8:30、10:00~23:00
宿泊施設 15:00~翌10:00
専用グランドゴルフ場 7:00~日没まで
休館日:第3火曜日
駐車場:普通車:270台/大型バス:6台/身障者用:3台
トイレ:男性:22器/女性:20器/身障者用:2器
その他:温泉「あすぱる大崎 松韻乃湯」

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

ページ上部へ戻る