全国どこでも対応!

[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

みんなでしあわせになるまつり2015レポ~前編~

「みんなでしあわせになるまつり2015」、
通称「みんしあ夷隅(いすみ)」を取材してきましたー

レトロバスが似合う、
田園風景が広がるいすみ市

雨模様ですっきりしないお天気の中、
千葉県いすみ市刈谷商店街で「レトロバス」の乗車体験ができる!

isumi_chirasi

ということで、編集部Iが取材に行ってきました。

いすみ市というと鉄道ファンならすぐに思い浮かべるのが「いすみ鉄道」です。

isumi00

「いすみ鉄道」は千葉県房総半島にある大原や大多喜町、
いすみ市内を走るローカル列車。
春には沿線を黄色に彩る菜の花で有名です。
美しい田園風景の中、ゴトゴトと揺られながら
のんびり旅を楽しめるので人気の路線になっています。

「いすみ鉄道」は廃線寸前だったという万年赤字路線でしたが、
一般公募で社長に就任した元サラリーマンの鳥塚社長。

鉄道ファンに人気の「キハ52」、「キハ28」を購入してリニューアル。
本格的なイタリア料理などを提供する「グルメ列車」に仕立て上げ、
いまでは売出しと同時に完売する人気コースになっています。

この「レストラン・キハ」は、
40代以下のカップルや女性がターゲットだとか。

「経済的にも時間にも余裕がある人」ではなく、
身近にある「小さな幸せ」を楽しめる人。

そのスピリットは「みんなでしあわせになるまつり」にも
息づいているような気がしました。

さて、おまつりの会場になっている「刈谷商店街」へは
「国吉駅」で下車。

kuniyoshi

改札を出てすぐ右手は「車両展示第3会場」です。

isumi_matsuri_01

「みんしあ夷隅」は、昭和の旧型自動車を集めたお祭り。
もともとは宮城県栗原市が発祥で、
千葉県房総半島のローカル線である「いすみ鉄道」とのコラボで
ここいすみ市でも2011年から始まったそうです。

isumi_matsuri06

昭和の車約50台が刈谷商店街に集結。
ボンネットバスは茨城県石岡市の会社員、
小島さんが個人で所有するものだとか・・・。

isumi_maturi02

第3会場入ってすぐ左手にあった日産・シビリアン。

isumi_matsuri05

こちらは展示車両ではないようですが、
とりあえずパシャリ・・・。

isumi_matsuri07

でもってこちらの軽トラック。
東急くろがねベビー(昭和36年式)とあります。

軽四輪でボンネットがない初めてのスタイル。
エンジンは荷箱後部の上に置き、
車体の中央に荷物を積み込むようになっています。
初めてみました・・・(まだ生まれてないし!)。

isumi_matsuri08

映画「ALWAYS三丁目の夕日’64」に出演した車両だそう!

isumi_matsuri08

こちらも同じ映画出演車両。
三菱レオ 軽三輪トラック(昭和36年式)で、
わずか3年で生産ストップ。現存者は10台前後だといわれている希少な1台。

isumi_matsuri09isumi_matsuri10

写真向かって左は「ダイハツ ミゼット」、
右は「マツダGLTB77」の小型三輪トラック。

isumi_matsuri11isumi_matsuri12

初期の三輪トラックはオートバイの後ろに荷台を
つけただけというスタイルで、その後、
フロントガラスや屋根ホロドアなどがつくようになったとか。

確かにエンジンの感じはバイクです!
またがって運転するしね・・・。

この他にも懐かしいスタイルの乗用車やミニバンなど
まだまだ現役で走っている車がいろいろ展示されていました。

いすみ鉄道公認アイドル「BOSO娘」が大活躍!

さて、メイン会場へ向け、歩行者天国を歩いていくと
左手に野外ステージが見えてきました。

isumi_matsuri13

オープニングセレモニーに登場したのが
劇団いすみっ子と仲間たち。
そして、いすみ鉄道公認アイドル「BOSO娘」です。

「BOSO娘(ぼーそーむすめ」は、
千葉県房総の笑顔を元気を日本中に発信するため、
2013年10月にオーディションで選ばれた6人で結成されたそう。

メンバーは星野くるみさん、川原結衣さん、藤咲奈々花さん、
槻島ももさん、本多なつきさん、二宮羽菜さん。
興味のある人は公式サイトをぜひチェック!
http://bosomusume.com/

いすみ鉄道公認のご当地アイドルで、
応援ソング「イエローサンシャイン」という曲で
2014年4月にデビューを果たしたそうです。

isumi_maturi15

後ろの方にはいすみ鉄道のシンボルでもある
黄色いムーミン列車をかぶった人も見えますねー。

isumi_matsuri16

地元のみんなで盛り上げようと頑張っている様子が
とても伝わってくるアツいステージでした。

ボンネットバス乗車体験へ急げ!急げ!!

いろいろ目移りしてなかなか先に進めない編集部I・・・。

「ボンネットバスがそろそろ発車しますよ~」の声を聴き、
慌てて会場に向かいます。

isumi_matsuri17

乗車場所は田園の美術館とも呼ばれている「郷土資料館」前。

ちなみに資料館では、地元出身である狩野派の始祖、狩野正信氏にちなみ、
狩野派の作品を中心にした特別展示や
夷隅町の歴史をテーマにした展示などを行っています。

ボンネットバスは、
全部で3台が会場入りし、昭和の鉄道車両が多数保存されている
「ポッポの丘」まで約7~15分を結びます。

乗車は無料で、10分~15分間隔で会場を往復。
いすみ鉄道の線路脇を通りながら、
田んぼが広がるのんびりとした田園風景の中を走るコースです。

isumi_matsuri18

ボンネットバス脇に立つ、向かって左端の方がバスの所有者、小島さん。
行きはこの小島さんが運転手を務めてくれました!

isumi_matsuri19

さっそく乗り込みます!
とても簡素でシンプルな運転席。
ハンドルも細くて取り回しが大変そう・・・。

isumi_matsuri20

バス車内の様子です。
ベンチシートで補助席もついています。
床はもちろん板張り。

isumi_maturi21

先ほど、バスの脇にいた車掌さんが乗り込み、
「発車、オーライ!」の掛け声とともに出発!

「トラックの躯体にバスの座席を乗せているので大変揺れます。
ジェットコースターなどのアトラクションに乗っていると思って、
レトロバスの乗り心地を楽しんでください!」

車掌さんの楽しいアナウンスとガイドを聞きながら
バスは進みます。

周りは時間が止まったような田舎の風景。
青々とした田んぼの向こうを、別のレトロバスが走っていきます。
まさに「The 昭和」です。

isumi_matsuri21

少し雨模様ということもあり、
昨年より人出が少ないとのこと。
レトロバスに乗る人の列も短く、すぐに乗れました。

isumi_matsuri22

目的地の「ポッポの丘」に到着~♪

isumi_matsuri21

「ポッポの丘」は、房総で活躍した国鉄183系電車クハ183-21、
113系クハ111-1072、クハ111-2153の3両、カットモデルが展示されています。
入場は無料。

isumi_matsuri23

中はお土産ショップやカフェになったり・・・。

isumi_matsuri26
isumi_matsuri24

ちなみにおススメは「TKG」。
たまごかけごはんです。

というのもこちら「ファームリゾート鶏卵牧場」が
やっているテーマパーク。

昔、農家の庭先で飼われていた鶏が産んだ卵の味を再現しようと
はじめた「庭先たまご」を販売しています。

その懐かしくもたくましい味を食べられるようになっています。

isumi_matsuri25

卵はお土産に購入することも可能。
1個60円で好きな数だけ購入でき、自宅への発送もOK。
規格外のものは1個40円です。

isumi_matsuri27

編集部Iは規格外の卵を購入。
自宅でさっそく千葉の新米ごはんを炊いて、
TKGしましたが・・・超美味!!
卵臭さが全然なく、コクがあってとってもおいしかったです。

ぜひ、みなさんもお試しあれ!

さて、次のレトロバスがやってきました。
行きとは違う車両です。

isumi_matsuri28

帰りはこちらに揺られて帰ることにしましょう!

――(後編につづく)――

 

■「みんなでしあわせになるまつり」
公式HP:http://minshia.jp/
<問合せ窓口>
いすみ市商工会
info@isuminavi.jp

■ファーム・リゾート鶏卵牧場「いすみポッポの丘」
公式HP:http://keiranbokujo.com/nojo_isumi.html
千葉県いすみ市作田1298
Tel: 0470-62-6751
営業時間:10時~16時(年中無休)

■いすみ鉄道
公式HP:http://www.isumirail.co.jp/

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

ページ上部へ戻る