全国どこでも対応!


コロナウイルス感染症対策について
[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

初夏の岩手でお祭り&前沢牛を満喫!

ayame
[写真は毛越寺のあやめ祭り]

東北地方の6月は長い冬を乗り越えた喜びの季節。
田植えや山開きなど各地で様々なお祭りや伝統行事が開催されます。
土着の歴史を感じるのもよし、前沢牛をお腹いっぱい食べてもよし。
青空の下で様々なお祭りを楽しんでみてはいかがでしょうか!

●チャグチャグ馬コ
cyagucyagu

国の無形民俗文化財に指定され、平成8年には
環境庁「日本の音風景100選」に選定さた
岩手の初夏の風物詩『チャグチャグ馬コ』は、
色鮮やかな装束で着飾った馬約100頭が
滝沢市鬼越蒼前(おにこしそうぜん)神社で参拝し、
盛岡八幡宮までの15キロの道のりを約4時間かけて行進する伝統行事です。
歴史は古く、200年以上前から行われてきました。
水を張ったばかりの水田のあぜ道を、
鈴と蹄を響かせながら練り歩く馬の姿はとても可愛らしいです。

【開催日】平成26年6月14日(土)
【行進ルート】滝沢市鬼越蒼前神社~盛岡駅前~中津川~盛岡八幡宮 ※予定
【問い合わせ】チャグチャグ馬コ保存会(盛岡市役所内)TEL 019-651-4111(代)

<関連イベント>
【チャグチャグ馬コ前祝祭】
6月14日(土)のチャグチャグ馬コのプレイベント。
鮮やかな衣装の馬コとの記念撮影、民謡チャグチャグ馬コの手踊り披露も。
馬コに触れたりもできます。チャグチャグ馬コ本番前に、ぜひお楽しみください。

【開催日】6月13日(金)
【場所】盛岡駅滝の広場、イオンモール盛岡
【問い合わせ】019-626-7539(盛岡市 商工観光部 観光課)

【チャグチャグ馬コ写真撮影会】
本番前日に鬼越蒼前神社にて行われる写真撮影会。
華やかな馬コや菅笠にかすり姿のかわいらしい“あねっこ”を
カメラに収めるため全国から多くの写真愛好家が集まります。

【開催日】6月13日(金)
【場所】鬼越蒼前神社
【問い合わせ】019-684-2111(滝沢市役所商工観光課)

【チャグチャグ馬コてくてくツアー】
「チャグチャグ馬コ」をより深く知るツアー。盛岡ふるさとガイドと共に、東北唯一の馬具店「塩釜馬具店」等を巡りパレードを見学します。また参加者には記念品プレゼントも。

【ガイドコース】・・・全行程徒歩移動
11:30 盛岡駅滝の広場 出発 → 不来方橋経由(御厩橋・桜の馬場解説)
→ 塩釜馬具店見学 → チャグチャグ馬コの碑・賢治清水 → もりおか歴史文化館
→ 中ノ橋周辺にてパレード見学(ご希望の方はこちらにて解散)
→ 中津川原にて馬コ装束 見学 → 13:40 解散

【日時】 2014年6月14日(土) 11:30~14:00
【料金】 大人1名1,000円 (高校生以上)
【定員】30名(最少催行人数 5名)
【募集期間】2014年5月1日(木)~2014年6月11日(水)
【お申込み方法】電話によるお申込み
■受付ダイヤル 019-604-3305(観光文化情報プラザ)

●前沢牛まつり
maezawa_gyu

日本最高峰の前沢牛を青空の下で味わうイベント。
今回は岩手県出身の千昌夫さん、新沼健治さん、
大沢桃子さんの3人による歌謡ショー(14:00~)や、
前沢牛を使った料理を楽しめる「前沢牛グルメ屋台」や、
牛の鳴きまねコンテスト(受付 9:30~、子供の部 11:00、大人の部 11:40)、
お楽しみ大抽選会(13:00)など見どころ、
食べどころ満載のイベントとなっております。

【日時】6月1日(日) 午前9時半~4時
【場所】岩手県奥州市前沢区「いきいきスポーツランド」
【問い合わせ】0197-56-2111(前沢総合支所 産業振興課 観光物産係)

■ご当地グルメ情報
【奥州はっと】
hatto

小麦粉を練り熟成させて薄くのばした生地を茹で上げた
「はっと」をすいとんのようにして食べます。
語源は伊達藩主から食べることをl禁止された「ご法度」からきています。
「和風れすとらん 牛の里」で「前沢牛入り奥州はっと」840円、
「吉兆寿司」では「はっと汁」420円が食べられます。

「前沢牛専門店 和風れすとらん 牛の里」奥州市前沢区向田1-5 0197-56-6115
「吉兆寿司」奥州市前沢区字塔ヶ崎21-7 0197-56-5906

●いちのせき賑わい「ど市」
恒例となったいちのせき賑わい「ど市」。一関のみならず両磐・岩手県南、
宮城県北にも定着したイベントとなっています。
毎年5月から10月(8月は除く)の第1土曜日に錦町水天宮通りを会場に
5回開催される。開催時間は午前9時30分から午後2時30分まで。
野菜、海産物、菓子、工芸品、味自慢屋台、フリーマーケット等のほか
、毎回お楽しみイベントが行われます。

【日時】6月7日(土) 9時半~14時半
【場所】一関市錦町水天宮通り(歩行者天国)
【問い合わせ】0191-23-3434(一関商工会議所)

■立ち寄り情報
●みちのくあじさい園
ajisaien

今年は7/1からオープンするあじさい園。
一関市にあり、約2kmも杉林に囲まれた散策路の両脇に
300種3万株のあじさいが咲く自然の中にある公園です。
お食事どころや休憩所もあるので、ゆったりと探索できます。

【開園】7/1~ 午前9時~午後5時※土日は7時半開園
【場所】岩手県一関市舞川原沢111
【料金】大人800円 こども 400円 カート料金おひとり300円
【問い合わせ】0191-28-2349(みちのくあじさい園)
開園期間外 0191-23-2350(一関観光協会)

●くずまき高原牧場まつり
東北一の酪農地帯葛巻とくずまき牧場の乳製品や
特産品をPRするためのお祭りです。羊の毛刈り体験や牛の乳搾り体験の他にも、
くずまき高原牛フェスタや歌謡ショーなどイベント盛りだくさんです。

【日時】6月14日(土) 15日(日) 10時~16時
【問い合わせ】0195-66-0555(くずまき交流館 プラトー)

■立ち寄り情報
●森と風のがっこう cafe森風
標高700mにある集落の廃校を再利用したエコスクール。
「もったいない、ありがたい」を合言葉に
エコロジカルな循環型の暮らしが実感できる施設。
施設内の「cafeもりかぜ」は廃材などを利用して作られた味のある建物で、
珈琲やお茶の他、地元の食材を利用した日替わりランチ、
手作りの石釜で焼き上げるピザがいただけます。
営業日が限られてますのでご注意ください。

【場所】葛巻町江刈42-17
【問い合わせ】0195-66-0646(森と風のがっこう)

●たのはた牛乳まつり
この「たのはた牛乳まつり」では、
村内で生産された搾りたての新鮮な牛乳を使った、
「たのはた牛乳」や「田野畑アイスクリーム」、「飲むヨーグルト」などが、無料で配られます。他にも、郷土芸能や牛の乳搾り体験、小動物との触れ合いなどもあって、ご家族で1日を過ごせます。

有料で郷土食のコーナーもあり、懐かしい味を堪能できます。

【日時】6月15日(日) 10時~16時
【場所】田野畑村尾肝要 カントリーレストランたのはた
【問い合わせ】0194-34-2080(たのはた牛乳まつり実行委員

■立ち寄り情報
●北山崎
kitayamazaki

高さ200mの大断崖が8kmに渡り連なるリアス式海岸です。
日本の海岸風景の中でも最も迫力のある海岸美を誇り、
(財)日本交通公社のおこなった観光資源評価
海岸の部では国内唯一最高評価の「特A級」に認定されています。
近くまで行ったら絶対訪れたい絶景ポイントです。

【場所】岩手県下閉伊郡田野畑村北山
【問い合わせ】0194-33-3248(田野畑村総合観光案内所)

[写真提供:公益財団法人岩手県観光協会 http://www.iwatetabi.jp]

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

ページ上部へ戻る