全国どこでも対応!


コロナウイルス感染症対策について
[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

香川から日帰りできるBBQ場特集!送迎はぜひ貸切バスで

直島のビーチ
直島のビーチ

瀬戸内海を臨む香川県。オリーブ栽培で有名な小豆島やアートの島として注目を集める直島など、離島ライフも楽しめるエリアです。

日本のエーゲ海とも称される瀬戸内海を望むグランピング施設「ベッセルおおち 瀬戸内グランピング」は、施設内に温泉も湧くリゾートとして注目度満点。期間限定運営でしたが、2020年5月にはロッジ・ログハウスをリニューアルオープンし、予約が取りにくいほどの人気です。

ベッセルおおち 瀬戸内グランピング
(引用元:PRtimes)

泊りがけで東かがわ市の地物を使った贅沢なBBQを楽しみたいグループはぜひ予約してみては?SUPや焚火もたのしめますよ。

父母ヶ浜(ちちぶがはま)
父母ヶ浜(ちちぶがはま)

この他にも“映えスポット”として大人気の父母ヶ浜を臨む仁尾にオープンした「NIO SUNSET PEAK」や三豊市にある「Glamorous Camping Twilight Village」、直島にある「SANA MAME」、「camp tiki-tiki 小豆島」など、絶景ロケーションを臨むグランピング施設が香川県に続々。注目です。

今回は香川出発で移動時間2時間程度でアクセスできる、おすすめのBBQ場をまとめてご紹介!ぜひ参考にして楽しい日帰りレジャーを企画してくださいね。

≫バーベキュー送迎にオススメの貸切バス詳しくはこちら

香川出発でおすすめのBBQ場3選

津田の松原
津田の松原

全国で1番小さい県でありながら、人々を魅了する香川県。四国の中でも1・2位を争う都市機能を有する一方で、温暖な気候が特徴で、白砂青松と多島美を誇る瀬戸内海や、讃岐山脈などの豊かな自然に恵まれています。

今回は、移動距離が手頃で、香川の自然が楽しめるBBQ場3つを厳選してご紹介。

  1. 国営讃岐まんのう公園
  2. タツタの森
  3. みろく自然公園

それでは、それぞれおすすめポイントを詳しくご紹介していきましょう。

国営讃岐まんのう公園

讃岐まんのう公園

日本最大級の溜池「満濃池」に隣接する、四国唯一の国営公園です。1年を通して季節の花々が咲きほこり、大型遊具や芝生広場、五つ星認定を受けているキャンプ場などがあって、大人も子供もたっぷり遊べます。

讃岐まんのう公園 満濃池

バーベキューは、入園料のみで利用できる「お花見広場バーベキューコーナー」の他、キャンプ場「ホッ!とステイまんのう」、手ぶらBBQ「竜頭の里」の3か所で楽しめます。シーンによって会場や食材の有無が選べるのは嬉しいですね。

<基本情報>
公式ホームページ
住所:香川県仲多度郡まんのう町吉野4243-12
問い合わせ先:0877-79-1700
利用時間:9時30分~公園閉園時間まで
定休日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~12月31日、1月のの第4水曜日から金曜日 ※無休期間があるため要確認
入園料:大人(15歳以上)450円※団体290円、シルバー(65歳以上)210円、こども(中学生以下)無料
食材セット:現在休止中(竜頭の里の手ぶらBBQは利用可)
器材レンタル:あり(オートキャンプ場ホッ!とステイまんのう 0877-79-1717)
売店:あり(炭)
バス駐車場:大型車28台(1,050円)

<貸切バス送迎料金相場>
高松駅8時30分出発(17時30分帰着)で国営讃岐まんのう公園のバーベキュー場まで往復送迎した場合
(9時間・70㎞利用)
・大型観光バス 68,805~99,110円(税込)
・中型観光バス 58,476~83,776円(税込)
・マイクロバス 49,676~71,709円(税込)
※バスは返さず、国営讃岐まんのう公園で待機。

タツタの森のBBQ場

タツタの森キャンプ場

柏原渓谷にある、棚田の跡地につくられたキャンプ場です。春は桜、夏は川のせせらぎ、秋は紅葉、冬は星空と、自然に囲まれて過ごせます。

川沿いにあるデイキャンプサイト

日帰り利用できるデイサイトは川沿いにあり、景色を眺めながらバーベキューができます。テーブルとイスはありますが、BBQ用具や食材などは持込が必要です。

<基本情報>
公式ホームページ
住所:香川県綾歌郡綾川町枌所東3808 
問い合わせ先:087-878-3340
利用時間:9時~日没まで
利用料金:デイサイト 1区画最大10名1,000円
売店:あり(炭、薪、物産品)
器材レンタル:鍋セット
バス駐車場:乗用車100台

<貸切バス送迎料金相場>
高松駅8時30分出発(17時30分帰着)でタツタの森のバーベキュー場まで往復送迎した場合(9時間・60㎞利用)
・大型観光バス 67,705~97,570円(税込)
・中型観光バス 57,486~82,456円(税込)
・マイクロバス 48,906~70,609円(税込)
※バスは返さず、タツタの森で待機。

みろく自然公園のBBQ場

花と緑に囲まれた多目的レジャーランド。自然いっぱいのレジャーエリアをはじめ、宿泊や合宿、レクリエーションができる「ゆ~とぴあみろく」や歴史民俗資料館などで構成されています。

ビールで乾杯

森林の中にあるBBQテラスでは、のんびりと語らいながらバーベキューが楽しめます。炭も持込なので忘れずに。公園のすぐそばにある「みろくふれあい市場」で、新鮮な野菜やお肉が手に入りますよ。

<基本情報>
公式ホームページ
住所:さぬき市大川町富田中3286
問い合わせ先:0879-43-5200
定休日:水曜日・年末年始、12/28~2/29
利用時間:10時~、又は16時~(5時間以内)
予約:要予約
利用料金:1人300円
設備利用料:
 バーベキューかまど・1台:300円(5時間以内)
 バーベキュー台(5人用):1,500円
 バーべキュー台(8人用):2,000円
持込:バーべーキューテラスへのコンロ持込不可(キャンプサイトはOK)
バス駐車場:乗用車270台(大型バス可、無料)

<貸切バス送迎料金相場>
高松駅出発8時30分出発(17時30分帰着)でみろく自然公園のバーベキュー場まで往復送迎した場合(9時間60㎞利用)
・大型観光バス 67,705~97,570円(税込)
・中型観光バス 57,486~82,456円(税込)
・マイクロバス 48,906~70,609円(税込)
※バスは一旦返して、終了時間にお迎え。

記事内で紹介したバス料金は、すべて目安です。
※バス会社から乗車地までの回送代は含みません。
※別途実費(高速道路、有料道路代、観光地の駐車場代、施設入場料など)が必要です。

【四国エリア出発でおすすめのBBQ場特集】
徳島香川愛媛高知

離島へ足を延ばしてBBQ!貸切バスのフェリー料金は?

高松港・フェリー
高松港

小豆島や直島へはフェリーを利用すれば渡れます。所要時間は高松港から小豆島まで約60分、直島までは約50分の船旅です。

リゾート気分を味わいたいなら、離島へ渡ってBBQを楽しむのもいいですね。フェリーを使用した場合の貸切バス料金はどうなるのでしょうか?

この場合、フェリーに乗車している時間を貸切バス運賃として加算。運転手を含む利用者の運賃に加え、バスのフェリー乗車料金を実費として支払います。

小豆島・エンジェルロード
小豆島・エンジェルロード

小豆島までならマイクロバス片道8,280円、中型バス片道11,500円、大型バス13,970円。乗車運賃は15名以上で割引になりますので、大人片道630円×人数分となります。

直島までならマイクロバス片道7,250円、中型バス片道10,430円、大型バス12,410円。乗車運賃は15名以上で割引になりますので、大人往復470円×人数分となります。

往復割引が適用されるので、詳しくはフェリー会社に問合せしてみましょう。

小豆島フェリー株式会社
四国汽船株式会社(直島)

小豆島には「オートビレッジYOSHIDA」や「ふるさと村キャンプ場」が日帰りBBQに利用可能。直島なら「つつじ荘(夏季限定・持ち込み不可)」で可能です。

ただフェリーでの移動時間がかかるので、日帰りではちょっともったいないかもしれませんね。

香川から日帰りBBQには貸切バスで送迎が便利!

送迎バスはお任せください

大人数で楽しむBBQは楽しいもの。合宿やサークル旅行のアクティビティとしてもぴったりです。

一度に大勢で移動できる貸切バスは、車内でも盛り上がれるので、親睦を深めるのにおすすめですよ。途中で観光を楽しんだり、帰りに日帰り温泉に立ち寄ることもできますよ。

貸切バスの種類について
大型観光バス中型観光バス小型マイクロバス

▼ 関連コンテンツ
≫送迎バスについてもっと詳しく
≫貸切バスの料金目安
≫貸切バスは乗車人数で選ぼう!バスの種類のご案内
≫貸切バスの予約について
レンタルバスは運転手付きがオススメ

貸切バス料金を安く抑えるならバス会社の「比較」がポイント

より安く、お得な料金で貸切バスを手配したいなら、見積りを取り寄せ、バス会社をしっかり「比較」するのがコツです。 見積り依頼はWebから24時間受付。バス会社から回答があったら、料金だけではなく、担当者の対応やサービスなどもしっかり比較しましょう!

  • STEP1
    希望条件を入力
  • STEP2
    料金見積りが到着
  • STEP3
    バスを予約
貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

最近の投稿

  1. 神奈川県内の送迎バス利用方法と料金目安について
    結婚式送迎に貸切バスはとっても便利。今回は神奈川県内出発で県内の結婚式場・ホテルなどまで送迎した場合…
  2. 部活の遠征送迎バス料金の目安
    学校の部活で練習試合や遠征で送迎バスを借りたい場合、およその料金目安をお伝えします。今回は大阪府内で…
  3. 夏休みや秋の連休を活用して少年野球・サッカーチームなどで合宿をする場合、送迎バスはいくらぐらいかかる…
ページ上部へ戻る