全国どこでも対応!

[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

イタリア、バカンス中の路線バス事情

こんにちは。

ローマ在住のHです。

現在イタリアはバカンスシーズン真っ只中です。

ローマ名所・コロッセオ

ローマを代表する名所「コロッセオ」

 

イタリアの路線バスは、観光地の路線でなければ、公立学校が休みになる期間(6月初旬から9月中旬の約3か月間)になると大抵、本数が減らされるバカンスモードに入ります。

厳密に言えば、ローマでは6月中は幼稚園だけは希望者のみ、6月いっぱいまで通園するので路線の本数の減少は無く、7月に入ると3分の2ほどに減らされ、8月には半分以下にまで本数が減らされる路線もあります。

もちろん、普通にバス通勤している人には大打撃です。いくら日本に比べて長めに夏休みをとれる人が多いとはいえ、3か月夏休みのある社会人はいないのですから・・。(公立学校の先生は2か月強の夏休みがあります。うらやましい限りですね。)

私も8月に通勤のために路線バスを利用していましたが、かなり早く家を出てもなかなかバスが来ず、大変困りました。

時刻表は始発の時刻しか存在しないのですが、時刻表通りには運行してないことも多いので、運を天にまかすしかない状況です。結局、いつもより1時間半も前に出勤する羽目になっていました。

散々待った後の、お目当てのバスが来たときの喜びは言葉にし尽せません。

ローマ城壁を通過する路線バス

ローマ城壁を通過する路線バス

 

数年前まで8月といえば、皆が一斉にバカンスに行き、店などもほぼ閉まっており、ローマはゴーストタウンと化していたと言っても過言ではなかったでしょう。

今は8月でも開いている店も多くなり、夏休みの休暇をとるのを8月は避けて、6、7月にとる人も増えてきました。

ですが、まだまだ市民の数が大幅に減少する傾向は変わらないので、8月の路線バスの本数減少は避けられないようです。

こんな状況で、渋滞も大幅に減るため、路線バスがバカンスモードの間、普段バス通勤の人も、マイカーで移動をすることが多いのです。

一年定期を購入している人にはなんだか不服な状況ですが、これもイタリア名物と思って大きな目で見るしかないようです。

文化の違いとは、本当に思わぬところに現れるものですね。

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

最近の投稿

  1. バステクin首都圏2019開催決定
    第5回バステクin首都圏が2019年11月18日(月)に、会場を京成ドライビングスクールに移して開催…
  2. 2019年「第14回NASVAマネジメントセミナー」では、交通事故で被害にあわれた方の特別講演を含め…
  3. 関西エリア出発のバス旅行で人気が高いのは、やっぱり淡路島!瀬戸内海に浮かぶ島の中で最も大き…
ページ上部へ戻る