全国どこでも対応!

[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

安全対策に取り組む「めだか交通」の場合

バス会社が取り組む安全対策。今回は石川県鳳至郡にあるバス会社「めだか交通」
をご紹介したいと思います。

創業以来、取り組み続けている安全対策の中から、今回は「車両整備」「事故補償」「運転者教育」にフォーカスしてご紹介します。

●車両整備について
貸切バスでは、自家用車と異なり、厳しい検査が行われています。
毎日の運行前・運行後にも点検は必ず行われていますが、法令で定められた点検は、3ヵ月ごとと年一回の車検があります。

「めだか交通」では、契約の大型車専用工場やバスディーラーで行っており、万が一、出先で起きたトラブルでも、全国ネットで対応できるような体制をとっています。心強いですね!

めだか交通①

●事故補償
写真は、車内に掲示されている「事故が起きたときの対応」です。

めだか交通②

「めだか交通」では日本興亜損害保険と契約し、対人・対物共に無制限、搭乗者保障として1名に付き2000万円・入院日額15,000円通院10,000円の内容で加入しています。創業以来、一度も保険事故は起こしていないため、割引額は大きいとのことでした。

ここで幹事さんに注意していただきたいのは、バス会社が備えている保険は、バス乗車中の事故に対してだということ。旅行中の盗難や怪我、賠償責任などに対しては別途、国内旅行保険に加入するようにしましょう。

●運転者教育
バスの運転者に対しては、どのような教育を行っているかというと…。

1:NASVA(独立行政法人自動車事故対策機構)の適正診断を定期的に受診。
ドライバー個々が持っている長所や短所(くせ)をチェック。それに応じたアドバイスを行い、安全運転につなげているそうです。

めだか交通③

写真は乗務員マニュアル。表紙には“日本一のドライバーになるための7つの法則”とあり、安全運転に取り組む「めだか交通」さんの『熱い思い』が伝わってきますね。
さらに、

2:運転者の健康管理マニュアルを作成し、活用しているそうです。

その他にも…。

3:警察署ご協力による交通安全・安全運転の講習会の開催。
4:季節毎の運転時の注意事項、積雪路面、スタック時の訓練など。
5:アルコール検知器による徹底管理。
6:石川県警本部との連携による、交通事故速報などリアルタイムな情報の入手・伝達、などを行っています。

めだか交通④

また、車内には消毒液が常備されています。不特定多数の方が利用するバス。「清潔への安全性」にも気配りが行き届いていますね!

めだか交通⑤

めだか交通⑥

私たちが安全なバスの旅を楽しめるのも、毎日、毎月、1年と積み重ねてきた努力の支えがあってこそ。これからもどうぞよろしくお願いします!

めだか交通⑦

(取材協力・写真提供:めだか交通)

※「めだか交通」ではセーフティバス一つ星を取得しています。

■「めだか交通」で貸切バスを手配するならこちら!

▼ 関連コンテンツ
≫安全な貸切バス会社の選び方
≫セーフティバス(貸切バス事業者安全性評価認定制度)とは?
≫セーフティバスだけじゃない!安全なバス会社を見分ける方法
≫セーフティバス取得以上に大変?!維持すること、ランクアップすること

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

最近の投稿

  1. バステクin首都圏2019開催決定
    第5回バステクin首都圏が2019年11月18日(月)に、会場を京成ドライビングスクールに移して開催…
  2. 2019年「第14回NASVAマネジメントセミナー」では、交通事故で被害にあわれた方の特別講演を含め…
  3. 関西エリア出発のバス旅行で人気が高いのは、やっぱり淡路島!瀬戸内海に浮かぶ島の中で最も大き…
ページ上部へ戻る