全国どこでも対応!


コロナウイルス感染症対策について
[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

千葉へ観光バス旅行!おすすめの休憩スポット「ちくら・潮風王国」

海の幸がいっぱい!磯遊びもできる千倉の道の駅

道の駅「ちくら・潮風王国」は、館山富津自動車道を利用し、富浦ICから千倉方面へ向かった国道410号沿いにあります。ちなみに千倉町は2006年に富浦町や富山町などと合併し、現在は南房総市になっています。

田舎の風景が広がる道の駅

周辺は「七浦地区」と呼ばれ、外房の海を流れる黒潮の影響で大変温暖なエリア。真冬でも霜の降りない「無霜地帯」で、千倉の中でも白間津(しらまづ)の花畑は大変有名です。

昔ながらの田舎の風景と海辺のリゾートとしてのおしゃれな側面を持ち、サーフィンを楽しむ人でにぎわっています。

第一千倉丸のレプリカを展示

第一千倉丸のレプリカを展示

千倉港など4つの漁港で水揚げされる魚の他、海女や海士が素潜りしてとるアワビやサザエ、伊勢海老などもご当地グルメとして人気を博しています。日本で唯一の料理の祖神をまつる「高家神社」や、4年に一度日枝神社で行われる奇祭「白間津の大祭(おおまち)」は大変有名です。

「白間津の大祭(おおまち)」は、半農半漁の村である白間津に伝わるもので、ササラ踊り、トヒイライ、エンヤボウ、酒樽萬燈などの芸能が奉納されます。芸能の担い手には性と年齢による明確な区別があり、地域的な特色が色濃く残っています。1,000年以上の歴史の中で祭りの原型をとどめる形で行われてきたことは珍しく、国指定重要無形民俗文化財に指定されています。

「潮風王国」では毎年、8月に「真夏のちくらサンバフェスタ」を開催。海と空をバックに、ミュージシャンによる演奏やサンバのパフォーマンスが繰り広げられます。千倉サンバ名物の「熱帯屋台村」も登場。夜には花火も上がり、大いに盛り上がりますよ!

▼「ちくら・潮風王国」で楽しめるアクティビティやイベント

●フリーマーケット 4月下旬
●潮風マルシェ(青空市) 5月下旬
●潮風王国のあわび祭り 5月~8月
●房総伊勢海老祭り 9月~10月
●「BOSOKART(ボーソーカート)」
オープンタイプのカートで、南房総の道を爽快にドライブできる新しい各ティビティ。先導車がナビゲートするので、気軽に楽しく遊べます。

  • 出発時間:10時、12時、14時(運営時間:10時~15時)
  • 受付:潮風王国内 発着所
  • お問い合わせ:南房総市観光協会(Tel: 0470-28-5307)

 

「ちくら・潮風王国」グルメ情報

●レストラン「はな房」

レストランの窓からは太平洋を一望!千倉白子漁港の定置網から直送されてくる豊富な地魚、千倉産の肉厚アワビ、伊勢海老などを使ったお寿司や海鮮料理が楽しめます。

ご飯はこだわりの長狭米コシヒカリ。ミシュラン東京で2つ星に輝いた老舗料亭「つきじ植むら」の築地総本店で副料理長を務めた料理長が腕をふるいます。中でも伊勢海老をまるごと1尾、10種類以上のネタを乗せた「王様丼(商標登録)」はTVでも取り上げられ有名に。

海女さんが体を張ってとってきたアワビやウニ、いくらを使った「海女の宝石丼(商標登録)」は季節限定。捕鯨基地がある南房総らしく、クジラ料理もあります。また、珍味マンボウ料理もぜひ一度味わってみては?
[施設概要]1F 65席(座敷・テーブル)、特別席45名様まで
※7月~9月は団体予約は受け付けていないのでご注意を。
[営業時間]11:00~21:00、土日祝は10時30分から営業、水曜定休、12~3月、7月~8月は不定休。

●海藻つなぎのそば「和らぎ」

県内では珍しい、つなぎに布海苔を使った「へぎそば」が食べられます。その他、イカの漁師丼、定食類なども。
[営業時間]8時30分~17時、水曜定休、1~4月、8月は無休

●海鮮バーベキュー「なぐろ」

屋外の特設テントで楽しめる海鮮BBQ。エビ、イカ、ホタテ、サザエなどを炭火で豪快にどうぞ。あわびラーメン、サザエカレーなどの軽食もあります。
[営業時間]土日祝のみ営業 11時~14時
[問合せ先]Tel:0470-43-1811

●カフェ&海雑貨「散歩カフェ」

海雑貨も扱うカフェ。特に人気のおすすめ品は、ソフトクリーム、グラタン、カプチーノ。リゾート気分でくつろげます。
[営業時間]9:00~17:00

●しおかぜ コロッケハウス

大型バス専用駐車場前にあります。ここだけのオリジナル「サザエコロッケ」が名物です。地元産サザエを細かく刻み、クリームタイプの生地に混ぜてカリッと揚げてあります。食べるとこりこりとしたサザエの食感が楽しめ大好評。

他にもひじきコロッケやクジラコロッケもあり。揚げたてアツアツをどうぞ。このコロッケを使ったバーガーもあります。
[営業時間]土日祝営業、雨天は閉店

「ちくら・潮風王国」周辺の見どころ

●千田海岸

道の駅の目の前は磯遊びにうってつけの岩礁が広がっています。岩石の地層は1000万年前(新第三紀中新世後期)に、海底1500メートルのところに積もったものだそう。岩と岩の間にはシーグラスや貝殻などが落ちているので、干潮の時にのんびり宝探しはいかがですか?

●七浦地区お花畑

白間津、大川、千田、平磯からなる七浦地区。道の駅「潮風王国」周辺は新年の声を聞くと春の花々が次々と咲き始めます。田んぼの裏作としてはじめられた花の露地栽培、現在ではストック、ポピー、キンセンカ、菜の花、小菊、金魚草、矢車草、ベニジュームがあります。

●高家神社(たかべじんじゃ)

千倉町の谷津(やつ)という集落にある、日本で料理の神様を祀る神社。日本書紀にもその名が記載されており、平安時代の宮中行事を再現した包丁式が、毎年10月17日(神嘗祭)と11月23日(新嘗祭)に奉納されています。

●円蔵院

安房の三巨刹の一つ。名工「後藤義光」の大彫刻「天女と竜」は本道正面の欄間を飾っています。後藤義光は、江戸末期~明治初期に活躍した彫刻師で、千倉の出身。欄間彫刻は1859年に彫られたものです。
境内には数多くのあじさいが植えられ6月下旬頃になると美しく境内を彩ります。高家神社の斜め向かいにあります。

●小松寺

真言宗智山派の寺院で、本尊は薬師瑠璃光如来。文武天皇の御代、役小角の創建といわれ、里見・徳川の朱印寺であったと伝えられています。国指定重要文化財の銅造十一面観音坐像や県指定有形文化財の梵鐘があります。南総里見八犬伝で知られる里見氏の財宝伝説も残されています。
近くには原生林があり、秋の紅葉が美しく、11月下旬ころからはライトアップが行われ、大変幻想的な雰囲気に包まれます。

●千倉海岸

紺碧の海と白い砂浜、そして緑の松林が美しいコントラストを描く海岸。浅井慎平氏が美しい海と絶賛した海岸には、サーファーが年間を通じ訪れ、夏には南千倉海水浴場・瀬戸浜海水浴場を開設します。

●体験農業

みかん狩り・メロン狩りなど、季節によりいろいろな体験農業ができます。「千倉オレンジセンター」ではオートキャンプ場もあり、10月上旬~1月下旬までみかん食べ放題。レモンやオレンジ、甘夏狩りもできます。オートキャンプ場から海までは約5分。海水浴やサーフィンを楽しんでも○。

<千葉への観光旅行おすすめプラン>
・象に乗れる!記念撮影ができる!「市原ぞうの国」~子供とお出かけバスプラン~
・【子供とBBQ】見て可愛い、食べて美味しい“キノコ”まみれのバスツアー
・吉方位で厄払い!?パワースポットへ初詣の巻~香取神宮・成田山新勝寺編~

「ちくら・潮風王国」おすすめのお土産情報

●「海市場ちくら(Tel:0470-43-1611)」

安房南漁協直営のショップ。千倉漁港からその日に水揚されたばかりのアワビやサザエ、伊勢海老の他、乾物や加工品なども充実。

 

●「海鮮うまいもの屋 利左エ門(Tel:0470-40-3020)」

地元の魚問屋直営店。海産物を手作りで加工しています。アジ、サバ、さんま、金目鯛の乾物などの逸品が手に入ります。

●「花とお土産 潮風プラザ(Tel:0470-43-1811)」

花と海をテーマにしたお菓子や雑貨を扱うユニークなショップ。ここだけでしか買えないサザエカレーやさざえ釜飯、ショップ限定のマリンサブレなどがおススメです。

●「アクセサリー とんがり島(Tel:0470-43-1230)」

海をテーマにしたアクセサリーやグッズを扱っています。指輪やブローチなどオリジナルアクセサリーもあるので、楽しい旅の思い出にどうぞ。

●「ギャラリー&ショップ海猫堂(Tel:0470-43-1039)」

千倉在住のイラストレーター、山口マオ氏プロデュースのショップ。マオ猫やワニワニのイラスト、版画、バッグ、レターセットなどオリジナルグッズがいろいろ。年に数回企画展も開催されています。

 

information
施設名:道の駅ちくら・潮風王国
アクセス:JR千倉駅(館山日東バス 白浜千倉線)からバスで約15分
館山富津自動車道、冨浦ICを降りて国道410号線経由で千倉まで
速バス(千葉発、東京発)で「潮風王国バス停」下車、徒歩約1分。
住所:千葉県南房総市千倉町千田1051
電話:0470-43-1811
開館時間:8時~17時(潮風王国)  ※その他施設により異なる
休館日:無休
駐車場:
<潮風王国>普通車130台 大型車10台 身障者用1台
<第2南房千倉大橋公園>普通車20台 身障者用1台
<第3白間津花>普通車27台 大型車3台 身障者用1台
トイレ:
<潮風王国>男性用10器 女性用9器 身障者用2器
<第2南房千倉大橋公園>男性用3器 女性用3器 身障者用1器
<第3白間津花>男性用6器 女性用6器 身障者用1器

千葉県南房総エリアの休憩スポット
道の駅「ちくら・潮風王国」
道の駅「おおつの里 花倶楽部」
道の駅「南房パラダイス」

 

貸切バス旅行の食事・トイレ休憩・お土産購入に便利な道の駅徹底比較!【千葉県編】

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

最近の投稿

  1. 沖縄貸切バス旅行
    那覇空港から観光バスをチャーター!美しい海やテーマパーク、世界遺産など人気のスポットをラクラク周遊し…
  2. 現代ユニバース
    天井換気扇がついていない「ヒュンダイ・ユニバース」や天井高のある「日野セレガR(ハイデッカータイプ)…
  3. 博多ラーメン
    グルメな町・福岡。日帰りではちょっともったいない!太宰府天満宮や海の中道、糸島などドライブが楽しい名…
ページ上部へ戻る