全国対応・リピーター続出・比べてお得[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

長野・戸隠へ日帰り旅行!本当は貸切バスツアーで行きたかった【1】

戸隠神社に日帰り旅行の巻

どうも。編集部Iです。

やっと本当の夏休みを取りました(8月は叔父のお葬式と台風で夏休みです・・・)。

高速夜行バスで長野へ行き、戸隠神社と善光寺参りを日帰りで楽しんで?!きました。

娘が来年就職&国家試験を受けるということで神頼みです。子連れでおでかけ!です(一応)。

果たしてどんな旅になったのでしょうか?まずは1回目は戸隠神社・奥社参り編をご紹介しましょう~。

この後、中社参り&神告げ温泉編善光寺参り編をお届けします!

バスタ新宿から長野へ夜行バスで移動

バスタ新宿から夜行バス

今回は貧乏な学生連れ(本人の分は本人負担!)なので、長野まで夜行バスで移動し、日帰りで戻ってくるという計画。

平日の火曜深夜24時40分発、WILLER TRAVELの夜行バスを選択しました。

大人片道1,900円、学生1,800円(往復割引適用)。や、安いっす。シートは「リラックス」というタイプでした。

出発は「バスタ新宿」から。平日深夜だというのに熱気むんむんで、ひっきりなしにバスが出たり入ったりしています。

普段まったく利用しないので、知らなかったのですが、バスタ新宿施設内はアルコール禁止でした。えええ、残念・・・。

とりあえず乗り込むと、すかさず寝る体制です。

それにしても平日だというのにバスはほぼ満席。意外にお仕事で利用という方も多いのでしょうか。

走行距離約277㎞、時間にして約6.7時間。ということで夜行ですが片道ワンマン運行です(←無駄に詳しい)。

運転手さん、本当にお疲れ様でした!

長野に着きました!空気が東京と違って爽やかです

長野駅東口に到着
WILLERのバス停は長野駅東口にあります。

朝5時45分に着いたので、人気もなく静かです。でも空気が全然違う!!東京とは違う。

「寝なくちゃいけない」というプレッシャーに負けて、ほとんど眠れずに着いたため、2人とも足取りは重く、よれよれです。

長野駅東口と逆にバスターミナルがある

コンビニで朝食を買って、戸隠神社までの路線バスが発着する「アルピコ交通」さんの待合所へ。善光寺側なので東口とは逆の方へ移動しました。

バスターミナルの中ではなく、道路を渡った向こう側。バス停乗り場「7番」を目指してください。

ここで7時ちょうどのぉ~♪戸隠神社行きのバスに乗ります(始発です)。

戸隠神社の奥社まで往復するなら「戸隠高原1日フリー切符」がお得!

アルピコ交通の案内所【70】長野-戸隠高原(ループ橋経由戸隠線)です。観光路線なので、通常とはちょっと料金体系が異なるようです。

アルピコ交通さんの案内所の中に自動で購入できる機械がありますが、こちらは戸隠中社までの片道や往復切符までしか購入できません。

もし、奥社までバスで一気に行くなら、窓口で「戸隠高原1日フリー切符」2,600円(大人)を購入しましょう。長野駅から奥社まで片道1,350円(往復2,700円)なのでお得です。

途中の中社や宝光社、戸隠そば博物館、飯綱高原などの区間を乗り降り自由。帰り善光寺で下車した後、長野駅までの路線バス乗車1回分がボーナスで付きます!

案内所には温かいコーヒーが飲めて、ベンチで休めるので助かりました。

バスで戸隠奥社まで一気に移動

戸隠奥社のバス停

最初の計画だと、まずは宝光社までバスで移動し、そこから徒歩で中社、奥社を目指す予定でしたが・・・。

なんせ高速バスであまり眠れなかったため、体力に自信を失い、奥社までバスで移動する日和見な2人。

しかもなぜか路線バスって眠れるんですよね~。なんででしょうね?

AC/DC並みのヘッドバンキングで揺られること(50代以上の人ならわかるよね?)約1時間。8時8分に奥社バス停に到着しました。

降りたのは私たちを含めて10名ぐらい?半分は中国からのお客様だったようです。

森林浴最高!奥社まで参道を快調に飛ばす!?

奥社の鳥居をくぐる

参道は森の香り(フィトンチッド)でいっぱい!寝不足の脳みそに爽やかな風を運んでくれます。

前日の大雨が嘘のように晴れ渡り、初秋の風が吹き抜ける清々しさ。やっぱりお山は最高です。

清々しい参道へ

都会では歩くのが遅い娘が、すたすたと足取りも軽く先に進み、老体のおばちゃんを置いていきます。路線バスでぐっすりヘッドバンキングしてヒットポイントを回復したようです。

あっという間に随神門に到着

随神門

この先は神様の領域へと足を踏み入れることになるという「随神門」です。ここまではほぼ平坦で、体力のない方でも約15分ほどで歩きとおせると思います。

門の向こうは早朝ということで人気がない・・・。

随神門の先は神様の領域

ここをくぐったら、神隠しにあってもおかしくはありません。娘は名前を取られ「七」になり、私は豚にされてしまいます(すでに豚ですが・・・)。

樹齢400年を超す杉の木がたくさん

ずらりと並ぶ杉は樹齢400年を超えるものも多いと聞きます。荘厳の空気が漂い、気持ちも引き締まる思いです。

以前訪ねたときは、恐ろしく歩いた、遠かったという印象を受けたので頑張らねば。

最後の階段をヨロヨロと登り、奥社に到着!

奥社のお社

最後の最後に心臓破りの石段が続くのはお約束。心洗われるような奥社が見えてまいりました。

娘によると、200段以上はあったそうな・・・。随神門からだいたい20分ぐらいでしょうか?

奥社には天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)がお祀りされています。

神話の世界で、天岩戸に隠れた天照大神(あまてらすおおみかみ)が、ちらりと戸を開けて外を見ようとしたときに、それをこじ開けたという力持ちの神様のことです。

神話では、天手力雄命が投げ飛ばした天岩戸が現在の戸隠山であるとされているそう。

なので、こちらのお社はスポーツ運アップや勝負運アップのご利益があります。

九頭龍社(くずりゅうしゃ)で虫歯が速く治るように御祈願

九頭竜神社

えーと、普通の女子は「九頭竜神社」は縁結びをお願いするようなんですが・・・。

私たち母娘は虫歯快癒を祈願(娘治療中、母歯周病が気になるお年頃)。

祭神は九頭龍大神で、天手力雄命をお祀りする前から、地元で崇めてきた地主神です。

古くから水の神、雨乞いの神としてお祀りしてきたそうですが、縁結びや虫歯・歯痛にご利益があると言われています。

おみくじやお守り、御朱印帳は社務所へ

社殿でおみくじやお守りを

奥社の御朱印は奥社の社務所のみでお願いできます。

社務所が開いているのは9時~17時まで。また、例年1月~4月中旬はクローズなのでご注意を。混雑している時期は1時間待ちという時もあるそうです。

以前うかがったときは、みるみる天気が変わり、霧が濃くなったり、雨が降ったりしましたが、今回はすっきりと晴れていました。

こちらのおみくじは数え年(お正月で1つずつ年齢を重ねるという数え方)で引きます。神主さんが大きな声で祝詞をあげておみくじを引き、渡してくれますよ。

結んで帰るのではなく、持ち帰り、日々の指標とするものなので、大切にいただいて帰りました。

帰りにお山の湧き水でお数珠とその他を洗う!

奥社からのの階段を下る

お参りを済ませ、再び石段を下ります。転げ落ちないように注意。

途中、山からの湧き水が小さな滝のように出ているところが向かって左手にあります。写真を撮るのを忘れてしまいました・・・。

こちらで前回、お数珠を洗ったところ、なんだかびっくりするほどキレイになって、キラキラと輝き、清らかになりました。

今回も水晶のブレスレット2本、アメジストの自分で編んだペンダントを持ってきてアライグマのように洗ってきましたよ。

小娘に「受験で持っていくものを洗ったら?」とアドバイスしたところ、やつが洗ったのは眼鏡とキーホルダー。

山の水で清めたキーホルダー

意味はわかりませんが、眼鏡は曇りなく、美しく清められたそうです。

都会で汚れ切った心とまなこがすっきりしたところで中社へ向かいます(続く)

 

■戸隠神社

ホームぺージ

 

●住所:長野県 長野市戸隠3506
●アクセス:奥社参道(約2km)は一般車両の進入不可。奥社・九頭龍社へは徒歩でご参拝。
貸切マイクロバスや大型バスで訪れる場合は、上信越自動車道・須坂長野ICを降り、「浅川ループライン」を経由して戸隠奥社の駐車場へ向かいましょう。
「浅川ループライン」は、長野オリンピックの際に開通したルートで、善光寺の北東から戸隠に通じるルートです。インターチェンジから約65分・34㎞ぐらいの距離です。
●観光バス駐車場:奥社参道入口付近数カ所に約200台分(大型バス可・有料)あります。
●問合せ先:戸隠観光協会 電話:026-254-2888

貸切バスで戸隠中社・奥社参りを日帰りで楽しんだ場合の料金目安

貸切バスなら長野日帰りもラクラク

私たちは残念なことに2人旅だったため、夜行バスで行きましたが、ある程度まとまった人数で戸隠神社へバス旅行をするなら、貸切バスが当然便利です!

ただ、長野往復の場合、時間と距離が1人の運転手さんで運行してよい時間(拘束13時間まで)と距離500kmをオーバーしてしまいます(また早朝時間にもひっかかる)。

このため、日帰り旅行の場合は2名の運転手さん体制となるため、少々お高く感じてしまうかも・・・。

新宿から日帰りバス旅行をした場合のモデルプランと料金目安をご紹介しましょう。

■日帰りでバス旅行を楽しんだ場合のモデルプラン

時間 スケジュール
7:00 新宿駅「工学院前」集合・出発
8:40-8:50 関越自動車道・上里SAで1回目のトイレ休憩
10:00-10:10 上信越自動車道・東部湯の丸SAで2回目のトイレ休憩
11:40 戸隠神社中社着
12:00-13:00 中社周辺で昼食
13:10-14:30 戸隠神社奥社お参り
16:30-16:40 上越自動車道・横川SAで1回目のトイレ休憩
18:40-18:50 関越自動車道・三好PAで休憩
20:00 新宿駅着・解散!

●貸切バス料金目安:
・大型バス利用 229,003~326,549円(税抜)
・中型バス利用 201,442~292,421円(税抜)
・マイクロバス/小型バス利用 176,990~256,435円(税抜)
●実費料金目安:
・駐車場代金 2,100円~4,200円
<戸隠奥社駐車場> 1回2,200円(大中型バス)、1,100円(マイクロバス)
<戸隠中社駐車場> 1回2,000円(大中型バス)、1,000円(マイクロバス)
・高速道路料金 17,220円(マイクロバス)・23,700円(中型バス)・37,420円(大型バス)
★大型バス40名利用の場合:お1人当たり 6,800~9,200円(税抜)ぐらい
★中型バス27名利用の場合:お1人当たり 8,500~11,900円(税抜)ぐらい
★マイクロバス20名利用の場合:お1人当たり 9,800~13800円(税抜)ぐらい
※料金はあくまでも目安です。また、ランチ代などは別途必要です。

■平日・日帰り高速バス往復で路線バス利用の場合の料金目安(参考)

●高速バス往復: 3,800円(WILLER利用/片道夜行/9月の平日料金)
●路線バス1日券: 2,600円
合計:6,400円

貸切バスに比べ、時間が自由にならない(路線バスは1時間に1本程度の運行)不自由さはあります。40名以上数がまとまれば、貸切バスの方がお得かもしれませんね!

貸切バスの見積りは無料でお願いできますので、検討してみてはいかがでしょうか。

▼貸切できる観光バスの種類一覧
貸切送迎バスの種類大型バス中型バス小型バスマイクロバスサロンバス

 

貸切バスなら全国1,100以上のバス会社に見積り可能な貸切バスの達人で


貸切バス料金を安く抑えるならバス会社の「比較」がポイント

より安く、お得な料金で貸切バスを手配したいなら、見積りを取り寄せ、バス会社をしっかり「比較」するのがコツです。 見積り依頼はWebから24時間受付。バス会社から回答があったら、料金だけではなく、担当者の対応やサービスなどもしっかり比較しましょう!

  • STEP1
    希望条件を入力
  • STEP2
    料金見積りが到着
  • STEP3
    バスを予約

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

ページ上部へ戻る