全国どこでも対応!

[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

PDCAサイクルを適切に機能させる!?

安全運転マーク

バス会社(運輸事業者)が自ら構築する安全管理体制では、PDCAサイクルを適切に機能させるべし……。

「PDCAサイクル」とは、経営トップ主導のもと、安全管理を計画に基づき実施し、それを評価して改善に結びつけ、その結果をさらに次の計画に活かす、という仕組みのこと。

Plan(計画)のP、Do(実施)のD、Check(評価)のC、Act(改善)のAの頭文字をとったものです。

バス会社(運輸事業者)は、このサイクルに基づいて、安全の取組みを続けながら、継続的な改善をすることになっています。

次回は、「貸切バスの達人」に参加されているバス会社の例をとり、説明していきたいと思います。

▼運輸安全マネジメント制度特集

安全にバスを運行するために運輸安全マネジメント制度とは| PDCAサイクルを適切に機能させる?

▼ 関連コンテンツ
≫安全な貸切バス会社の選び方
≫セーフティバス(貸切バス事業者安全性評価認定制度)とは?
≫セーフティバスだけじゃない!安全なバス会社を見分ける方法
≫セーフティバス取得以上に大変?!維持すること、ランクアップすること

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

最近の投稿

  1. バステクin首都圏2019開催決定
    第5回バステクin首都圏が2019年11月18日(月)に、会場を京成ドライビングスクールに移して開催…
  2. 2019年「第14回NASVAマネジメントセミナー」では、交通事故で被害にあわれた方の特別講演を含め…
  3. 関西エリア出発のバス旅行で人気が高いのは、やっぱり淡路島!瀬戸内海に浮かぶ島の中で最も大き…
ページ上部へ戻る