全国どこでも対応!


コロナウイルス感染症対策について
[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

実は花の都!茨城に行こう

 

潮来あやめ園最近は映画やドラマのロケ地としてよく使われている茨城。
美しい風景がたくさんある証でもあります。
太平洋の寒流と暖流が混ざり合う地点でもあるので、
海からの暖かい風や冷たい風により、
通常では見ることができないような珍しい植物も多くあります。

今なら「プレミアム付き宿泊券」も販売されていて、
とてもお得な旅ができます!

●水郷潮来あやめまつり
初夏の訪れを告げる花と水の伝統の祭典「あやめまつり」が開催されています。
橋幸夫さんの「潮来の伊太郎」でも知られる潮来は水の都。江戸時代より水運の要所として栄え、荷物を運ぶため発達した運河は、今では川を舟で楽しむ十二橋めぐりが名物となっています。あやめ園の周りを取り囲む運河を市営のろ舟が運行し、あやめの花とともにひとときの舟の散歩を楽しむことができます。
園では約500種類・100万株の色とりどりのあやめが栽培され、「日本の歩きたくなるみち500選」にも選ばれる景勝地です。
期間中18時~22時はライトアップされ、幻想的な風景を楽しめます。
【場所】潮来市あやめ1-5
入園料無料、休園日なし
【問合せ】0299-63-1111(潮来市観光商工課)

●竜神大吊り橋バンジージャンプ
罰ゲームの決まっていない幹事さんに朗報!日本一の高さからのバンジージャンプはいかがですか?日本最大級の吊り橋からのバンジーは、高さ最大100m、全長375mで歩行者専用の橋としては本州一の竜神大吊り橋。ダイナミックに飛んで、日頃の疲れやストレスを吹き飛ばしましょう!
【場所】竜神大吊橋 常陸太田市天下野町2133-6
【料金】1回目 14000円/同日2回目 6000円/2回目以降 9000円
【予約・問合せ】0278-72-8133

周辺立ち寄り情報)
【竜神ふるさと村】
奥久慈県立自然公園内に整備された宿泊施設です。コテージやバンガローが中心なので、家族や友人とわいわい利用できます。バーベキューセットやキャンプファイヤーの貸し出しもあります。全長123mの5回転すべりだい・ローラースライダーで童心に帰って遊んじゃいましょう!
【場所】常陸太田市下高倉2367
【予約・問合せ】0294-87-0234(株式会社 水府振興公社)

【慈久庵】
粗挽きそばの美味しいお店。遠方からわざわざ食べにくるお客さんもいるほど。そば粉は焼畑農法にによる自家栽培で、手刈り天日干しされ石臼で粗挽きに自家製粉しています。そば好きの方は吊り橋よりこちらの方が気になるのでは?!
【場所】常陸太田市天下野2162
【定休日】水曜・木曜(祝日の場合は翌日)
【営業時間】11時半~14時半(そばが売り切れたら終了)
【問合せ】0294-70-6290(予約不可)

●国営ひたち海浜公園
190haにも及ぶ園内には各所に大規模な花畑があり、今の時期はオオウメガサソウ、アジサイ、ラベンダー、ポピー、ハナハタザオ、リナリアなどが見頃を迎えるところです。園内には遊園地のような施設やサイクリングコース、バーベキュー広場、ゴルフコースまで備わっていて1日中遊んでも遊び足りないほどです。茨城で思いっきり遊びたいならひたち海浜公園へ行ってみよう!

■イベント情報
【森の妖精オオウメガサソウに会える、特別公開ガイドツアー】
希少な花「オオウメガサソウ」は日本ではここが南限地とされていて、海からの暖かい風によって生育を助けられています。絶滅危惧種にも指定されているため、通常は保護のため立入りを禁止していますが、開花のこの時期だけガイドツアーとして特別公開されます。
うつむくように咲くピンクの小さな「森の妖精」を見に行きませんか?
【日程】6/7(土)~15(日)
【時間】
①10:00~10:40,②10:50~11:30
③11:40~12:20,④12:30~13:10
⑤13:20~14:00,⑥14:10~14:50
⑦15:00~15:40,⑧15:50~16:30
【受付】ひたちなか自然の森入口(西口サイクルセンター横)
各回開始30分前より受付
【定員】30名(先着)
【参加費】無料
【問合せ】029-265-9001(国営ひたち海浜公園 ひたち公園管理センター 広報課 広報係 服部・浅沼・安蔵)

【花いっぱいプロジェクト】
見頃を迎えているポピーの種の摘み取り体験です。持ち帰って、家の周りを花でいっぱいにしましょう!
【日程】6/28(土)・6/29(日)※雨天中止
【場所】大草原フラワーガーデン
【時間】10時~15時
【定員】各日300名 【参加費】無料 【申込】当日受付(受付:ぴょんぴょん橋)

他にも様々なイベントが開催されています!

☆茨城県プレミアム付き宿泊券
茨城に行くなら今!県内131のホテルや旅館など登録宿泊施設で利用できる5000円の宿泊券を半額の2500円で購入できます。
さらにプレミアムパスポートが付いているので、県内125の周遊特典施設で提示すると割引やプレゼントを貰えます。さらにさらに!巡った施設のスタンプを6個集めると、茨城県の特産品が当たる抽選にも応募できます!
購入方法は限られてますのでよくご確認ください。
▶販売予定場所
●「八木橋百貨店」>6/4(水)、7(土)、8(日)10時~19時 7F催事場 茨城県観光ブース
●「あみプレミアムアウトレット」>6/15(日)10時~整理券配布予定 バスロータリー横広場(茨城観光物産展会場)
●スマーク伊勢崎1F「はるなプラザ」>7/12(土)、13(日)時間未定 茨城夏の観光キャンペーン

☆「永遠の0」ロケ地ゆかりスポットめぐり

映画の主人公、宮部久蔵が筑波海軍航空隊の教官だったということで、
茨城で数々の重要なシーンが撮影されています。

主人公の妻、松乃が散歩する福岡堰(つくばみらい市)は
岡堰、豊田堰とともに関東三大堰の一つ。
春には約500本ものソメイヨシノが開花し、
茨城観光100選にも選ばれています。

また、宮部の自宅ロケセットが組まれ、撮影されたのが
ワープステーション江戸(つくばみらい市)。
現在はそのセットはありませんが、
NHK大河ドラマ「龍馬伝」などの撮影も行われた
江戸城大手門、武家屋敷、長屋門、見附などが堀と一体となった
ダイナミックな景観を楽しめる江戸城ゾーンと、
日本橋を中心とした大店街や町屋、
廻船問屋などの賑わいを楽しめる江戸の町ゾーンが常設されています。

この他予科練平和記念館、内原郷土史義勇軍資料館、
日本農業実践学園、鯉淵学園農業栄養専門学校、
保立食堂、霞月楼、吾妻庵総本店、
小林パン店など、
当時の世界観を垣間見ることができるスポットがいろいろ。

映画の記憶が新しいうちに、ぜひ訪ねてみてはいかがでしょうか。

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

ページ上部へ戻る