全国どこでも対応!

[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

運輸安全マネジメント制度とは

安全運転

前回、ヒューマンエラーによる事故を防ぐポイントは、バス会社の「トップから現場まで一丸となり、安全管理体制を構築する」という点にある、と紹介しました。

「運輸安全マネジメント制度」は、そういったバス会社の取組みを確認し、評価し、助言することで、国と事業者がともに「安全性」を高めていこうというものです。

2005年に起きたJR福知山線脱線事故でも、間接的な要因として、JR西日本の経営姿勢が抱えている問題が指摘されたことは記憶に新しいかと思います。

●「安全が最優先」であるという意識を組織のすみずみまで浸透させる。
●経営と現場との意思疎通や情報共有を積極的に図る。

そのためには経営者自らが指揮をとり、積極的に安全管理体制を整え、機能させていくことが大切だということです。

次回は、具体的に安全管理体制をどのように構築するのか、ということについて説明していきたいと思います。

 

▼運輸安全マネジメント制度特集

安全にバスを運行するために運輸安全マネジメント制度とは| PDCAサイクルを適切に機能させる?

【関連記事】安全な貸切バス会社の選び方とは?

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

最近の投稿

  1. 鹿児島県 宮崎 霧島連山・ 韓国岳と大波池
    広い鹿児島を効率よく観光するなら、やっぱり貸切バスですよね。桜島や指宿温泉、「西郷隆盛」終焉の地など…
  2. バステクin首都圏2019開催決定
    第5回バステクin首都圏が2019年11月18日(月)に、会場を京成ドライビングスクールに移して開催…
  3. 安全な貸切バス運行のために、国土交通省・NASVA主催の運輸安全マネジメントセミナーが2019年度も…
ページ上部へ戻る