全国どこでも対応!

[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

バスファンが横浜でざわめくイベント!バス利用感謝デー2017in神奈川

皆さんこんにちは!アルバイトのN子です。最近はめっきり寒くなって、休みの日でも外出をためらってしまいそうです……。

さて今回はレポートが遅くなってしまったのですが、バスの日にちなんだイベント「バス利用感謝デー2017」を取材してきました。神奈川県で人気の観光スポット、横浜の赤レンガ倉庫に各バス会社が大集結です。

会場までは、みなとみらい線「馬車道」駅から徒歩5分。歩道橋から見える会場はすでに多くの人で賑わっています。

バス利用感謝デー2017会場入り口

入口が複数あるのに封鎖されていて、迷いに迷いましたがようやく入口に到着です……。

それでは、まず、参加しているバス会社と展示車両をダイジェストに紹介をしたいと思います。

神奈川って広いわ~!よく見かける路線バスからレアなバスまでご紹介

まずはよく見かける(といっても私がですが)路線バスから

(1)横浜市営バス

横浜市営バス

横浜市営バスは、鶴見区や港南区、港北区、磯子区などを走っている路線バス。車体はクリーム色の地に、青い横線が入っているラッピング。「前乗り後降り」で運賃先払い方式です。

小型犬や猫などの小動物は、ケージに入れた状態なら乗車できるとあります(ホームページより)。もちろん、盲導犬や介助犬はそのままでOK。

「ぶらり観光SAN路線」という3ルートの定期観光バスを運行。

●アンパンマン・ミュージアムや中華街を経由して三渓園までを結ぶルート「ぶらり三溪園BUS

●カップヌードル・ミュージアムやクイーンズスクエアを経由して赤レンガ倉庫までを結ぶルート 「ぶらり赤レンガBUS

●アンパンマン・ミュージアムを経由して野毛を結ぶルート「ぶらり野毛山動物園BUS

横浜の名所を結んでいるのでとっても便利です。

また、路面電車をイメージしたレトロ調の赤いバスで、横浜の定番観光スポットをまわれる「あかいくつ」号も運行中。

桜木町駅を出発して、みなとみらいエリアや中華街・元町方面をぐるりと周遊できます。

ぶらり観光SAN路線

「ぶらり横濱めぐり旅」リーフレットより

日帰りで横浜観光を楽しみたい人はぜひ、利用してみてはいかがでしょうか?

また、横浜市営バスでは、貸切バスも運行しています。

リムジン型(大型観光バスタイプ・49名乗り/補助席利用で60名まで)、貸切専用車(53名乗り/補助席利用で65名まで)路線バス型 (定員60名・座席数25~30)、あかいくつ号(定員56・座席数25~30・レンタルは平日のみ)から選べます。

遠足や町内会のイベント、学校の部活送迎など、地元出発の旅行などによく利用されているようです。

【関連記事】
子どもたちのパラダイス!横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール
横浜の魅力をぎゅぎゅっと超凝縮!「横濱ベイサイドライン」

(2)伊豆箱根バス

伊豆箱根バス

神奈川県の小田原地区・箱根地区と静岡県を走っています。緑と赤と青のカラフルなカラーリングの車体にどこかで見たことのあるライオンのイラストが特徴的です。

アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」とコラボしたラッピングバスも走ってますよ~。伊豆三津シーパラダイスと長岡駅の間を運行中。

しかもこの路線バス、携帯・スマホ充電OKの表示が!伊豆箱根バスの路線バスは充電器付きうっかり充電忘れて朝飛び出しても、通勤・通学中に充電できちゃうなんて、神!!!

神奈川の有名観光地を走るバス会社さんということもあって、定期観光バスは2コース。

「沼津港・修善寺散策といちご狩り」、熱海の見どころを網羅した「寛一・お宮」号が運行中です。

貸切バスは、大型観光バス(サロンバスになる45名乗り/補助席利用で53名タイプが2台、49名乗り/補助席利用で56名タイプが1台、49名乗り/補助席利用で60名タイプが1台)、中型観光バス(サロンバスになる28名乗り1台)、小型観光バス(21名乗り1台)を所有。

社員旅行・職場旅行で熱海まで新幹線で移動し、現地の観光巡りに利用するのも便利ですね!

(3)大新東株式会社

大新東株式会社のバス

ブルーの車体が特徴的な大新東株式会社さんのバス。横濱ルー・グランブルーから取ったイメージカラーなのでしょうか。

こちらのバスは、神奈川県横浜市金沢区の大規模分譲マンション「レイディアントシティ横濱ルー・グランブルー」と、その最寄り駅である金沢文庫駅を結ぶ路線バスの運行をしています。

私が知っている路線バスとは違い、少し珍しいバスでした。

実はこれ、カラオケなどで有名なシダックスがやっている事業のひとつのようです。貸切バスも運行していて、セーフティバスマークも一つ星取得

(4)川崎鶴見臨港バス

鶴見臨港バス

こちらも、私は初めましてのバスです。鶴見や川崎の他、たまプラーザや新横浜(私が元住んでいたエリア)も走っているらしいのですが、あまり見たことがないかも・・・。

羽田に近いので空港リムジンバスも運行。貸切バスは観光バスタイプや路線バスタイプもレンタルできるようです。

そしてこのバス、ある場所が特別仕様となっています!分かりますか?

臨港バスの特別仕様わかりますか?

どこが特別かというと、バスのナンバープレートに注目してください。

オリンピック仕様のナンバープレート

このナンバープレート、2020年東京オリンピックの「オリンピック特別仕様ナンバー」というものなんだそうです!(近くにいたバス車両ファン談)

このナンバープレートは、大会開催機運の盛り上げに貢献するために開始されたもので、寄付のあり・なしで2タイプ。寄付をすると、写真のようなカラフルな図柄入りナンバーにすることが可能です。

東京モーターショウ2017でもナンバープレートの展示ブースがありましたっけ・・・。

貸切バス事業者安全性認定制度で、最高ランクの3つ星を取得しています。

(5)フジエクスプレス

フジエクスプレス

渋谷区、港区、横浜を運行している路線バス。富士急グループです。

白地にカラフルな色使い、かわいいイラストで一目でフジエクスプレスさんのバスだと分かりますし、おしゃれですね!

港区のちぃばす、渋谷区のハチ公バスとコミュニティバスもフジエクスプレスです。

フジエクスプレスのバス正面

富士急という名前を見て、私はてっきり富士急ハイランドまでの送迎バスだとばかり思ってました・・・。

路線バスのほかに、高速バスを運行。

富士急ハイランドや河口湖、山中湖への路線、伊那・駒ヶ根路線、諏訪・岡谷路線、岩手路線などがあります。

定期観光バスは、夏限定ではとバスと共同運行している「富士山麓周遊とスバルライン」ツアー。富士山の五号目まで登り、富岳風穴や白糸の滝などを回ります。

お台場を運行している水陸両用バス「KABABUS」もフジエクスプレス。

貸切バスは、大型観光バス(45人乗り~49人乗り/サロン席あり・なし)を所有。そういえば、2016年のココファームワイナリー収穫祭は、フジエクスプレスでした!

貸切バス事業者安全性認定制度で、最高ランクの3つ星を取得しています。

(6)川崎市バス

川崎市バス

川崎市バスは、川崎区や幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区を走る路線バス。

今回のイベントで展示された車両は、なんと交通局イメージキャラクター「かわさきノルフィン」とコラボしたハローキティちゃんのラッピング車両です。

バスの正面にはキティちゃんのリボンがあしらわれていて可愛らしいバスとなっています。

川崎市バスキティちゃん仕様

ラッピングバスって、どのくらいお金がかかるのでしょうか・・・・。

キティちゃんとのコラボラッピングバスは、「音楽のまち(ピンク)」、「スポーツのまち(水色)」、
そしてイベントに展示されていた「映像のまち(黄色)」の3タイプああるそうです。

そしてドラえもんでおなじみの「藤子・F・不二雄ミュージアム」への直行バスも運行中。ラッピングはドラえもん、パーマン、エスパー魔美、キテレツ大百科号があるようです。

(7)相鉄バス

相鉄バス

相鉄バスは、神奈川県東部・中央部(横浜、瀬谷、大和、海老名、湘南台など)で路線バスを運行。相鉄グループのバス会社です。

こちらの展示車両は二俣川駅から羽田空港間を走る高速バスです。運賃1000円以内で羽田空港まで行けちゃいます。

この他、海老名駅から羽田、横浜西口から富士急ハイランド・河口湖方面への高速バスも運行中。

このバスもオリンピックナンバーのプレートが付いています。

【関連記事】 神奈中バス・相鉄バスの運転士になったよ!えびなバスフェスタ

(8)神奈川中央交通

神奈川中央交通バス

神奈川中央交通、略してKanachu!車体のベースは黄色で薄いオレンジと濃いめのオレンジがアクセントカラー。

この神奈中バス、単体のバス会社では日本一(グループ全体でNO.1は西日本鉄道だそうです)のバス保有台数(2016年6月末時点で2,122台)を誇るとか!!すごい。

路線バスが網羅しているエリアも広くって、横浜・川崎・小田原・湘南・相模原・丹沢・大山・厚木・県央、そして東京都の町田市・八王子市まで。

この他、空港リムジン、高速バス、アクアラインバスなどなど。さすが、バスの保有台数No.1を誇るだけのことはあります。

しかも、神奈中バス、連節バス「ツインライナー」も運行。厚木と町田で運行中です。

【関連記事】
連節バス「ツインライナー」でJリーグ・町田ゼルビアを子連れで観戦♪
連節バス再び!慶応大学SFCキャンパス・七夕祭へ行ってみた
子連れで楽しめるバスイベント!「まちだわくわくバスランド」

(10)江ノ電バス

江ノ電バス

緑の車体に、コンパクトなボディの江ノ電バス。これは、現在の純正江ノ電カラーの小型バスなんだそうです。

藤沢、大船、鎌倉、戸塚、上大岡エリアを結んでいます。

この他、地元から京都・大阪を結ぶ夜間高速バス、羽後交通との共同運行で秋田県・田沢湖とを結ぶ夜間高速バス、羽田空港までのリムジンバスも運行中。

貸切バスは大型観光バスタイプ(45人乗り~49人乗り/補助席利用で53名~60名/サロンあり・なし)を保有。貸切バス事業者安全認定制度で3つ星を取得しています。

(11)小田急バス

小田急バス

私、小田急バスのヘビィユーザーです(^-^;

小田急バスは、世田谷、町田、吉祥寺、狛江、武蔵境、調布、登戸などをカバーしています。バスを乗り継いで大抵の行きたいところにいけちゃいます。しかも、家の真ん前にバス停があるんでLOVEです。

高速バスも路線がいっぱい!空港連絡バスは成田・羽田ともにカバー。

貸切バスは、48~54人乗り(補助席含む)の大型観光バスを保有しています。

小田急シティバスさんには「大型バスのトランクルーム、いっぱい載る?載らない??」の取材でご協力いただきました!

(12)東急バス

東急バス

以前は東急線沿線住民だったんで、ちょくちょく利用していた東急バス。

田園都市線・東横線・大井町線など、東急線沿線のエリアを結ぶ路線バスを走らせています。

ディズニーランドや御殿場アウトレット、富士山、河口湖、上高地(夏季限定)や今治(愛媛)、草津温泉など、有名観光スポットへ高速バスを運行中。

この他、通勤高速バス、深夜急行バス、空港リムジンバスなど、生活やビジネスシーンの利便性を考えたいろんなバスがありました。

貸切バスは、ハイグレードなプレミアムバスが話題を集めてましたね!AED搭載の24人乗り大型観光バス。もちろん、スタンダードタイプの大型観光バスも貸切できます。

東急バスも貸切バス事業者安全認定制度で3つ星を取得しています。

【関連記事】 豪華仕様の貸切観光バスが増えている!

バスキャラクター目当ての家族連れもたくさん!

「第1回 バスキャラ選手権」3位にランクインした小田急バスのきゅんた。

写真を撮ろうとするとおじさんがうつりこむ。子どもが殺到して写真がとれない・・・。やっとバスの窓越しに撮影成功。

小田急バスの人気キャラクターきゅんた

代々木公園で行われたバスフェスタでも、子どもたちから熱烈歓迎を受けていましたっけ・・・。

「バスフェスタ2015inTokyo」より

「バスフェスタ2015inTokyo」より

前に二子玉川駅で、きゅんたラッピングの小田急バスを発見!

きゅんたラッピングバス

死に物狂いで走って写真とったけど、足が短くて間に合いませんでしたの写真。

バスイベントできゅんたとともに人気のキャラクターが、神奈中バスのかなみん。

神奈中バスのかなみん

神奈中のchuにちなんでねずみのキャラクターとなっています。

横浜市営バスははまりん。

横浜市営バスのはまりん

最近マスコットキャラクター名を一般公募した川崎鶴見臨港バス。

その名も「りんたん」です!

川崎鶴見臨港バスのりんたん

臨港(りんこう)の臨からとって「りんたん」、鶴見だから、鶴のキャラクターなんですねー。

東急バスはノッテちゃん。

東急バスのノッテちゃん

様々なバス車両に魅了されるファンや、バスのマスコットキャラクターが好きというファンたちは大興奮!といった感じでした。

会場内は来場者の熱気で段々暑くなってきましたよ(;^ω^)

バス停のプレートなど掘り出しものを熱いまなざしで見つめるガチ勢の姿も。買ってどこに飾るんだろう・・・。

物販ブースに熱い視線が飛び交う

東京オリンピック・パラリンピックに向けて、各バス会社ともバリアフリー化が進行中

バリアフリー教室の様子

会場内では神奈川運輸支局主催の「バリアフリー教室」も同時開催。

実際のバス車両へ、車イスで乗り込むという乗車体験を行っていました。

路線バスを利用しているとき、車イスの方がバスに乗り込んでくるのは見たことがありますが、自分では、車イスに乗ることはもちろん、乗車したままバスに乗ったことはありません。

利用者の方が少しでも気持ち良く、スムーズにバスに乗れるよう工夫されていることが、実感できる貴重なイベントですね。

バスまつりではおなじみ!バスと力比べ

何やら人が一か所に集まっているので行ってみると、バスイベント恒例の「バスと子どものつなひき」をやるみたいです。

子どもはやる気満々。お母さんお父さんはわが子を撮影する準備は万端!

さらに、各バス事業マスコットキャラクターが応援に駆けつけてくれます。

以前に行った調布市のバスイベントでのつなひきとはスケールの違いに、驚きを隠せない私でした。

それにしても大勢の人たちです。もうプチコミケ、みたいな・・・。

バスまつりのエキスパートが選ぶ!?どのイベントがおもしろい?

私、いろんなバスイベントへ足を運びました。晴海ふ頭で行われた「バスまつり」、調布市で行われた「なるほど京王バス」。そして、今回の「バス感謝デー」。

それぞれ違った面白さがあると思いました。

晴海ふ頭の「バスまつり」は、バスの展示はもちろん屋台や、大きなサブ会場での物販や子どもたちが楽しめるイベントが豊富にありました。子どもやバスファンの人たちで大賑わいでした。

晴海ふ頭で開催されたバスイベント

ですが、少しアクセスが面倒なのが難点でした・・・。ほぼバスでの移動なので、行きも帰りも混雑してとても大変でした。都心部でたくさんのバスを展示できるところは限られてしまうので、仕方ないかもしれません。

「なるほど京王バス」のイベントでは、京王バスの展示や歴史の紹介、バスの洗車体験などが目玉でした。営業所で行われたイベントなので、そこまで大規模なものではありませんでしたが、親子共に楽しめるイベントでした(マイナーすぎたのかバスファンの人たちはいなかった)。

京王バスまつり

しかし、何せ場所が分かりにくい!来ていた人も、「本当にここか?」みたいな雰囲気でした。来年行こうと思っている方は、場所を要チェックです。

そして今回の「バス感謝デーイベント」。

バス感謝デーのイベントはアクセス抜群

赤レンガ倉庫口前とあり、場所も分かりやすくアクセスもいい!

そして、参加しているバス事業の数が豊富で見たことがないバスまで展示されていました。

イベントを楽しんだ後は、横浜や赤レンガ倉庫観光もいいですね。

ランドマークタワーも目の前

少し歩けばランドマークタワー。

ゆっくり横浜の観光ができるので、イベントと横浜観光で二度美味しです!

これまでバスイベントの取材をしてきて、バスのイベントって色々あるんだなと思いました。そして、そのイベントの特色を見るのも面白いと感じています。

まだ行ったことのないバスイベントがあると思うとワクワクしますね!

私のバスイベントの旅はまだまだ続きます・・・(多分)

 

■「バス利用感謝デー2017」
【開催日時】2017年11月25日(土)11時~15時
【会場】横浜レンガ倉庫
【主催】一般社団法人 神奈川県バス協会
【後援】関東運輸局・神奈川県・横浜市・神奈川新聞社
【協賛】一般社団法人 神奈川県自動車会議所

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

最近の投稿

  1. 女子トイレ数最多の道の駅・ぎのざ
    沖縄自動車道・宜野座ICから車で約5分、那覇からも約1時間程度とアクセス抜群の道の駅「ぎのざ」。沖縄…
  2. 奈良・吉野水分神社
    奈良は古い歴史を誇る人気の観光地。有名な東大寺や春日大社だけではなく、熊野へ続く修験道の道や古墳がた…
  3. 早朝のJR奈良駅
    古代史マニアが行く!奈良2泊3日旅行。個人だから仕方なくレンタサイクルで激走するプランです。本当は古…
ページ上部へ戻る