全国どこでも対応!

[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

【貸切バス旅行】子供の定員は?法律と安全性のはなし

安全性を考えて、子供も1人1席で着席しましょう!

安全性を考えて、子供も1人1席で着席しましょう!(写真協力:アルモニア株式会社)

保育園や幼稚園の遠足などで貸切バスの予約を考えている先生方、バスに乗れる定員が子供と大人で人数の数え方が違うことをご存知ですか?

バスの安全性や料金に関わる、バスの定員。
今回は、子供のバスの定員数について解説します。

■もくじ
1. 法律では、バスの2人席に子供は3人乗ってOK
2. 安全のためには、子供も1人1席がオススメ
3. 高速バス・ツアーバスの子供の定員について
4. 貸切バスの定員数と料金目安
5. 貸切バスの子供の定員まとめ

法律では、バスの2人席に子供は3人乗ってOK

大人だけの利用なら当然1人1席が必要ですが、子供の場合は少し異なります。

道路運送車両の保安基準には、「大人1人=子供(12歳以下)1.5人に相当する」という記述があるんです。
つまり、12歳以下の子供なら、大人2人分の席に3人乗せても法令上は問題ないということ。

子供1人を2/3人で換算すると、分かりやすくなります。

<例>子供6人に対して必要な座席数
6×2/3=4
→子供6人乗車に必要な座席は4席

子供の定員

シートベルトはしなくていいの?着用義務の例外

2席に子供3人の乗車はOKですが、これはあくまで座席スペースの問題。
安全面から見ると、2席に子供3人の乗車には、大きな危険が伴います。

大きな要因となるのが、シートベルトの問題です。

シートベルトの着用については、道路交通法第71条3で触れられています。
内容を要約すると、「自動車の全ての座席(運転席、助手席、後部座席)でシートベルトの着用を義務づける」ということ。

これは、自家用車だけでなく、バスやタクシーの乗車でも同じです。
つまり、貸切バスでも走行時のシートベルト着用は義務なんですね。

「シートベルトの着用」は法律で定められていることなので、当然違反すれば、罰則もあります。
<バスの場合の罰則>
後部座席(一般道):口頭注意
後部座席(高速道路):減点1点

シートベルトは安全の要。
シートベルトの着用で、事故時の安全性は大幅にアップします。

シートベルト着用

ここで、「あれ?」と感じた方もいるのでは?

シートベルト着用が必須なら、2席に子供3人が乗車したらシートベルトが付けられないじゃないか…。
そう、1人1席で着席しないことで、シートベルトを着用できない子供が出てしまうんです。

実は、2席に子供3人の乗車が認められるのは、シートベルト着用義務の法律(道路交通法第71条3)に書かれている例外事項のためです。

道路交通法第71条3には、怪我や病気などで着用ができない場合や、乗車人数が設置されているシートベルトの数よりも多い場合などは着用を免除する、という例外事項が書かれています。

2席に子供3人の乗車は、設置されているシートベルトの数より乗車人数が多い、この例外にあたるので乗車OKになるのです。

安全のためには、子供も1人1席がオススメ

法令上は2席に子供3人の乗車は問題ありません。
そして、ギリギリの定員で乗せた方が、バス料金は安くなります。

ただ、バス料金を優先する前に…
「2席に子供3人の乗車だと、子供全員にシートベルトを着用させることができない。」ということを、肝に銘じるようにしてください。

2016年に起きた、軽井沢のスキーバスの事故を覚えていますか?
あの事故の際、乗客の大半がシートベルトを着用していなかったのではないかと言われています。

警視庁のシートベルト着用に関する統計(平成28年)によると、シートベルト非着用者の致死率は、着用者に比べ14.5倍。
シートベルトの着用により、衝突時の全身強打や車外に放り出される危険性は、大幅に減少します。

シートベルトが着用できないことで、子供達の命にさらされることを、しっかり考えてくださいね。
子供は2席に3人乗っていいの?

バスの補助席にシートベルトついてる?

ちなみに、バスの補助席でもシートベルトの着用はできるのでしょうか。

2016年に「道路運送車両の保安基準」が改定され、今までは設置の規定がなかった大型高速バスなどの補助席にもシートベルトの設置が義務付けられるようになりました。
そのため、改定後に製造された貸切バスの補助席には、シートベルトが設置されています。

ただし、改定前に製造されたバスにはシートベルトの設置がないものもあるので、もし補助席の利用を考えているなら事前にバス会社に相談するようにしてください。
※高速道路を走行する場合、シートベルトの付いていない補助席には着席できません

バス内ではシートベルトの着用をしましょう

バス内ではシートベルトの着用をしましょう(写真提供:アルモニア株式会社)

また、0〜5歳までの子供が乗車する際に義務付けられているチャイルドシートですが、バスやタクシーを利用する際は法律的に設置が免除されています。

安全のために、貸切バスでもチャイルドシートの設置をしたいという場合、こちらも同じく事前にバス会社に相談を。(車種によりチャイルドシートが設置できない場合もあります)

▼ 関連コンテンツ
≫貸切バスにチャイルドシートは取り付けられる?
≫路線バスはなぜシートベルトをしなくていいの?バスのシートベルト事情

バス会社によって異なる、子供の定員

安全性は第一だけどバス料金をどうしても抑えたい・・、というジレンマに悩むことになると思います。
バス会社としてはどのように考えているのか?というと、会社によって対応が異なります。

ただしやはりバス会社も軽井沢のスキーバス事故を受け、子供であっても1人1席の利用を強く勧めています。
2席に子供3人の乗車自体、認めていないところもあるほどです。

近場の移動(往復2時間程度)で一般道のみの走行なら2席に子供3人の乗車はOKとしているところもありますが、高速道路を走る際は子供も1人1席としています。

小さい子供を引率する場合は、子供1人に1席を確保してシートベルトの着用を徹底させるのが良いですね。

安全のためには子供も1人1席で

「貸切バスの達人」では無料で複数プラン、複数会社の見積もりを取れるサービスを提供しています。

2席に子供3人と、1席1人の乗車料金の違いや、各バス会社の対応をあっという間に比較できます。
お見積もりは無料なので、お気軽にお問い合わせくださいね。

≫貸切バスの無料見積もりはこちらから
≫見積もりの取れるバス会社一覧

高速バス・ツアーバスの子供の定員について

バスには貸切バスの他にも「高速バス」「夜行バス」、「ツアーバス」などがあります。
このようなバスでの子供の定員についても、考え方は貸切バスの場合と同じです。

ただ、安全上2席に子供3人の乗車を案内していなかったり、禁止しているバス会社も多いので、申し込み時に確認するようにしてください。

貸切バスと大きく違うのは、ツアーバスや夜行バスには子供料金が設定されている点です。
多くの場合、小学生(6歳以上12歳未満)の子供には子供料金があり、大人料金よりもリーズナブルに乗車することができますね!

また、6歳未満の子供は、大人の膝の上に乗せる(大人1人と子供1人が1席に座る)場合に限り、運賃が無料になります。
6歳未満であっても、子供1人が1席を使う場合は、子供料金が必要になります。

貸切バスの定員数と料金目安

子供を2席に3人乗せた場合、どれだけの人数が乗車できるのか?定員をバスタイプ別に見てみましょう!

※利用料金は、関東エリアで平日10時間・250㎞までの場合で算出(表示料金は税抜)
※引率の大人2人乗車、残りは子供の場合で計算

バスタイプ 料金目安 定員数(座席数) 子供の定員(2席に3人)
大型バス 83,100~119,300円 53~55人
(正45+補8~11)
72~74人
(正64+補8~11)
中型バス 69,900~102,300円 27人(補なし) 37人
小型バス 58,500~85,600円 25人(補なし) 34人
マイクロバス 58,500~85,600円 27人(正20+補6) 33人(正27+補6)

2人席に3人着席することを想定して、子供の乗車可能人数を計算してみました。
もちろん、同乗する大人の人数やバスタイプによって定員が異なりますので、あくまでも目安として参考にしてみてくださいね。

▼ 関連コンテンツ
≫貸切バスの料金目安
≫乗車人数別!貸切バスの種類一覧
≫大型バスについて
≫中型バスについて
≫小型バスについて
≫マイクロバスについて

貸切バスの子供の定員まとめ

2席に子供3人の乗車は、法令上認められます。

しかし、このようにギリギリの定員で乗せてしまうと、全員がシートベルトを着用することができなくなってしまうのも事実です。

シートベルトの着用は、安全を確保するためになくてはならないもの。
バス料金との兼ね合いもあると思うのですが・・、子供たちの安全確保を何よりも優先させて欲しいです。

まずは定員ギリギリに乗せた場合と、1人1席にした場合とで、どれくらいバス料金が違うのか、見積もりを取って確かめてみてください。
思いのほか、料金が高くならないのであれば、1人1席で安全確保を!!

▼ 貸切バスで知っておきたい豆知識

≫貸切バスで急な行き先変更はできる?前もって、旅行プランを決めておく理由
≫貸切バスの交代運転手(ツーマン運行)とは?バス料金のヒミツ
≫【貸切バス旅行】子供の定員は?法律と安全性のはなし
≫貸切バスは『いつまで』なら予約がとれる?前日や当日はアリ?
≫貸切バス予約後のやることリスト!人数や行き先変更は可能?
≫貸切バスは“出発地”で借りるのが鉄則!?「営業区域」のはなし

▼貸切バスお役立ちコンテンツ

初めてバスを借りる場合の注意点賢くバスを借りるコツバス旅行幹事になったらよくある質問

「貸切バスの達人」では、複数のバス会社、複数案の見積りを一括で取ることができます。
見積りは無料ですので、子供たちの楽しい遠足のためにも、ぜひご活用くださいね。


貸切バス料金を安く抑えるならバス会社の「比較」がポイント

より安く、お得な料金で貸切バスを手配したいなら、見積りを取り寄せ、バス会社をしっかり「比較」するのがコツです。 見積り依頼はWebから24時間受付。バス会社から回答があったら、料金だけではなく、担当者の対応やサービスなどもしっかり比較しましょう!

  • STEP1
    希望条件を入力
  • STEP2
    料金見積りが到着
  • STEP3
    バスを予約

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

最近の投稿

  1. バステクin首都圏2019開催決定
    第5回バステクin首都圏が2019年11月18日(月)に、会場を京成ドライビングスクールに移して開催…
  2. 2019年「第14回NASVAマネジメントセミナー」では、交通事故で被害にあわれた方の特別講演を含め…
  3. 関西エリア出発のバス旅行で人気が高いのは、やっぱり淡路島!瀬戸内海に浮かぶ島の中で最も大き…
ページ上部へ戻る