全国どこでも対応!

[無料!]貸切バス料金 まとめてお取り寄せ

バス技術の素晴らしさを体感できるイベント「2017バステクフォーラム」が、2017年5月26日に大阪で開かれました。

バステクフォーラムは、バス情報誌「バスラマ」を発行するぽると出版が主催しているイベントです。会場は大阪湾に浮かぶ人工島・舞洲スポーツアイランドにある「空の広場」。

2017バステクフォーラム

バステクフォーラム会場入口

広大な敷地が広がり、参加者体験型の試乗イベントが安全に行える理想的な会場だと感心します。今年で第8回目を迎え、試乗イベントのみならず、展示もさらに充実。総勢21台のバスが集結し、また、出展企業数も30社に迫る規模となり、バス関連の製品や用品、サービスに関する様々な分野のデモンストレーションが展開されました。

舞洲の空の広場・試乗コース

広大な敷地に設けられた試乗コース

■もくじ
1. 新型エアロクィーンの衝突被害軽減ブレーキを実演
2. 後付け式の衝突防止補助システム「モービルアイ」の実演
3. バスのプロドライバー向け運転体験イベントも大人気
4.注目の新型バスやユニークなバス、充実の展示車両大集結
5. バス関連企業各ブースも多彩な顔触れ

 

新型エアロクィーンの衝突被害軽減ブレーキを実演

バステクフォーラムで目玉イベントのひとつとなっているのが、衝突被害軽減ブレーキの作動実演です。

今回の実演では、三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)が5月15日にフルモデルチェンジしたばかりの新型エアロクィーンを投入しました(詳細は後述します)。

特に、衝突被害軽減ブレーキには、従来バージョンの「AMB2.0」を性能を向上させた「ABA3」を搭載。

ABA3は2019年11月から装着が義務化されるAEBSフェーズ2(衝突被害軽減ブレーキ第2段階規制)に適合しています。

衝突被害軽減ブレーキの実演・三菱ふそう新型エアロクィーン

早速、エアロクィーンに乗り込みます

ブレーキ作動実演イベントでは、体験希望者約40名を乗せた新型エアロクィーンが、停車車両に見立てたバルーンに向かって時速40kmでグングン進んでいきます。

駐車車両に見立てたバルーンが迫ります

駐車車両に見立てたバルーンが迫ります

ミリ波レーダーを使って前方の障害を感知し、衝突の可能性があると判断した時点で運転席から警報音が鳴ります。

そしてさらに衝突の危険性が迫ると、じわっとした効きのブレーキの後に、前方につんのめるほどの強烈なフルブレーキが作動。バルーンと衝突することなく、緊急制動は見事に成功。

車内からは「うおぉ!」「すごい!」というどよめきが上がりました。

後付け式の衝突防止補助システム「モービルアイ」の実演

MFTBCによる衝突被害軽減ブレーキの作動実演に続いて、後付け設置が可能な衝突防止補助システム「モービルアイ」の日本総代理店J21(ジャパン・トゥエンティワン)社による実演も行われました。

実演では、モービルアイを装着した卑弥呼観光(福岡県)所有のヒュンダイ・ユニバースを投入。

モービルアイの衝突回避実験

モービルアイを搭載したヒュンダイ・ユニバース

時速60kmで前方のバルーンに向かって走行し、前方の障害物を検知して警報装置が適切に作動。

時速60kmで駐車車両に見立てたバルーンに迫ります

時速60kmで駐車車両に見立てたバルーンに迫ります

警報音を聞いたドライバーが直ちにブレーキ操作を行い、安全に停止する様子を体感することができました。

バスのプロドライバー向け運転体験イベントも大人気

バステクフォーラムでは、衝突被害軽減ブレーキや衝突防止補助システムの実演と並ぶ目玉イベントとして、バスの運転体験が可能となっています。

申し込みが殺到する運転体験イベントも目玉

申し込みが殺到する運転体験イベントも目玉

会場内の特設コースを実際に運転できるとあって、事前申し込みが殺到する人気イベントです。

この日も、抽選で選ばれた幸運な、プロバスドライバーを中心とする参加者が体験。一般の参加者は、そのバスに乗車し、乗り心地などを確認できました。

講師役のスタッフの案内を受けつつ運転を体験

講師役のスタッフの案内を受けつつ運転を体験

運転体験中のバスへの同乗は事前申し込み不要となっているため、複数のバスの乗り比べも可能です。

運転体験バスが順番に走ります

運転体験バスが順番にコースを走ります

運転体験イベントに投入された車両は、前述した新型エアロクィーンのほか、ブルーリボンハイブリッドおよびリエッセII(日野自動車)、エルガミオ(いすゞ自動車)、コースター(トヨタ自動車)、そして、アリソンジャパン製のATシステムを搭載するブルーリボン(日野自動車・近鉄バス所有)およびエアロスター(MFTBC)が用意されました。

注目の新型バスやユニークなバス、充実の展示車両大集結

走行展示車両や定置型の展示車両が21台も集結した今回のバステクフォーラム。いくつかの展示車両について、その特徴をかいつまんでご紹介します。

☆エアロクィーン(出展:三菱ふそうトラック・バス)

5月15日にフルモデルチェンジしたばかりの最新モデルを投入。

従来モデルの12.8Lから約4割ものダウンサイジングを図った7.7Lの直列6気筒2ステージターボエンジンを搭載しており、最高出力280kW(381PS)/2200rpmおよび最大トルク1400Nm(142kgf・m)を発揮。トランスミッションには、8速AMT「ShiftPilot」を搭載しています。

このトランスミッションは2ペダル操作と、ステアリングハンドルそばのマルチファンクションレバーによって、イージードライブが可能となっています。

エレガントなフロントビュー

エレガントなフロントビュー

迫力あるリアビュー

迫力あるリアビュー

伸びやかなサイドビュー

伸びやかなサイドビュー

マルチファンクションレバーでイージードライブ

マルチファンクションレバーでイージードライブ

運転中の注意力低下をアラートする「アクティブ・アテンション・アシスト」、自動停止&発進機能や車間距離保持機能を盛り込んだ「プロキシミティー・コントロール・アシスト」を搭載。

先進装備の数々によって、バス運転士の疲労軽減に貢献する意欲作となっています。

今回投入した展示車両では、背面にイエローを配したカジュアルな内装の採用や、ゆとりのある座席空間を確保することによって、乗客の快適性を高めています。

フラットなフロア

フラットなフロア

スーパーハイデッカーならではの広大なグラスエリア

スーパーハイデッカーならではの広大なグラスエリア

背面にイエローを配したカジュアルデザインの座席

背面にイエローを配したカジュアルデザインの座席

すっきりした印象のルーフデザイン

すっきりした印象のルーフデザイン

背もたれを倒してもゆったりとした座席空間

背もたれを倒してもゆったりとした座席空間

 

【関連記事:プロドライバー納得の仕上がり!大型観光バスで初めての8速AMT採用

 

☆エアロエース(出展:三菱ふそうトラック・バス)

エアロクィーンとともに、5月15日にフルモデルチェンジしたばかりの最新モデルを展示。

エアロクィーンと同様に7.7Lの2ステージターボエンジンを搭載したのをはじめ、イージードライブが可能な8速AMT「ShiftPilot」や車線逸脱防止装置などの最新技術を存分に投入。先進装備の数々によって運転士の疲労を軽減し安全運転をもたらすことが期待できます。

ダイナミックかつスマートなフロントビュー

ダイナミックかつスマートなフロントビュー

エンジンルームの公開に興味津々の来場者

エンジンルームの公開に興味津々の来場者

大幅なダウンサイジングを果たしたパワーユニット

大幅なダウンサイジングを果たしたパワーユニット

大容量のトランクルーム

大容量のトランクルーム

運転士の疲労軽減をもたらす優れた操作性を実現

運転士の疲労軽減をもたらす優れた操作性を実現

落ち着いた印象の室内空間

落ち着いた印象の室内空間

ルーフデザインも落ち着いた印象

黒のルーフデザインでさらにシックに(室内灯はオプション仕様)

フラットなフロア

フラットなフロア

後部座席から前方への眺め

後部座席から前方への眺め

ゆったりと配置されたシート

ゆったりと配置されたシート

シートを倒した様子・ご協力いただいた男性の身長は187cm

シートを倒した様子・ご協力いただいた男性の身長は187cm

使い勝手の良さそうな荷物棚

使い勝手の良さそうな荷物棚

車両最後尾には化粧室を設置

車両最後尾には化粧室を設置

自動式水栓を装備した洗面台

自動式水栓を装備した洗面台

バスも洗浄便座がスタンダードに

普及が期待されている温水便座

ごみ箱とハンドル

くず入れとハンドル

着替えスペースも完備

着替えスペースも完備

☆コースター(出展:トヨタ自動車)

バステクフォーラム初出展となるトヨタ自動車は、コースターを出品。

1969年に登場したコースターは世界110以上の国や地域で愛用されるベストセラー車です。

2017年に24年ぶりのフルモデルチェンジを実施。環状骨格ボディの採用による高剛性化や、クラス初となるVSC(車両安定制御装置)の標準装備など、商品力の強化を図っています。

流麗なツートンのマスク

流麗なツートンのマスク

ボクシーなリアビュー

ボクシーなリアビュー

 

【関連記事:マイクロバスってどんなバス?「トヨタ自動車・コースター」編

 

☆リエッセII (出展:日野自動車)

2017年にフルモデルチェンジしたばかりの新型リエッセII。トヨタコースターのOEM供給車になります。双子の兄弟というところでしょうか。

日野自動車のマイクロバス“リエッセⅡ”

日野自動車のマイクロバス“リエッセⅡ”

リエッセⅡのリアビュー

リエッセⅡのリアビュー

機能的なコックピット

機能的なコックピット

のびやかな室内

のびやかな室内

 

【関連記事:マイクロバスってどんなバス?「日野自動車・リエッセⅡ」編

 

☆エルガミオ(出展:いすゞ自動車)

いすゞ自動車は路線バスの定番車種・エルガミオのノンステップバスを出展しました。手動シフト操作も可能な6速AMTを搭載しており、参加者が試乗運転を堪能していました。

路線バスでおなじみの定番車種

路線バスでおなじみの定番車種

安定感のあるオーソドックスなリアビュー

安定感のあるオーソドックスなリアビュー

操作性の良さそうなコックピット

操作性の良さそうなコックピット

☆オノエンスター(出展:オノエンジニアリング)

中国のバスメーカー・ヤーシンの中型バスをベースに、自社のネーミングを冠したのがオノエンスター。車高調整付の四輪エアサス、乗降扉やトランクの開閉が可能なワイヤレスリモコンなどユニークな装備が特徴です。

耳のような形状のミラーが印象的

耳のような形状のミラーが印象的

こちらがリアビュー

こちらがリアビュー

ゴージャスな雰囲気の内装

ゴージャスな雰囲気の内装

 

【関連記事:豪華仕様の貸切バスでVIPなバス旅行を楽しんでみよう!

 

☆開閉式オープントップ付き2階建てバス(出展:エムビーエムサービス)

エアロキングベースのオープントップバスです。大開口面積のオープントップゆえに、雨漏りを防ぐ独自のノウハウを盛り込んでいるとのことです。

三菱ふそう・エアロキングがベース

三菱ふそう・エアロキングがベース

二階建てのリアビューは迫力満点

二階建てのリアビューは迫力満点

ロングボディゆえに2軸後輪を採用

3軸目がステアする後2軸車

全天候型のオープントップ

全天候型のオープントップ

オープントップの機構部

オープントップの機構部

☆高速夜行バス・ドリームルリエ号(出展:西日本JRバス)

高級感と安定感を両立した外装デザイン

高級感と安定感を両立した外装デザイン

リアウィンドーや灯火類の形状が印象的なリアビュー

リアウィンドーや灯火類の形状が印象的なリアビュー

パーテーションとカーテンの間に通路が伸びる

パーテーションとカーテンの間に通路が伸びる

ダークスモークガラスが深い眠りへと誘う

UVカット効果が高いダークスモークガラスで、女性利用者には嬉しい仕様

☆高速夜行バス・ReBorn(出展:ウィラーエクスプレス)

ウィラーエクスプレスが満を持して投入した快眠仕様のバス、それがReBorn(リボーン)です。ウィラーのバスはピンクがトレードマークですが、リボーンはグレーメタリックのシックなボディカラーを採用しています。

シックなグレーメタリックのボディカラーを採用

シックなグレーメタリックのボディカラーを採用

上質感のある外装

上質感のある外装

各座席はシェルに囲まれています

各座席はシェルに囲まれています

座席の背面で使用方法を解説

座席の背面で使用方法を解説

リクライニングやレッグレスト調整は電動式

リクライニングやレッグレスト調整は電動式

 

【関連記事】
座った瞬間にリラックス!ウィラーエクスプレス新シート「ReBorn」がスゴイ
こだわり抜いたウィラーエクスプレスの新シート&斬新ラッピング!

 

☆スカニア&バンホール2階建てバス(出展:スカニアジャパン・東京ヤサカ観光)

スカニア社エンジンとシャーシ、バンホール社のボディを組み合わせた2階建てバスです。

圧倒的な車高を実現

圧倒的な車高を実現

車いすでの乗り降りに配慮したスロープを搭載

車いすでの乗り降りに配慮したスロープを搭載

1階席の様子

1階席の様子

2階席の様子

2階席の様子

シンプルで機能的なコックピット

シンプルで機能的なコックピット

 

【関連記事:東京ヤサカ観光バスのアストロメガ貸切りバスツアーレポートはこちら

 

☆リエッセII リフトバス仕様(出展:中京車体工業)

中京車体工業は、リエッセIIベースのリフトバス仕様車を展示。後部に設置したリフトにより、車いすのまま安心して乗り降りが可能です。リフト付きバスの普及は、まだまだこれからというところ。購入するバス事業者さんが少しずつでも増えていくことを期待しています。

車体後部にリフトを設置

車体後部にリフトを設置

段差の少ない超低床リフトで乗降性に配慮

段差の少ない超低床リフトで乗降性に配慮

☆ブルーリボン(出展:アリソンジャパン)

アリソンATを搭載した近鉄バス車両を展示。現役路線バス車両の体験運転ができるとあって、バスファンの人気を集めていました。

現役の近鉄路線バス車両を展示

現役の近鉄路線バス車両を展示

アリソン社のシールが貼られている以外はどこから見ても近鉄バス

アリソン社のシールが貼られている以外はどこから見ても近鉄バス

写真中央に見えるのがアリソンATの操作スイッチ

写真中央に見えるのがアリソンATの操作スイッチ

バス関連企業各ブースも多彩な顔触れ

バスに関連する様々なジャンルのブースが多数出展していました。そのいくつかをご紹介します。

☆アリソンジャパン

アリソンジャパンは商用ATの世界最大手です。

アリソンジャパンの展示ブース

今回のバステクでは、アリソンAT搭載のバスを2台投入したほか、ブースではATの構造が分かる分解・組み立て実演も行いました。

☆ジャパン・トゥエンティワン(J21)

J21は、モービルアイ搭載のヒュンダイ・ユニバースによる実演のほか、ブースでもモービルアイを来場者に訴求しました。

ジャパントゥエンティワンの展示ブース

【関連記事】
・貸切バスのヒヤリハット事故を防げ!後付け衝突防止補助装置「モービルアイ」の実力
・セーフティバスだけじゃない!安全なバス会社を見分ける方法

☆ブリヂストン

ブリヂストンは、偏摩耗しにくい最新鋭のタイヤを展示し、省メンテナンス性能をアピールしました。

ブリジストンの展示ブース

☆オージ

オージは、路線バスでおなじみのLED行き先表示器をメイン展示。バスイベントで大人気の降車合図装置(降車ボタン)なども合わせて展示されていました。

オージの展示ブース

☆天龍工業

天龍工業は、快適性を高める高級シートを展示しました。

天龍工業の展示ブース

☆ジェイアール東日本コンサルタンツ

ジェイアール東日本コンサルタンツは、関西空港の連接バス(全長18.12m)用途等で導入実績のある自動洗車システムをパネル展示しました。通常の大型バスに用いられる一般的な洗車機のレール長は18mなのに対し、この洗車機の設置に必要なレール長は22mとおっしゃっていました。

ジェイアール東日本コンサルタンツ

(導入例:南海バス 空港営業所)

【関連記事:洗車機のないバス会社さんは、どうやってバスを洗うの?

☆マジカル・テクニカ

バス用の座席を複数展示。中でも、リクライニング角度によって後席が狭くならないように配慮された構造の電動シートがユニークだと感じました。しかも、シートベルト着用確認ランプが全席に搭載されているため、装着確認がとてもはかどります。

マジカルテクニカの出展ブース

☆フュートレック

フュートレックは多言語ガイドシステムを出展。15か国語に対応するガイドユニットにより、訪日観光客のサポートに役立ちます。

フュートレックの展示ブース

次回のバステクにも期待大!

ここまで駆け足で2017バステクフォーラムの模様をご紹介しました。

ご紹介した展示内容以外にも多数の出展がなされていたのですが、バラエティに富んだ展示ゆえに回り切れず、悔しい思いをしています。

次回のバステクに早くも期待してしまいます。今回のイベント取材を通じ、安全かつスムーズなバス運行を多くの事業者や人々が支えていることを実感しました。素晴らしいイベントを主催されたぽると出版をはじめ、関係者の皆様に感謝申し上げます。

■取材・撮影協力
株式会社ぽると出版
「バスラマインターナショナル」

http://www.portepub.co.jp

「2017バステクフォーラム」
<開催日時>2016年5月26日(金)10時~16時30分
<開催場所>大阪市 舞洲スポーツアイランド「空の広場」
主催:株式会社ぽると出版 バステク事務局
協賛:公益社団法人日本バス協会、近畿バス団体協議会
後援:国土交通省近畿運輸局


【関連記事】
■大阪開催のバスイベント
最新バス事情をチェック!「2016バステクフォーラム」
過去最大級の規模で開催!バスの今がわかる「2017バステクフォーラム」
注目の安全技術や観光バス・路線バス・高速バスが大阪に大集結!「2018バステクフォーラム」

■首都圏開催のバスイベント
「第2回バステクin首都圏」が幕張メッセで開催!
観光バス・マイクロバスをまとめて比較!「第3回バステクin首都圏」

貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」貸し切りバスのことなら「貸切バスの達人」

関連記事

最近の投稿

  1. 2019年「第14回NASVAマネジメントセミナー」では、交通事故で被害にあわれた方の特別講演を含め…
  2. 関西エリア出発のバス旅行で人気が高いのは、やっぱり淡路島!瀬戸内海に浮かぶ島の中で最も大き…
  3. 伊勢志英虞湾
    美しい自然に忍者、海女さん文化、充実のレジャー施設。三重県には団体旅行向きのスポットがたくさんありま…
ページ上部へ戻る